ブレソル血戦篇

ブレソルこと"BLEACH Brave Souls"の情報を発信。様々な視点でブレソルを評価し、プレイヤーの一助になる事を目的とした積極的ブログ。

ブレソルで守るべきマナー~共闘篇~

3月16日に予定されるアップデートで2つの機能が追加される。

ブラックリスト機能とチャット編集機能だ。

アップデートを前に、改めてブレソルマナーを確認しよう。

今回は共闘篇に絞っておさらいする。

 

 

 

 共闘情報を知るマナー

1、キラーを把握すること

敵の所属に対応するキラーを持つキャラクターを使用する。

これが基本的なマナーだ。

キラーに則ること=効率的、効果的な共闘環境の創出に繋がる。

ただ、開眼育成の程度と極限共闘においては柔軟に考える必要がある。

開眼で圧倒的なパフォーマンスを出せるならば、キラー無視も許容されうる。

極限共闘では、4名のプレイヤーの遠近バランスが優先される。

 

2、自分の使用キャラの遠近タイプ(赤・青)を知ること

前述したとおり、これは極限共闘でのマナーだ。

自分の仕様キャラクターが赤攻撃なのか、青攻撃なのか、把握したうえで募集部屋に入室するべきだ。

よく遭遇する悪いパータンは、

「募集に沿わないキャラタイプで平然と準備完了を押し居座る」

ホストはルーム解散もやむなく、迷惑を掛けることになる。

 

 

 装備を整えるマナー

1、転神体を必ず装備しておくこと

最早これは鉄則だ。

開眼育成が進んで、実質的に不要だったとしても装備しておくくらいで良い。

それくらい、転神体を装備していない事例が目立つ。

転神体の装備=プレイヤーの信頼性を確認する第一条件。

未装備の時点で信頼はない。

 

2、アクセサリー・リンクをしっかり埋めること

アクセサリー・リンクはそれぞれ3枠設置されている。

キャラ編成での手違いの影響もあるのか、3枠埋められていないケースを見かける。

入室後に気付いても遅くはない。

退室して、しっかり装備を整えたうえで共闘を開始しよう。

 

3、的外れなアクセサリー・リンクを装備しないこと

アクセサリーで言えば、「転神体×チャッピー」の装備。

これは全くの的外れだ。

共闘よりもステータスの定義を確認する事から始めるレベルだ。

 

リンクで言えば、致死生存・被ダメ・通常攻撃ダメージアップなどだ。

共闘では基本的に、強攻撃を補助するリンクを積むべきだ。

クールタイム短縮や体力最大時ダメージアップなどが適正リンクといえる。

 

4、アクセサリーの第2効果を霊圧30%UPで固めること(発展)

発展マナーに位置付けた。

いずれ、最終的にはアクセサリーの第2効果厳選はしなければならない。

火力を高めて共闘に臨むことが、味方への援護にも繋がる。

ただ、第2効果の厳選はそれなりに時間が必要だ。

ある程度は許容する、その寛大さを持ち合わせることもマナーだ。

 

5、ユキ・パプルスを装備しない=会心を消さない(発展)

発展マナーに位置付けた。

開眼育成が導入され、会心を切捨てる選択余地は完全に消えた。

金色ユキ・金色パプルスの存在意義も共闘ではゼロに等しい。

会心も霊圧と同じ、蔑ろにしてはいけない数値という認識を持つべきだ。

 

 

対人関係のマナー

1、ホストの募集条件に従うこと

ゲストで入室するなら当たり前。

キラー・装備・コンティニュー・必殺使用場所などしっかり把握すること。

 

2、最低限の挨拶・礼儀

挨拶の強要ではない。

入室後の「よろしくお願いします」、

クリア後の「お疲れ様でした」、

これくらいは最低限だと思っていた方が良い。

 

あくまでソシャゲの環境、時と場合で忘れる事や出来ないこともある。

だから、8割~9割やるように心掛けているだけで十分。

毎回、誰かが「今、あいつ終わりの挨拶なかったよな」と目を光らせてはいない。

 

挨拶できるときは、必ずしっかりする。

それだけで、ソシャゲ環境は円滑に良好になるはずだ。

 

3、無意味なチャット連打をしない

味方に何かを促す時は必要だったかもしれない。

だが、これもチャット編集機能で必要性がなくなってくるだろう。

もはや、煽り行為・迷惑行為・品性を欠く行為に他ならない。

 

4、必殺技をボス面で積極的に撃つこと

必殺技を後生大切に持ち続けるプレイヤーが多い。

ゲストはステージ貫通は出来ない。ホストに指定されたボス面で撃つのが基本。

「この面はあいつが撃つだろう」「誰かが撃つだろう」

こういう気持ちだからお見合いが発生する。

「先手必勝」「この面は請け負った」

そういう気概で積極的に必殺技を使っていく方が後のステージも上手くいく。

 

 

鰤ノ活〆語録

「屑になって生き延びるのは死んだも同然」

by阿散井恋次

 

誰かと何かをする時

そこには常にマナーが存在する

自分本位に徹するならば共闘をする資格はない

マナーも守れぬ者に

背中を預けるつもりは毛頭ない