ブレソル血戦篇

ブレソルこと"BLEACH Brave Souls"の情報を発信。様々な視点でブレソルを評価し、プレイヤーの一助になる事を目的とした積極的ブログ。

ブレソルで守るべきマナー~レイド篇~

前回の記事では、「共闘で守るべきマナー」についてフォーカスした。

今回は、レイドに絞ったマナーをおさらいする。

 

 

 

装備を整えるマナー

1、致死生存リンクを積み過ぎないこと

レイドではキャラリンク+プチタマリンク、合計6リンク存在する。

全てに致死生存あてがうような事は避けよう。

これは主観だが、最大でも150~200%くらいが限界値だろう。

火力重視の装備が基本的なベクトルだ。

 

確かに、致死生存が有効な場合も存在する。

①瀕死時ダメージアップリンクで固めている場合

②強3が圧倒的に強い場合(心:石田雨竜など)

被弾調整に失敗した時の保険、強3のクールタイム一発解消など

致死生存に強みがあるのも事実だ。

 

重要なのは・・・

致死生存を保険のまままで終わらせないことだ。

乗り切れると判断した時には、

「強攻撃を撃ち終わり⇒致死発動⇒強攻撃再発動」

回転数を上昇させて貢献しよう。

 

2、出来る限り準ボーナス以上で参戦すること

ホストとしては200%ボーナスでレイドを始めたい。

そして、誰もが短時間で周回したいのも見解の一致だろう。

その為には、準ボーナス以上で参加することが望ましい。

 

3、通常ヒットor強ヒットで適切な装備を選択すること

通常ヒットは、チャッピー×通常攻撃ダメージupアクセリンク。

強ヒットは、霊圧強化アクセ×ハンペンor致死ダメージアップリンク

アクセリンクの組み合わせは、保有状況で異なる。柔軟に考えるべきだ。

しかし、

「強ヒットキャラなのにチャッピーをつけている・・・」

そういうチグハグな装備はあり得ない。

 

4、転神体は基本的に外すこと

転神体は基本的に不要だ。

転神体を装備する選択になるのは、必殺技レベル5のキャラだけでいい。

転神体を積み参戦する場合は、撃ち処のセンスが問われる。

レイドボスが次の連続攻撃を始める前に、ネガシオン化させる・・・

参戦者の最大幸福を実現して欲しい

 

5、該当プチタマを忘れず装備する事

プチタマは早期にメダル交換で獲得し装備しておこう。

プチタマの性能自体が若干怪しいという指摘もあるだろうが・・・

装備しているだけで、与える安心感と印象度は良い。

 

 

対人関係のマナー

1、最低限の挨拶・礼儀

これは、共闘篇マナーで述べたことと同じ。

そちらを参照して欲しい。

 

bleach-bravesouls.hatenablog.com

 

2、無意味なチャット連打をしない

これも共闘篇マナーで登場する内容だが、レイドでの方が鬱陶しさが増す。

チャット文字で画面が埋められ、レイドボスの攻撃視認が出来ないケース。

それで倒れたゲストを煽るホストさえ見かける。

レイドボスよりも先に片づけるべき敵に等しい。

KLABさん、悪意ある味方に攻撃できる機能を実装・・・

 

 

鰤ノ活〆語録

「何故、私を・・・」

「連れて行って下さらなかったのですか・・・・・・!」

by砕蜂to四楓院夜一

f:id:sakanadefish:20200315150108j:plain

 

名前を書かれたら戻れない

ブラックリスト機能は目前だ

信頼を紡ぐことは難しい

しかし失う事は容易く一瞬だ

怖れることはない

当たり前を当たり前にすればいい