ブレソル血戦篇

ブレソルこと"BLEACH Brave Souls"の情報を発信。様々な視点でブレソルを評価し、プレイヤーの一助になる事を目的とした積極的ブログ。

5周年記念:ステップアップガチャは引きか?

5周年前半のステップアップが登場。

双極決戦が新たな装いで蘇る。

一護と白哉は狙うべきか評価する。

f:id:sakanadefish:20200722193952p:plain

 

先に結論

『各種1体狙いでOK』

『ビギナーに強くオススメ』

 

基本路線は各種1体狙い。

開眼狙いの深追いは避けるべき。

ビギナーは確実に回したいガチャ。

 

 

結論の理由

①:新キャラ性能

各種1体狙いの理由。

周年キャラは火力に優れている。

一護は強攻撃ダメージ60%UPと弱体付与。

白哉は強攻撃ダメージ40%UPと必殺ヒット。

必殺技レベルを上げて、

開眼を進める必要性は高くない。

1体でも十分な火力を発揮できる。

 

②:穿界門とグルバト

各種1体狙いの理由。

穿界門は条件に合致すればクリアは確実。

育成よりも所持状況で決まる。

砕蜂・乱菊は1枚あれば十分。

1枚で対応力の幅が広がる。

 

グルバトに関しても同様。

開眼が進めばスコアは伸びるが、

クリアに関しては条件遵守が最重要。

条件を満たすキャラを起用することで、

ダメージ優遇を得られる。

リリネット1枚で状況は変わる。

 

③:闇鍋と目玉以外

ビギナーに奨める理由。

闇鍋の質は良くない。

それでも未所持ならば奨められる。

霊玉回復の余地がある。

ステップアップは目玉以外も排出。

非目玉の対象数は387種類。

未所持が多いほど状況は芳しい。

ビギナーは未所持が多い前提に立っている。

各自の所持状況を踏まえて判断したい。

 

 

周年キャラの要所

①:新アビリティについて

既存の敵GUARD無効の発展形態。

追加効果として大きな上乗せ。

極限共闘ではアクセ1枠の完全解放。

グルバト・穿界門では設定条件を無視できる。

今後の新キャラに搭載されるのか、

大きな注目点になる。

 

②:1体で4枠カバー

f:id:sakanadefish:20200723144203p:plainf:id:sakanadefish:20200723144207p:plain

黒崎一護と朽木白哉。

両名ともダブルキラー持ちであり、

遠近の括りを超越した存在。

1人で4枠の役割をこなす。

裏を返せば、

  • キャラ収集の消耗度が激減
  • 開眼素材の消費量が4分の1

 

ダブルキラー×赤青超越。

性能以上に衝撃がある。

ビギナーの戦力強化に最適。

 

③:乗り換えの必要性

開眼次第で乗り換える必要はない。 

前項目の表で示した通り、

一護と白哉は4枠の戦力を網羅する。

該当する枠に開眼済み戦力がいる場合、

慌てて乗り換える事は無い。

重複戦力への資源投下は非効率。

乗り換えを検討する状況は、

重複枠が少ない場合、

開眼が進んでいない場合に限る。

 

 

当たりトップ5

f:id:sakanadefish:20200723121803p:plain
f:id:sakanadefish:20200723121758p:plain
f:id:sakanadefish:20200723121808p:plain
f:id:sakanadefish:20200723121749p:plain
f:id:sakanadefish:20200723121754p:plain

①:朽木白哉(5周年記念ver)

  • クール14×強範囲UP
  • 死神キラー・虚キラー
  • 強ヒット・必殺ヒット
  • 強攻撃ダメージ40%UP
  • 敵GUARD無効/青攻撃無効貫通

 

②:黒崎一護(5周年記念ver)

  • クール12×強範囲UP
  • 強攻撃ダメージ60%UP
  • 全攻撃で弱体付与
  • 緊急回避+2
  • 敵GUARD無効/赤攻撃無効貫通

 

③:砕蜂(クリスマスver)

  • 強攻撃クールタイム12%短縮
  • 力属性の人間キラー
  • 全攻撃で火傷付与

 

④:松本乱菊(あやかしver)

  • クール12×強範囲UP
  • 無所属キラー
  • 全攻撃で弱体付与

 

⑤:リリネット(ハロウィンver)

  • 被ダメージ16%Down
  • 通常ヒット数UP
  • グルバトROUND7オート要員

 

 

最速撤退目安

『60連まで』

 

目玉☆5が確定する60連が引き際。

初回10連は無料。実質的50連分。

60連まで行けば、

定型チャットも入手出来ている。

当たり5キャラが1体出ていれば大勝利。

一護と白哉は常設扱い。

周年での獲得に拘る事はない。

 

 

引くべきではない人

『開眼5を目指す人』

 

一護と白哉の開眼5を目指す場合、

今回のステップアップは不向き。

霊玉消費だけでは相当厳しい。

闇鍋で許容できるキャラも少ない。

目的に合致しない時は見送るべき。

 

開眼5を狙うならば、

周年後半を待つのが妥当。

闇鍋に千年キャラが入る見込みはある。

8月にピックアップがある事も心強い。

戦略的に開眼5を狙い易い。

 

 

リセマラ判定

『徹底する場合のみOK』

 

リセマラでも各種1体狙い。

闇鍋は当たりとハズレが明確。

新キャラ2体を回数少なく引き切る。

深追いした結果なら旨味はない。

徹底したリセマラが必要。

 

 

5段階ガチャ評価

『3点』

 

闇鍋を見れば3点には値しない。

しかしながら、

当たり外れの明確さを評価した。

最初から1枚狙いの方針を固めやすい。

進むべきステップまで引き、

予定通り撤退するだけ。

後半戦に向けて態勢を整えやすい。