ブレソル血戦篇

ブレソルこと"BLEACH Brave Souls"の情報を発信。様々な視点でブレソルを評価し、プレイヤーの一助になる事を目的とした積極的ブログ。

完全版:無比/進化ステップアップガチャは引きか?

千年血戦篇5・6弾の復刻。

今回は何時もより手厚く評価した。

貴方が最善の選択肢を取れることを願う。

f:id:sakanadefish:20200426021219p:plain

 

先に結論(状況別)

①:開眼目的の人

「完成まで勝負」

 

今年2月、そして今回。

立て続けに復刻されたことから、

新ガチャでの闇鍋化は期待できない。

2月の復刻は千年2弾とコラボ。

2弾と比べれば5弾の方が魅力はある。

4月末ガチャの内容問わず、

開眼上限を狙うならばこの機会だ。

 

②:未所持が多い人

「10連ステップ6まで」

 

ステップ6、☆5確定までがお奨め。

狙い目は千年6弾の3枚と山爺。

もし序盤で涅父娘を引けてしまえば、

霊玉数次第で即時撤退もあり。

同時期開催のガチャも魅力的だ。

 

③:千年藍染狙いの人

「狙いを再考しよう」 

 

藍染推しで性能は問わない。

この場合は狙うべきだと思う。

性能面を重視するならば、

このガチャで狙いは当たりの5人。

浮竹は藍染と属性キラーが被る。

その他4体の必要性を見直そう。

既に戦力がいる属性キラーなら、

同時開催ガチャに霊玉を使う方が良い。

当たりキャラが必要ならば、

藍染も同時に狙えるので追い風だ。

 

④:滅却師が欲しい人

「費やす霊玉はない」

 

4月末に滅却師が来る可能性はある。

遅くとも5月中には来ると思われる。

今から霊玉を貯めるマイナス要素はない。

一番狙いたいキャラに全力投球しよう。

 

⑤:私はどうするか

「引かない」

 

同時開催のガチャに欲しいキャラがいる。

開眼したいキャラがいる。

月末次第では2正面作戦が確定する。

このガチャにも手を出し、

3正面作戦という消耗戦は回避する。

 

 

抑えておくべき事

①:藍染惣右介(千年血戦篇ver)

f:id:sakanadefish:20200424154322p:plain

最初に伝えておくべき内容だと判断。

千年藍染の共闘性能はハズレ。

藍染狙いの人は 要注意だ。

共闘性能を全く評価できない理由。

強攻撃範囲の狭さ

これは根本的に狭いという事だ。

強範囲UPの有無という次元ではない。

移動設置型の強2、

チャージ攻撃の強3、

実用面で範囲の狭さを痛感する。

実機お試しが出来ると思う。

未体験の人は必ずやって欲しい。

 

藍染の最大の特徴は、

強3で完全詠唱黒棺を聴けるところ。

これは他のキャラにはない。

作りこみに全意識を振っているキャラ。

完全詠唱も共闘場面では非実用的だ。

 

②:千年5・6弾の評価

一言で表現するならば、

盛り上がりの千年5弾(藍染など)

ハズレなしの千年6弾(マユリなど)

 

千年5弾は昨年7月末に実装。

人選から盛り上がったが、

性能面での評価は伸び悩むガチャ。

 

千年6弾は昨年9月末のリリース。

3キャラ全てが共闘仕様。

強範囲UPトレンドが始まっており、

ネムがその恩恵を受けている。

千年6弾は質的に高いレベルだ。

 

③:闇鍋の評価
f:id:sakanadefish:20200418150821p:plain
f:id:sakanadefish:20200422223414p:plain
f:id:sakanadefish:20200419063538p:plain
f:id:sakanadefish:20200426144802p:plain

 

目玉キャラにも闇鍋が含まれる。

いずれも闇鍋常連のキャラだ。

6体中4体が強ヒット数UP。

共闘で活躍できるのは3体だろう。

  • 日番谷冬獅郎(死神代行消失編ver)
  • 浮竹十四郎(死神代行消失編ver)
  • 藍染惣右介(第3融合ver)

 

浦原喜助も悪くはない。

だが、状態異常延長が欠如している。

状態異常確率UPを備えているが、

確率UPと連動する攻撃は強3だけ。

アビリティを活かしきれない作りだ。

 

