ブレソル血戦篇

ブレソルこと"BLEACH Brave Souls"の情報を発信。様々な視点でブレソルを評価し、プレイヤーの一助になる事を目的とした積極的ブログ。

小説ガチャ-THE Alternate Rebirth:4は引きなのか?

昨年11月末に初登場して以来の復刻が発表された。

同時開催で7種類のガチャが稼働している異様な状況。

ここも冷静にガチャ評価に取り組んでいこう。

復刻小説ガチャ4弾の位置付けをお伝えする。

f:id:sakanadefish:20200320175348p:plain

 

先に結論

『ビギナーは20連前後が目安』

先行者はハリベルが判断基準』

 

かなり絞った書き方をした。以下の補足を参考にして欲しい。

なお、今回は「キャラ別3要素」を割愛する。

 

 

ビギナーにオススメの理由

1、目玉キャラは実質4体

小説の3体(ハリベル・バラガン・時灘)と知属性ネリエルが目玉だ。

知ネリエルの初実装は2019年1月だが、性能は申し分ない。

このガチャの特徴は目玉キャラの所属にある。

3体が破面(+十刃)で時灘が無所属。

ブレソルでは幅広く所属を揃える事も必要になる。

続けていれば自然に揃ってくるが、こういう機会も悪くない。

 

2、リンク確定要員は2体、共闘で使用可能が6体

5体ピックのガチャで2~3体が被ダメリンクという事もある最近だ。

そう考えれば、9体ピックでリンク確定要員が2体なのは良い方だ。

更に、通常ヒットの時灘を除いた6体が強ヒット持ちになっている。

浮竹・京楽はソウル特性こそクールタイム短縮ではないが、

現環境でも十分使える性能にある。

 

3、戦記・穿界門クエストで使用できるキャラが多い

戦記クエストでは知一角、技京楽がボーナス対象になっている。

穿界門クエストでは、どのキャラクターも使い処がある。

特に、時灘は序盤階層を条件に関係なく踏破できる性能だ。

 

 

初回実装時に挑戦した人へ

1、手持ちの現状はいかに?

手持ちの3体の状態によって勝負すべきか否かを決めて欲しい。

  • 必殺技レベル3のキャラが2体以上いる場合
  • ハリベルが必殺技レベル2か3の場合

上記の場合に該当し霊玉があるならば、勝負をかけるべきだと思う。

 

逆に・・・

  • 初回実装時に挑戦して小説3体に恵まれなかった

この場合は、どうしても欲しい場合を除き見送るべきだと思う。

復刻ガチャよりも最新ガチャに目を向けて行った方が良いからだ。

 

2、ハリベル開眼5への追い風は吹いている

現在開催中の「全世界同時チャレンジ」

bleach-bravesouls.hatenablog.com

 

設定されている最高報酬には必殺技の極意(技)がある。

つまり、ハリベルを必殺レベル4まで引き上げればレベル5は確定だ。

逆に、この機会を逃せば次回復刻は当分先になりそうだ。

この追い風を上手く利用して開眼5を完成させたいところだ。

 

なお、当記事をUPする段階で・・・

2,413,319回を記録していた!!!

報酬達成条件の300万回は射程圏内だ!!!

 

3、ハリベル>時灘>バラガン

理想は3体全てを必殺技レベル5まで持っていく事だ。

しかし、現実的には難しい話だ。

性能面で優先順位を設けるならハリベルが最優先になる。

時灘は「通常ヒット×ガード無効」キャラで性能的に素晴らしい。

だが、共闘を意識すれば強ヒット数UP系が優先になるだろう。

 

 

最速撤退目安

 「小説キャラのうち1体、必要枚数を引いたとき」

 

最速なら、ハリベルと言わずバラガン・時灘で十分すぎる。

昨年から継続して複数体の必殺技レベル5を目指す場合でも、

誰かしら1体が完成したら撤退を一度は考えるべきだ。

どうしても勢い余って霊玉を使い切りがちになる。 

 

 

引くべきではない人

先行者で小説3キャラの必殺技レベル5を目指していない場合。

先行者でハリベルが既に必殺技レベル5になっている場合。

 

最初の結論で記載した通り、

先行者であるならば、ハリベルを基準に考えて欲しい。

 

  

5段階ガチャ評価(1<5)

「2点」

 

2020年に入りガチャ形態が変化した。

復刻ガチャの☆5母数が増え、狙い撃ちは厳しい状態だ。

評価点は低いが、昨年11月末に実装されたキャラクターだ。

ハリベルは超火力で強攻撃範囲UPが備わっている。

追い風吹くこの機会に乗るかどうかは貴方次第だ。