ブレソル血戦篇

ブレソルこと"BLEACH Brave Souls"の情報を発信。様々な視点でブレソルを評価し、プレイヤーの一助になる事を目的とした積極的ブログ。

完全攻略:アリーナパック/ガチャ-豹王-は引きか?

アリーナ実装に伴う対策ガチャが登場。

豹王・グリムジョーが参戦する!!

アリーナガチャ-豹王-を評価する。

f:id:sakanadefish:20210625094850p:plain

 

先に結論

f:id:sakanadefish:20210625110449p:plain

『高性能共闘戦力だが』

『見送りを推奨』

『パック購入はあり』

  

 

結論の理由

①:アリーナ補強について

f:id:sakanadefish:20210625142045p:plain

見送りを推奨する理由。

現段階で優先すべきは遊び方の検討

アリーナ特化の戦力補強は、

遊び方を定めた後からでも十分。

製作チームの販売戦略に乗る必要は無い。

 

戦力補強は従来コンテンツ優先で行うべき。

アリーナの問題点は、

従来コンテンツと相互連絡性が無い事。

開眼育成の優遇措置はあるが、

アリーナから従来への還元は限定的。

開眼巻物・リンク薬は獲得不可。

先行者は従来の補強方針を維持すべき。 

 

②:ガチャ構成の強み

f:id:sakanadefish:20210625133705p:plain

見送りを推奨する理由。

排出キャラクターは全て破面。

破面条件のアリーナ指令を意識した構成。

しかし内実を見れば、

アリーナで効果的な存在は少ない。

破面指令は回数消化型。

現有戦力で切り抜けたい。

 

特殊キラーが存在するも、

現状では穿界門で適正階層が無い。

同時に狙える機会だが、

ガチャ挑戦の決め手にはならない。

霊玉温存が得策。

 

③:パック販売

見送りを推奨する理由。

ガチャ連動のチケットパックが販売。

目玉構成とガチャ構成は同一。

ガチャに挑戦する前に、

パックを購入する方が良いだろう。

 

ガチャチケットの名称にも注目したい。

VOL1という番号が記載。

今後も同種のパック販売を見込める。

アリーナ対策ガチャも順次登場するだろう。

今回は実装記念の特別ではない。

 

 

プレ評価

アリーナ特化にして高性能共闘戦力。

総合力43点を記録。

常設シリーズながら、

基礎火力の充実度は限定シリーズに比肩。

強攻撃範囲UPも備えている。

アリーナのみならず、

従来コンテンツでも活躍できる存在。

 

注意すべきはモーション構成。

間合いを維持して戦える、

アリーナを意識した構成。

近接判定・全画面などを持てば、

共闘評価は更に伸びたと言える。

 

 

当たりトップ5

f:id:sakanadefish:20210625111933p:plain
f:id:sakanadefish:20210625111516p:plain
f:id:sakanadefish:20210625111502p:plain
f:id:sakanadefish:20210625111507p:plain
f:id:sakanadefish:20210625111512p:plain

①:グリムジョー

  • 強ヒット×強範囲UP×<クール12>
  • 基礎火力(40/60/60)
  • 防御低下能力
  • 弱体無効
  • スパアマ
  • 3連響転

 

②:ネリエル(クリスマス)

  • 強攻撃クールタイム14%短縮
  • 基礎火力(20/20/40)
  • 氷結付与
  • 氷結無効

 

③:リリネット(HW)

  • 被ダメージ16%Down
  • 通常ヒット×破面キラー
  • 基礎火力(20/30/20)
  • スパアマ
  • 回復全体化
  • 極武9階

 

④:エドラド(Fierce)

  • 強攻撃クールタイム12%短縮
  • 人間キラー
  • 基礎火力(20/20/40)
  • 火傷付与
  • 敵火傷時全ダメ20%UP
  • 敵ガード無効

 

⑤:ロリ(キカイ)

  • 強攻撃クールタイム12%短縮
  • 基礎火力(20/20/40)
  • 火傷付与
  • 敵ガード無効
  • 対無所属被ダメ20%

 

 

最速撤退目安

『なし』

 

お得な10連まで挑戦はありだが、

今回はパック販売がある。

初回10連の消費霊玉は、

パック購入による獲得霊玉とほぼ同数。

挑戦後に霊玉補充するくらいならば、

チケットでの1発勝負を選択すべき。 

チケットでの獲得確率は6%。

 

 

引くべきではない人 

『周年重視の人

『同系統の連投を感じる人』

 

今後もアリーナ戦力の実装は間違いない。

実装パターンとして、

同系統が連続する事例は多い。

同時期の具体的事例では、

水着ネム・5周年一護が合致する。

力属性破面キラーの高性能戦力が、

1ヵ月以内に上書きされた。

周年キャラを重視する場合は、

目先の特化仕様を見送るべき。

 

 

リセマラ判定

『1枚狙いで繰り返し』

 

常設だが総合力40点越え。

更にアリーナ特化の仕様でもある。

破面所属の主戦力は獲得が難しい。

リセマラならば1枚狙いで挑戦したい。

霊玉消費を極力抑える事が前提。

 

 

5段階ガチャ評価

『2点』

 

共闘性能とアリーナ性能が両立。

優れた性能だが、

目玉1体のガチャ確率は厳しい。

闇鍋も性能面で優れているとは言い難い。

指令達成を促すためのガチャ。