とはいえ、

強ヒット数UP4体というのは悪くない。

開眼育成含め、戦力強化に繋がる。

 

④:当たりは誰?
f:id:sakanadefish:20200424154301p:plain
f:id:sakanadefish:20200424154305p:plain
f:id:sakanadefish:20200424154310p:plain
f:id:sakanadefish:20200424154314p:plain
f:id:sakanadefish:20200422223414p:plain

 

  • 涅マユリ(6弾)
  • 涅ネム(6弾)
  • ZOMBIE冬獅郎(6弾)
  • 山本元柳斎重國(5弾)
  • 浮竹十四郎

 

特に千年6弾の3人はアタリ。

其々の属性キラーで違いを出せる存在だ。

  

⑤:砕蜂はバトル要員?

f:id:sakanadefish:20200425142228p:plain

「バトル要員ではない」

 

バトル席次によるが、

上位にいくほど使用は難しい。

被ダメージDownではない、

攻撃に状態異常がない、

バトル上位に食い込むには足らない。

砕蜂はオート性能とみるべきだ。

オート性能は非常に高い。

回復やガード無効は持たないが、

強2バフは変身タイプ。

通常のバフよりも効果は上だ。

 

 

ガチャの引き方

2種類のタイプが用意されている。

単発型と10連型だ。

注目すべきは上昇確率と必要霊玉数。

f:id:sakanadefish:20200426150950p:plain

 

この表から言える事、

  • 10連型はステップ6まで
  • 単発型でガンガン回す

10連型でステップ6を引き終える。

そこから上限8%まで引き上げるには、

霊玉数が750個必要 。(ステップ9まで)

この時点で単発型を未トライでも、

175個でステップ9まで引き終わる。

 

ただ、意地悪い点が2つ。

1点目は「ガチャの導線」。

ステップアップは連続で引けない。

必ず全体画面に戻る仕組みだ。

10連でも結構ストレスが溜まる。

単発なら言うまでもない。

 

2点目は「その他の闇鍋」。

上限8%のうち2%に相当。

つまり目玉は最高6%。

1キャラの確率は0.5%。

千年キャラは6体なので3%。

実質3%ガチャだ。

 

これらが製作側の思惑。

霊玉管理を徹底するなら単発が良い。

確率を見れば10連勝負の消耗度が判る。

 

 

同時期ガチャと比較

VS.Flower Festival

「ガチャの安定性が高い」

 

最初から確率6%。余計な闇鍋もない。

ステップ5は☆5確定。

当たりキャラは7体見込める。

霊玉投下に対するリターンが安定。

Flower Festivalの最大の良さだ。

www.bleach-bravesouls.info

 

VS.CFYOW-逆様邪八宝塞-

「卍解平子は此処だけ」 

 

千年血戦のマユリ・山爺にも言える。

卍解(改造卍解)披露は1度限り。

平子の卍解がどうしても欲しい場合は、

このガチャと勝負するしかない。

グリムジョー(CFYOW)も闇鍋化。

www.bleach-bravesouls.info

 

VS.サバク・ソサエティ-炎陽-

 「復刻千年の圧倒的勝利」

 

以前お伝えした通り、

完全に無視したままで問題なし。

勝負の土俵にすらあがっていない。

 

 

最速撤退目安

「単発10回勝負」

 

必要霊玉数は200個。

目玉6%は8ステップから。

新キャラ2体で霊玉50個の黒字。

新キャラ1体で75個の実質使用。

☆5が0体でも200個のマイナス。

これが最速撤退目安だ。

 

 

リセマラ判定

「確率は厳しいのが前提」

 

キャラの面子は揃っている。

だが、3%ガチャだ。

単体ピックアップも存在しない。

フル開眼の難易度は高い。

コレクター的リセマラがお奨め。 

 

 

5段階ガチャ評価

「2点」

 

良い性能のキャラはいる。

最大のネックは確率だ。

バレンタイン復刻と比べると、

復刻ガチャでも明暗が別れる。

千年血戦篇のブランド力が

ハードル設定を高めている。

 

このハードルを越える勝負か、

4月末ガチャに備えていくのか、

良い判断をして貰いたい。