ブレソル血戦篇

ブレソルこと"BLEACH Brave Souls"の情報を発信。様々な視点でブレソルを評価し、プレイヤーの一助になる事を目的とした積極的ブログ。

完全攻略:CFYOW-謀-は引きか?

CFYOW第10弾が登場。

深謀遠慮に長けた3名が参戦。

CFYOW-謀-ガチャを評価する!!

f:id:sakanadefish:20210225163121p:plain

 

先に結論

f:id:sakanadefish:20210225164930p:plain

『見送る要素はある』

『有効確定は月島1体』

『月島の必要枚数が焦点』

『1枚ならピックアップ』

 

新アビリティは魅力だが、

真に必要なのは月島のみ。

月島を軸に方針を決定しよう。

 

 

結論の理由

①:バトルの視点

f:id:sakanadefish:20210227200555p:plain

月島の必要枚数が焦点の理由。

現在のバトル仕様では、

対戦相手を詳細に選択できる。

月島を1枚所持するだけで、

対戦相手の選択肢は確実に増える。

但し戦力を絶対的に活かすには、

開眼5が求められる。

まずは1枚を獲得し、

月島の効果を実感して判断すべき。

 

月島の登場によって、

10秒以内の数的優位を作り難くなる。

バトルでの数的優位は、

勝敗の行方に直結する。

10秒以降の戦いが本質になり、

必殺ボム配置のランダム性が増す。

確実に勝てる相手を選ぶ事、

10秒後の土俵に立てる事、

月島は以上2点を満たすために不可欠。

 

青攻撃のバトル戦力は重要になるだろう。

10秒以降の対戦になれば、

必殺ボムが勝敗を左右する。

ハッシュヴァルト・月島は赤攻撃。

遠距離からボムを取れる戦力は貴重。

チーム構成と戦術に深みを与える。

 

②:グルバトの視点

f:id:sakanadefish:20210225200811p:plain
f:id:sakanadefish:20210225200817p:plain
f:id:sakanadefish:20210227161348p:plain
f:id:sakanadefish:20210225200804p:plain
f:id:sakanadefish:20210227162053p:plain
f:id:sakanadefish:20210227162059p:plain
f:id:sakanadefish:20210227162048p:plain

月島が有効確定の理由。

初の星十字騎士団キラー。

グルバトは未実装だが、

将来的には実装されるだろう。

条件一致の通常ヒット数UPは貴重。

先行して獲得しておけば、

1枠を埋める事が出来る。

 

涅マユリは十刃キラー。

朽木ルキアと重複する。

両者共に操作枠での起用になる。

ルキアを獲得していれば、

マユリの必要性は乏しい。

 

銀城にも代替キャラが存在。

リリネットは闇鍋定期。

浦原喜助は投票SELECTIONで選出。

獲得済みである人も多いだろう。

攻略目的だけならば、

代替キャラで賄える。

月島以外は見送れる要素がある。

 

③:ダウン追撃の有効性

f:id:sakanadefish:20210227151251p:plain

見送る要素がある理由。

ダウン追撃は目玉要素の1つだが、

共闘での有効性は乏しい見立て。

ダウンの発生する状況は、

開眼導入から大きく減少している。

開眼育成の霊圧インフレに伴い、

強攻撃でボスも沈む状況。

 

銀城は通常ヒット数UPであり、

共闘使用には開眼育成が必要。

開眼育成済みならば、

通常最終段前に殲滅できるだろう。

強攻撃で敵を纏める場合もあるが、

味方の強攻撃と重複すれば殲滅完了。

いずれにしても、

ダウンが発生する環境が必要になる。

 

f:id:sakanadefish:20210227151246p:plain

銀城は敵ガード無効も備える。

敵ガード無効は共闘環境に効果的。

通常ヒット数UPだが、

共闘使用も可能にしてくれる。

但し同属性キラーに、

大人ルキア・5周年一護などが存在。

相対的に高性能共闘戦力が優先になる。

 

 

戦術・要点

①:ガチャ早見表

f:id:sakanadefish:20210226105235p:plain

 

②:☆5確定回を有効活用

f:id:sakanadefish:20210227153819p:plain

『開眼5を狙う場合』

『全体ガチャも利用すべき』 

 

