ブレソル血戦篇

ブレソルこと"BLEACH Brave Souls"の情報を発信。様々な視点でブレソルを評価し、プレイヤーの一助になる事を目的とした積極的ブログ。

完全攻略:Fierce Battle -戦嵐- は引きなのか?

11月中旬はFierce Battleが登場!!

現世に襲来する破面と死神の激闘が蘇る。

戦嵐ガチャは引きなのか評価する。

f:id:sakanadefish:20201116123426p:plain

 

先に結論

 『見送るべきガチャ』

 

今回の結論は1つ。

確実に見送れるガチャ。 

今年最後の箸休め期間になるだろう。

 

結論の理由

①:常設シリーズ

見送るべき理由。

常設=即見送りとはしたくないが、

闇鍋になる以上ハードルは高い。

新キャラ3体全てが、

即時引くべき性能とは言えない。

特定の目的が無ければ、

闇鍋化を待つべきだろう。

 

②:霊玉回復期間

見送るべき理由。

今年最後の常設ガチャになるだろう。

常設の回数が少なく、

常設が限定ガチャとも言える状況。

限定キャラを優先的に狙うならば、

霊玉を回復させる期間が必要。

この機会を逃すべきではない。

 

③:闇鍋構成

f:id:sakanadefish:20201116144102p:plain
f:id:sakanadefish:20201116144107p:plain
f:id:sakanadefish:20201116144110p:plain

見送るべき理由。

クール14が多数存在する一方、

ヒット数UPを持たない3名が存在。

リンク・戦記など用途はあるが、

共闘使用には適さない。

 

④:戦記クエスト4篇

見送るべき理由。

直近2回のFierce Battleでは、

破面出現篇に焦点が当たっている。

戦記4篇は間違いなく同シリーズ。

ボーナス指定になる見込みは高いが、

戦記の進捗度を踏まえて判断したい。

戦記4篇の投入は来年が濃厚だろう。

4篇実装の告知が無い現在、

ボーナス見込みを狙う必要は無い。

 

⑤:5000万DL記念2弾

f:id:sakanadefish:20201116142844p:plain

見送るべき理由。

16日から第2弾イベントが開幕。

イベント詳細でガチャ情報の告知は無い。

しかし第1弾イベントも同様の流れ。

第1弾は10月30日に告知、

ガチャ実装告知は11月4日。

イベント詳細での告知無しは既定路線。

 

第2弾でも課金パックが販売。

課金パック販売がある以上、

特別ガチャの登場は十分考えられる。

中旬ガチャを見送り、

霊玉を保持して告知を待ちたい。

 

 

戦術・要点

①:ガチャ早見表

f:id:sakanadefish:20201116141843p:plain

 

②:全体ガチャを利用

新キャラを狙うならば、

全体ガチャを利用すべき。

純粋な共闘戦力はグリムジョー。

ピックアップは最後に登場する。

11月の極限共闘は終了しており、

タイムリーな補強とは言えない状況。

日程的にも年末ガチャを意識すべき。

 

特定の1体ではなく、

不特定の新キャラ狙いが最善。

全体ガチャにはクール14が多数存在。

闇鍋常連だが、

妥協点を見出せる存在は有難い。

 

③:待つべきキャラクター

f:id:sakanadefish:20201017225926p:plain
f:id:sakanadefish:20201017225936p:plain

5周年キャラの登場から3ヵ月が経過。

現在待つべきは、

5周年一護と5周年白哉の復刻。

常設扱いにして、

優先的に狙う価値がある。

 

5000万DL記念第2弾イベントに突入。

復刻しない可能性もあるが、

それでも待機する価値はある。

周年キャラは必ず復刻する。

焦らしを待てるか否か。

目に見えない部分での、

製作陣との駆け引きは続く。

 

 

プレ評価

f:id:sakanadefish:20201116124754p:plain
f:id:sakanadefish:20201116124807p:plain
f:id:sakanadefish:20201116124802p:plain

①:グリムジョー(Fierce Battle)

