ブレソル血戦篇

ブレソルこと"BLEACH Brave Souls"の情報を発信。様々な視点でブレソルを評価し、プレイヤーの一助になる事を目的とした積極的ブログ。

完全攻略:CFYOW-骸-は引きか?

CFYOW第9弾が登場。

涅骸部隊で再生した破面達が参戦。

CFYOW-骸-ガチャを評価する!!

f:id:sakanadefish:20210214055146p:plain

 

先に結論

f:id:sakanadefish:20210214091814p:plain

『見送り・待機を推奨』

『グルバト重視なら検討』

『判断基準はクールホーン』

 

グルバト色の強い限定ガチャ。

グルバトを重視する場合のみ、

挑戦を検討すべき。

待機の理由については、

戦術・要点の項目で捕捉する。

 

 

結論の理由

①:共闘戦力の質

f:id:sakanadefish:20210214063448p:plain
f:id:sakanadefish:20210214063441p:plain

見送りを推奨する理由。

強ヒット数UPは2体だが、

いずれも強範囲UPを備えていない。

新キャラとしては、

共闘性能で劣ると言える。

クールホーンのアビリティは特殊だが、

共闘を意識した構成ではない。

 

②:グルバト戦力の質

f:id:sakanadefish:20210215091801p:plain

グルバト重視なら検討する理由。 

新キャラ2体がグルバト仕様。

クールホーンは即時投入のROUND1。

ドルドーニは難易度の高いROUND4。

短期的・長期的な補強を実現できる構成。

 

クールホーンは敵を弱化する能力が特徴的。

現環境で考えられる、

全ての弱化アビリティを搭載する。

ドルドーニは敵を封殺する能力が特徴的。

攻撃ステの強化は不可欠だが、

火力ブーストも十分に備える。

両者ともにグルバト戦力として質は高い。

 

③:ROUND日程

f:id:sakanadefish:20210215084656p:plain

クールホーンで判断する理由。

クールホーンはROUND1で使用する。

即時投入を図るならば、

全体ガチャに挑戦するしかない。

ピックアップは26日から。

ROUND1の日程は終了している。

次回は4月19日になる。

 

ドルドーニは期間が重複。

初日からの投入は不可能だが、

3日目から投入可能。

開眼素材だけを揃えておけば、

使用期間は十分に確保できる。

 

 

戦術・要点

①:ガチャ早見表

f:id:sakanadefish:20210214090105p:plain
※宮廷薔薇園ノ美女王は3月4日まで
※車輪鉄燕は3月4日からに公式変更
 

②:ピックアップが得策

全体ガチャ・ピックアップ、

どちらが優位とは言えない構成。

補強を急ぐ必要が無ければ、

ピックアップまで待つのが得策。

月末ガチャの詳細を踏まえて判断できる。

 

③:ドルドーニ VS 剣八

f:id:sakanadefish:20210215100137p:plain

待機が得策の理由。

両者は強2纏い型で共通する。

剣八は常設キャラ。

高難易度で必要な開眼も満たし易い。

育成済みの剣八をまずは起用すべき。

その結果を踏まえて、

ドルドーニの補強を検討したい。

 

ドルドーニは最新性能を有する。

状態異常耐性・火力アビリティなど、

剣八には無い要素を多く備える。

高スコアを狙うには必要な戦力。

攻略だけの場合は様子見すべき。

 

④:新育成要素

ピックアップを選択する事で、

新育成要素の詳細を待てる。

新育成次第で、

霊玉の使途は変わり得る。

大きな変化が控えている以上、

霊玉の即時使用はリスクが伴う。

新育成の観点からも待機が得策。

 

⑤:アビリティ枠

『最大8枠に逆行』

 

今シリーズは最大8枠どまり。

年末・1月末の傾向から逆行。

年末は特例とも考えられるが、

1月末も踏襲している。

アビリティ枠の拡大は継続路線だろう。

アビリティ枠の視点で、

2月中旬は昨年並みと言える。

 

⑥:卍解檜佐木の復刻時期

『2月中の復刻は濃厚』

『復刻は間近』

 

覚醒レイドのボーナス指定。

檜佐木・彦禰を除くボーナスは、

復刻が全て発表済み。

檜佐木・彦禰だけを残している。

復刻は時間の問題だろう。

CFYOW2弾&3弾の復刻は17日まで。

入れ替わりでの登場が最速見込み。

 