新キャラの開眼5を目指す場合、

全体ガチャから挑戦したい。

☆5確定ステップ数は全体ガチャが優位。

ピックアップは最大2回。

全体ガチャは最大5回。

全体ガチャの8.33%を有効活用し、

ピックアップは詰めに利用したい。

 

③:CFYOW

f:id:sakanadefish:20210226163551p:plain
f:id:sakanadefish:20210226163555p:plain
f:id:sakanadefish:20210226163546p:plain
f:id:sakanadefish:20210225200804p:plain
f:id:sakanadefish:20210225200811p:plain
f:id:sakanadefish:20210225200817p:plain

『10弾までが出揃う』

『3月の制約は終了』

『シリーズ継続はあり得る』

 

年末卍解生放送では、

3月末までに10弾実装が告知。

2月末の時点で告知を満たした。

3月期のバナー制約は消失。

どのシリーズが登場してもおかしくない。

 

CFYOWの終了は未確定。

混成部隊に参加していないマユリが実装。

小説登場キャラであれば、

実装の可能性はある。

今後の生放送などで継続情報を待ちたい。

 

④:3月中旬ガチャ

f:id:sakanadefish:20210225165240p:plain
f:id:sakanadefish:20210225165245p:plain
f:id:sakanadefish:20210225165249p:plain
f:id:sakanadefish:20210225165229p:plain
f:id:sakanadefish:20210225165232p:plain
f:id:sakanadefish:20210225165236p:plain

キカイ・ソサエティの可能性が急落。

全体・ピックアップで、

過去2年のWDキャラが闇鍋化。

3月中旬に再登場する事は考え難い。

例年と異なる流れに注意したい。

 

2月は中旬・月末が小説ガチャ。

同一限定シリーズの連続は初。

ガチャ予想を攪乱する為、

従来の在り方に変化を加えている。

千年血戦の中旬投入も実現し得る。

3月中旬の動向を踏まえるならば、

全体ガチャを見送る選択も良い。

 

④:CFYOW1弾

f:id:sakanadefish:20210226165530p:plain
f:id:sakanadefish:20210226165521p:plain
f:id:sakanadefish:20210226165525p:plain

f:id:sakanadefish:20210227100251p:plain

3名とも高性能要素は欠落。

彦禰はトップクラスの機動力を備える。

強攻撃範囲や基礎火力で劣るが、

他の共闘戦力との違いは有する。

3体の中で当たりと言える存在。

 

グリムジョーは心属性。

3月の極限共闘で使用可能だが、

総合力が示す通り見劣りはする。

裂傷・強1吹飛は穿界門では効果的。

状態異常戦に持ち込める。 

 

ネリエルは高難易度グルバトで活路。

強2纏型で敵を封殺可能。

クール短縮を備えており、

強攻撃の回転を上げる事もできる。

以前より活躍の場は増えるだろう。

 

⑤:千年血戦12弾復刻

f:id:sakanadefish:20210227063053p:plain
f:id:sakanadefish:20210227063049p:plain
f:id:sakanadefish:20210227063041p:plain
f:id:sakanadefish:20210225200817p:plain
f:id:sakanadefish:20210227063045p:plain
f:id:sakanadefish:20210227063037p:plain

f:id:sakanadefish:20210227065644p:plain

千年血戦12弾の復刻は近い。

11弾は既に復刻済み。

12弾は3月レイドのボーナス指定。

復刻の条件は整っている。

キラー構成に注目すべき。

 

涅マユリピックアップと強く類似。

ROUND4に対応する雀部、

ROUND8に対応するマユリ、

限定キラーだけが異なる。

グルバト補強を行う場合、

重複補強の必要性を考えたい。

敢えて重複を狙う選択もある。

 

⑥:アビリティ枠

『3名とも9枠』

 

年末・1月末の枠数へ回復。

但し内容面には注意すべき。

ソウル特性の拡張・雫ドロップUPなど、

充実の構成とは言い難い。

建前上9枠と見るのが良いだろう。

 

 

