ブレソル血戦篇

ブレソルこと"BLEACH Brave Souls"の情報を発信。様々な視点でブレソルを評価し、プレイヤーの一助になる事を目的とした積極的ブログ。

復刻:千年血戦-片影/未来ガチャは引きなのか?

先日お伝えした通り千年3弾・4弾が復刻。

主人公サイドの人気キャラが勢揃い。

判明した闇鍋を明らかにして評価する。

f:id:sakanadefish:20200711151248p:plain

 

排出キャラクター

f:id:sakanadefish:20200711150744p:plain
f:id:sakanadefish:20200711150740p:plain
f:id:sakanadefish:20200711150755p:plain
f:id:sakanadefish:20200711150748p:plain
f:id:sakanadefish:20200711150751p:plain
f:id:sakanadefish:20200711150800p:plain
f:id:sakanadefish:20200711150805p:plain
f:id:sakanadefish:20200711152205p:plain
f:id:sakanadefish:20200711152121p:plain
f:id:sakanadefish:20200711152125p:plain
f:id:sakanadefish:20200711152143p:plain
f:id:sakanadefish:20200711152139p:plain
f:id:sakanadefish:20200711152112p:plain
f:id:sakanadefish:20200711152115p:plain
f:id:sakanadefish:20200711152130p:plain
f:id:sakanadefish:20200711152135p:plain

 

 

先に結論

『性能重視なら見送るべき』

 

今後も共闘で活躍できるキャラは存在する。

しかし数は限られている。

千年血戦を狙うならば5周年後半がベスト。

 

 

結論の理由

1、千年3弾&4弾

全体的に共闘キャラが多い。

性能面で期待できるのは3体。

恋次・夜一・卍解一護。

千年3弾は2018年3月末のリリース。

千年4弾は2018年7月末のリリース。

初リリースから2年が経過する。

性能面、アビリティ面で最新性能に劣る。

開眼育成によって性能維持を図りたい。

f:id:sakanadefish:20200711170816p:plain

 

2、闇鍋の質

いつも以上に闇鍋の質が悪い。

銀嶺・ひよ里・東仙が許容範囲。

銀嶺・ひよ里はグルバト要員、

東仙は息の長い共闘戦力。

闇鍋からの共闘戦力補強は厳しい。

ヒット数UPなしが3体存在する。

全体的に戦力の上乗せが期待出来ない闇鍋。

 

3、5周年後半の闇鍋

千年4弾までが復刻。

5周年後半の闇鍋は再検討が必要。

千年血戦が闇鍋化するならば、

千年5弾が最も濃厚だろう。

最新のキャラと同時に狙える数少ない機会。

必ず闇鍋化するとは断言できないが、

可能性に期待するならば霊玉は温存すべき。

 

 

当たりトップ3

f:id:sakanadefish:20200711150751p:plain
f:id:sakanadefish:20200711150740p:plain
f:id:sakanadefish:20200711150805p:plain
1、四楓院夜一
  • 強攻撃ダメージ20%UP
  • 全攻撃で麻痺付与
  • 必殺変身・4連瞬歩

 

2、阿散井恋次
  • 強攻撃クールタイム12%短縮
  • 強攻撃範囲UP・通常攻撃範囲UP
  • 必殺技に即死判定

 

3、黒崎一護(卍解ver)
  • 強攻撃クールタイム12%短縮
  • 強2が変身バフ
  • 麻痺無効・弱体無効

 

 

引くべき人

『開眼5を複数狙える人』

 

当たり3体とユーハバッハ。

4体のうち複数が射程範囲なら狙い目。

ユーハバッハは必殺ヒット数UP、

必殺技レベルが上がればグルバトで輝く。

5周年を迎える事で、

千年4弾は初リリースから2年が経過。

最新キャラの性能を踏まえれば、

今回の復刻で幕引きにしたい。

 

 

最速撤退目安

『当たり1体が完成した時』

 

共闘戦力が1体完成すれば上々。

必ず立ち止まって撤退を考えたい。

5周年まで2週間を切っている。

深追いでの手負いは避けたい。

連続する復刻ガチャはあくまで前哨戦、

5周年本番に態勢を整えて臨みたい。

 

 

リセマラ判定

『最新に拘らなければあり』

 

リセマラは最新キャラを狙うのが理想。

千年3弾と4弾は、

前述した通り2年前以上のキャラ。

性能面での見劣りは必ず生じる。

ただ共闘戦力が5体存在している。

共闘で使いたい推しキャラがいれば、

リセマラする価値はある。

 

 

5段階ガチャ評価

「2点」

 

千年血戦シリーズだけ見れば、

先日復刻した1弾&2弾より安定性は高い。

しかし闇鍋を見れば、

1弾&2弾よりも質は落ちている。

評点が伸びない大きな要因。

ガチャの質を重視するならば、

今回の復刻も見送るのが妥当な選択。