CFYOWで最も質が高いバナー。

2月末との入れ替わりも考えられる。

この場合、

21日の復刻になる見込み。

28日まで開催し月末と入れ替わる。 

 

 

プレ評価

f:id:sakanadefish:20210214063444p:plain
f:id:sakanadefish:20210214063441p:plain
f:id:sakanadefish:20210214063448p:plain

①:ドルドーニ(CFYOW.T)

グルバトROUND4対応。

高難易度で違いを出せる存在。 

通常攻撃火力、

強攻撃2の型、

2つの大きな魅力を備えている。

 

通常攻撃火力について。

基礎数値は50%UP。

所属指定のアビリティは自身にも適用。

通常攻撃火力は実質80%UP。

ソウル特性への依存はない。

被ダメ20%を残している点も強み。

攻撃ステを高める事に注力したい。

 

強攻撃2について。

纏い型で敵を封殺できる。

被弾リスクを抑え、

追撃時間の削減にも繋がる。

攻略に安定感をもたらす。

 

②:チルッチ(CFYOW.T)

今シリーズ唯一の共闘戦力。 

状態異常を活かすアビリティ構成も、

強範囲UPの欠落は痛恨。

季節以外の限定シリーズで、

強範囲UPの欠落は昨年2月中旬以来。

1年越しに同じパターンを踏襲。

総合力が伸び悩む事態は不可避。

 

③:クールホーン(CFYOW.T)

グルバトROUND1対応。

高難易度で違いを出せる存在。

弱体・デバフ・防御低下を搭載。

あらゆる手段で、

敵の能力を押し下げる点が魅力。

 

パッシブスキルは毒無効。

状態異常マップにも合致。

オート枠としての適正もあるが、

デバフ・防御低下の活用には操作が適する。

但し強範囲UPは欠落。

赤攻撃で近接が必要になる。

被弾リスクの高さには気を付けたい。 

 

 

当たりトップ5

f:id:sakanadefish:20210214063444p:plain
f:id:sakanadefish:20210214063448p:plain
f:id:sakanadefish:20210214063441p:plain
f:id:sakanadefish:20210214064933p:plain
f:id:sakanadefish:20210214064928p:plain

1位:ドルドーニ(CFYOW.T)

  • 被ダメージ20%Down
  • 通常ヒット数UP
  • 隊長キラー
  • 通常ダメ50%UP
  • 力破面の通常ダメ20%UP
  • 通常攻撃範囲UP
  • クール12をアビ化
  • 麻痺無効

 

2位:クールホーン(CFYOW.T)

  • 強攻撃クールタイム12%短縮
  • 弱体付与(強2以外)
  • 強2衰弱
  • 状態異常延長あり
  • 衰弱延長あり
  • 防御低下能力
  • 毒無効

 

3位:チルッチ(CFYOW.T)

  • 強攻撃クールタイム12%短縮
  • 全攻撃で裂傷付与
  • 心死神への状態異常確率UP
  • 状態異常延長あり
  • 敵裂傷時全ダメ40%UP
  • 毒無効

 

4位:井上織姫(水着2019)

  • 強攻撃クールタイム12%短縮
  • 人間キラー
  • 必殺回復・即死判定
  • 防御低下能力
  • 減速無効
  • 試練の塔15階・極武の回廊19階
  • 戦記1篇ボーナス指定

 

5位:天貝繍助(知属性)

  • 被ダメージ16%Down
  • 通常ヒット数UP
  • 隊長キラー
  • 火傷付与(強攻撃/必殺)
  • 通常ダメ20%UP
  • 知死神の通常ダメ20%UP
  • スーパーアーマー

  

 

最速撤退目安

『20連まで』

 

全体ガチャを深追いする旨味は乏しい。

お得に引ける20連が目安。

狙いが2種類以上であり、

尚且つ開眼を進める場合は重点的に。

☆5確定回は全体ガチャが優位。

狙いの合計確率が1%を下回るまで、

全体ガチャに挑戦したい。 

 

 

リセマラ判定

『なし』

『推しキャラの場合のみ』

 

高性能共闘戦力は無し。

グルバト重視のガチャ。

リセマラには適さない。

新キャラ3体は初めての☆5昇格。 

推しキャラならばリセマラはあり。

 

 

5段階ガチャ評価

『2点』 

 

ニーズが明確に別れる。

高性能共闘戦力の不在は好影響。

ガチャ判断を行い易い。

中旬がグルバト傾向を強めた事で、

月末の共闘性能には期待が高まる。

グルバトor共闘、

重視する項目で補強を判断したい。