プレ評価

f:id:sakanadefish:20210225200811p:plain
f:id:sakanadefish:20210225200804p:plain
f:id:sakanadefish:20210225200817p:plain

①:月島秀九郎(CFYOW.T)

バトル最上位戦力。

ハッシュヴァルトに対応できる性能。

ハッシュヴァルトを未所持ならば、

絶対的な対抗手段として所持すべき。

星十字騎士団キラーであり、

グルバト対策という名目も立つ。

バトル席次の一定維持を目指すには、

獲得せざるを得ないだろう。

 

②:銀城空吾(CFYOW.T)

高次元オート性能。

開眼次第で共闘使用も可能。

敵ガード無効・ダウン追撃を搭載。

最初からトドメめまで、

攻撃を最大の防御にして進行できる。

代行消失篇一護を基礎として、

性能を爆上げした印象。

シンプルで派手さはないが、

使っていて爽快感のある系統だろう。

 

ダウン追撃は新穿界門で要注目。

穿界門ではダウンが攻略に影響する。

時間を節約するには、

ダウンをさせない組立てが必要だった。

新穿界門の難易度次第では、

ダウン追撃の評価は上がり得る。

銀城の重要性も増すかもしれない。

 

③:涅マユリ(CFYOW.T)

グルバトROUND8対応。

高性能共闘戦力。

千年血戦篇では、

アビリティ数で総合力を伸ばした。

今回は強範囲UP・弱体付与など、

純粋に高性能要素を備えている。

ドロップUPはアビリティ9枠目。

現状では評価を得難いが、

新育成要素次第で風向きは変わる。

 

 

当たりトップ5

f:id:sakanadefish:20210225200811p:plain
f:id:sakanadefish:20210225200817p:plain
f:id:sakanadefish:20210225200804p:plain
f:id:sakanadefish:20210225200827p:plain
f:id:sakanadefish:20210225200821p:plain

1位:月島秀九郎(CFYOW.T)

  • 被ダメージ16%Down
  • 通常ヒット×星十字騎士団キラー
  • 基礎火力(20/50/0)
  • 浸食付与(強2以外)
  • 強2バフ
  • 浸食延長なし・バフ延長あり
  • バトル開始10秒無敵
  • 防御低下能力
  • 通常範囲UP

 

2位:涅マユリ(CFYOW.T)

  • 強ヒット×強範囲UP×クール12
  • 十刃キラー
  • 基礎火力(20/20/40)
  • 弱体付与
  • 敵ガード無効
  • 自動復活
  • 弱体無効
  • 速雫ドロップ17%UP

 

3位:銀城空吾(CFYOW.T)

  • 通常攻撃ダメージ25%UP
  • 通常ヒット×破面キラー
  • 基礎火力(<65>/50/40) 
  • ダウン追撃
  • 敵ガード無効
  • 防御低下能力

 

4位:産絹彦禰(CFYOW)

  • 強攻撃クールタイム12%短縮
  • 基礎火力(20/0/40)
  • 弱体付与
  • 麻痺無効
  • 3連瞬歩
  • 緊急回避距離UP
  • 試練13階

 

5位:ネリエル(CFYOW)

  • 強攻撃クールタイム12%短縮
  • ヒット数なし
  • 基礎火力(80/40/30)
  • 弱体付与
  • 強2纏型
  • スパアマ

  

 

最速撤退目安

『50連まで』

 

高難易度グルバト対応のマユリを除き、

まずは1枚あれば形になる。

1枚目の獲得を目指し、

☆5確定まで進みたい。

開眼5を狙う場合には、

☆5確定回を有効活用したい。

ピックアップは詰めの作業になる。

 

 

リセマラ判定

『推奨度は中』

 

バトル最上位戦力は存在するが、

高性能共闘戦力は乏しい。

リセマラ後の席次を考えれば、

バトル戦力を優先する事はない。

推しキャラである場合に限る。 

 

 

5段階ガチャ評価

『3点』 

 

目新しさのあるキャラ性能だが、

現環境で有効なのは月島のみ。

銀城・マユリは評価が難しい。

評価の難しさは環境変化が要因。

3月のアップデート次第になる。

月島を軸に補強方針を立て、

正式告知を待つ選択が良い。