今シリーズの当たりキャラクター。

純粋な共闘戦力かつ良質なリンク要員。

火力特化型を更に強化する火力が魅力。

クール12をアビ化した事で、

千年白哉より大きく進歩している。

 

ただ最も評価すべきは、

チーム効果と所持キラーだろう。

CFYOWスターク・CFYOWハリベルに対し、

強攻撃火力を底上げ出来るのは優秀。

両名と異なる虚キラーを所持することで、

住み分けも明確になる。

唯一の欠点は強範囲UPの欠落。

広範囲への対応力は劣っている。

評価が別れる要素になるだろう。

 

②:班目一角(Fierce Battle)

ハッシュヴァルトに対抗しうる微かな光。

完全なる対抗戦力とは言えないが、

速属性/弱体無効/致死生存に希望を見出せる。

何より評価できる点は、

常設で入手可能だという事だろう。

闇鍋化され開眼育成が行い易くなれば、

将来的に有効なバトル戦力になる。

 

③:エドラド(Fierce Battle)

人間キラーを踏まえれば、

将来的な穿界門/グルバト要員になる。

キラーを度外視する場合、

赤攻撃で敵ガード無効を備える点が強み。

強ヒット数UPの赤攻撃で、

敵ガード無効を備える事例は未だ少ない。

初登場ながら良い枠を獲得したと言える。

ただし強範囲UPの欠落は痛い。

広範囲への対応力は劣っている。

 

 

当たりトップ5

f:id:sakanadefish:20201116124754p:plain
f:id:sakanadefish:20201116124802p:plain
f:id:sakanadefish:20201116124807p:plain
f:id:sakanadefish:20201116124758p:plain
f:id:sakanadefish:20201116124749p:plain

1位:グリムジョー(Fierce Battle)

  • 体力最大時全ダメージ25%UP
  • 火力特化型
  • クール12をアビ化
  • 技・破面の強ダメ20%UP
  • 11月極限指定属性

 

2位:エドラド(Fierce Battle)

  • 強攻撃クールタイム12%短縮
  • 人間キラー
  • 全攻撃で火傷付与
  • 敵火傷時全ダメ20%UP
  • 敵ガード無効

 

3位:班目一角(Fierce Battle)

  • 被ダメージ16%Down
  • 通常ヒット数UP
  • スーパーアーマー
  • 致死ダメージ生存100%
  • 強2バフ/弱体無効

 

4位:朽木ルキア

  • 強攻撃クールタイム14%短縮
  • 全攻撃で氷結/麻痺付与
  • 11月極限指定属性

 

5位:朽木響河

  • 強ヒット×強範囲UP×クール14
  • 麻痺氷結(強2/強3/必殺)
  • 極武の回廊12階

 

 

最速撤退目安

『20連まで』

 

見送りを強く推奨する。

霊玉に余裕がある場合、

お得に引ける20連までが目安。

新キャラを獲得すれば大勝利。

クール14を獲得しても勝ちと言える。

 

  

引くべき人

『火力装備を追求する人』

 

11月23日から極限共闘が開幕。

今月は技属性強化。

火力特化型のリンク装備を求めるならば、

グリムジョーは狙い目。

体力最大時全ダメージUPを持つキャラは、

グリムジョーを含めて3名。

貴重なリンク要員として機能する。 

 

 

リセマラ判定

『適性なし』

 

今回は常設シリーズ。

いずれ必ず闇鍋で登場する。

リセマラは限定ガチャで実施すべき。

狙いのキャラがいるならば、

ピックアップで早々に引き当てたい。

霊玉採掘余力を残し、

月末ガチャ・復刻ガチャに備えたい。

 

 

5段階ガチャ評価

『2点』 

 

闇鍋にクール14を多投。

闇鍋構成に充実感を出し、

中旬ガチャを引かせる狙いは感じる。

今後控える限定ガチャ、

5周年キャラの復刻などを考えれば、

全体的な訴求力の低さは否めない。

今は動かず待機する時期。