ブレソル血戦篇

ブレソルこと"BLEACH Brave Souls"の情報を発信。様々な視点でブレソルを評価し、プレイヤーの一助になる事を目的とした積極的ブログ。

小説CFYOWガチャ-殲-は引きなのか?

3月末の新ガチャ情報がリリースされた。

其々を評価し、どれがオススメか御伝えしていく。

まずは、新キャラ全3体が顔を揃える「小説ガチャ-殲-」だ。

f:id:sakanadefish:20200329083732p:plain

 

先に結論

『不要不急のガチャ。霊玉は温存せよ。』

 

奇しくも、時流に合わせた表現が的確だ。

今回は全体ガチャで勝負するべきではない。

完全スルーで問題ないだろう。

 

 

新キャラ、抑えておきたい3要素

平子真子(CFYOW Truth ver)
  • 強ヒット数UP×強範囲UP
  • 全攻撃で混乱付与
  • 力属性、隊長の強攻撃ダメージを20%UP

 

グリムジョー(CFYOW Truth ver)
  • ソウル特性が被ダメージ20%
  • 通常ヒット数UP×スーパーアーマー
  • 敵ガード無効×潜伏無効

 

ルピ(CFYOW Truth ver)
  • 強ヒット数UP×強範囲UP
  • 全攻撃で弱体付与
  • 無所属キラー

 

 

引くべきではない理由

1、闇鍋に共闘キャラが少ない

ソウル特性がクールタイム短縮という条件で絞れば3体だけ。

鉢玄(速)・雛森(知)・東仙(心)が該当する。

だが、雛森東仙は闇鍋常連化している常設の旧キャラ。

ここで、狙いに行くべきとは到底言い難い。

 

2、ピックアップの闇鍋

全体ガチャの闇鍋がオススメできない一方、

ピックアップガチャの闇鍋では新しい試みが成されている

小説コラボ第1弾の3体が各ガチャに1体ずつ登場している。

魅力を感じるか否かはプレイヤー次第だが、

  • 初の闇鍋化
  • 限定キャラの闇鍋化
  • 産絹彦根の存在

この3点を考慮すれば、ピックアップの魅力は強い。

 

3、同時期開催のガチャが良い

同時開催中で魅力的なガチャが多いのは事実だ。

しかも、ただ魅力的なだけではない。

新キャラと同じ属性キラーを持つキャラが含まれている。

  • 平子真子=朽木白哉(春祭ガチャ/極限セレクション)
  • グリムジョー=四楓院夜一(千年血戦8弾-泉湯鬼)
  • ルピ=松本乱菊(春祭ガチャ)

既に同時期開催のガチャ評価は完了している。

是非、参考にして欲しい。

bleach-bravesouls.hatenablog.com

bleach-bravesouls.hatenablog.com

欲しいキャラで選ぶのか、属性キラーで選ぶのか。

ハッキリとさせた上で、霊玉の割り振りを決定しよう。

 

 

引くのがアリな人

  • 新キャラ3体全てを開眼5まで考えている人
  • ビギナーで所属種類を増やしたい人

 

2パターン設定した。

前者は合計確率が1%になるまで引き続ける方向だろう。

全体ガチャの良いところを1つ言うならば、所属の幅だ。

虚、死神、人間、破面、十刃、隊長がバランスよく混合している。

ビギナーで「今どうしてもすぐに」所属種類を増やしたい、

そういうプレイヤーは引く選択肢もあると思う。

 

 

最速撤退目安

「20連まで」

 

霊玉250個未満で引ける20連まで。

ここで、新キャラ1枚でも引ける様なら大勝利。

新キャラコンプを目指す場合でも撤退でいいだろう。

未所持2枚なら確率は1%。

この時点でピックアップと同じ確率になる。

 

 

今シリーズの戦術

「ピックアップに備えよ!!」

 

この項目は初めて設定する。

というのも、今シリーズは珍しい事例だからだ。

ピックアップの闇鍋に第2の目玉キャラが設定されている。

設定や時流に乗るのは悪くない。

手持ちの状況を見て、狙う新キャラを定めよう。

今後のピックアップに備えるべきだ。

 

 

5段階ガチャ評価

「1点」

 

平子真子が遂に卍解を披露する。

かなり期待度と注目度が高かったと思う。

だが、蓋を開ければ闇鍋はいつも以上に酷い。

闇鍋に過度な期待をしている訳ではない。

ピックアップの闇鍋に手を加えたならば、

全体ガチャでも何かしらの底上げを考えるべきだった。