ブレソル血戦篇

ブレソルこと"BLEACH Brave Souls"の情報を発信。様々な視点でブレソルを評価し、プレイヤーの一助になる事を目的とした積極的ブログ。

極限共闘が開眼育成場へ

極限共闘の仕様変更詳細が発表された。

新たに設置されるメダル交換所の内容等を確認する。

アイテムの交換レートも明らかになっている。

f:id:sakanadefish:20200322230523p:plain

 

メダル交換所概要

1、絶対交換しておきたいアイテム一覧
  • ☆4以上確定アクセサリチケット
  • 真髄の巻物
  • 各属性巻物(サイズ小・中)
  • 各属性巻物(銀)
  • 属性指定のブレソルアクセサリチケット

 

2、交換所のレート

戦記メダル・レイドメダル同様、すでに交換所が設置されている。

f:id:sakanadefish:20200322230531p:plain

 

目ぼしい物のレートだけ記載する。

  • ☆4アクセチケ=150メダル
  • 真髄の巻物=120メダル×3(3回)
  • 属性巻物(中)=20メダル×5×5(各種5回)
  • 属性巻物(小)=10メダル×5×5(各種5回)
  • 属性巻物(銀)=10メダル×10×8(各種10回)
  • 属性アクセチケ=70メダル×5

 

3、仮定の下で考える必要周回数&時間

1回あたりのメダル獲得量は明日判明する。

よって、ここからは仮定の話になる。

  • 仮定:上記のアイテムを全て獲りきる場合
  • 仮定:1周あたりのメダル獲得数=20枚
  • 仮定:1周あたりの周回時間=平均110秒

この3つの仮定の下に計算すると・・・

 

  • 『必要メダル:2410枚』(確定数値)
  • 『約121周回』(仮定計算値)
  • 『約3.7時間』(仮定計算値)

という事になる。

いずれにしろ、1周あたりの獲得数が焦点だ。

 

 

第2抽選会場から開眼育成場へ

従来は「書換ノ筆」を集めるための場。

それが、開眼育成場の顔を持つことになる。

高難易度の新共闘が実装されない現状、

従来の共闘環境にテコ入れを行う一手を取った形だ。

 

 

注意事項&今後の展開

1、交換所は極限共闘開催毎にリセット

レイドと異なり、極限は1週間で終わる。

1週間のうちに必要なものは獲りきってリセットに備えたい。

レイドよりも短期勝負なのはメリハリがでて良いかもしれない。

 

2、極限共闘メダル所持数はリセットされない

これはレイドと同じ仕様。

焦点は、「属性別でメダルの種類が異なるのか」ということ。

1週間で報酬リセットという性質上、

レイドよりもメダルを貯め込んでおく重要性はありそうだ。

 

3、今後の極限開催頻度とローテーション

一番気になるのがこれだ。

今月は2回目の開催という事になった。

そして、2回目の開催では対象属性が変化した。

1ヵ月に複数回行われるのか?

複数回行われる場合、属性は継続か変化か?

こればかりは、今後の展開をまって判断するしかない。

 

4、新キャラで極限メダル増加アビが来るか?

リンク強化薬ドロップ率を上昇させる能力、

毒ヶ峰リルカ(キカイ・ソサエティver)で実装された。

極限ではボーナスキャラクターが指定されなかった。

つまり、

ソウル特性からドロップ率上昇させる場合があるかもしれない。