ブレソル血戦篇

ブレソルこと"BLEACH Brave Souls"の情報を発信。様々な視点でブレソルを評価し、プレイヤーの一助になる事を目的とした積極的ブログ。

完全攻略:キカイ・ソサエティ-Magic and Steam-は引きか?

キカイ・ソサエティが再始動。

蒸気と魔法の国で新たな物語が紡がれる。

Magic and Steamガチャを評価する!!

f:id:sakanadefish:20210131030712p:plain

 

先に結論

『全体ガチャは良質』

『ビギナー向け』

『年末年始を踏まえ判断』

 

ビギナー向けの要素が多い。

年末年始の補強状況を踏まえて、

挑戦するか否か判断したい。

 

 

結論の理由

①:高性能共闘戦力

f:id:sakanadefish:20210131030727p:plain
f:id:sakanadefish:20210131030722p:plain
f:id:sakanadefish:20210131030718p:plain
f:id:sakanadefish:20210131030737p:plain

全体ガチャが良質な理由。

限定4体が高性能共闘戦力に該当。

いずれも強範囲UP・全種類の火力を搭載。

属性重複は無い。

速属性以外を補強できる。

1体あたりの確率は0.5%。

合計確率は2%という優れた状況。

 

②:バランスの良い闇鍋

f:id:sakanadefish:20210131095516p:plain

全体ガチャが良質であり、

ビギナー向けである理由。

闇鍋から多方面の補強が出来る。

戦記・グルバト・レイド、

いずれも攻略したいコンテンツ。

本命の高性能共闘戦力を狙いつつ、

闇鍋で獲得するのが最善。

 

特に注目すべきは日番谷冬獅郎。

戦記ボーナスであり、

高難易度グルバトにも対応する。

ROUND9は火傷マップが配置予定。

火傷無効が力を発揮する。

 

③:同属性キラー

f:id:sakanadefish:20210131030727p:plain
f:id:sakanadefish:20210131093954p:plain
f:id:sakanadefish:20210131030718p:plain
f:id:sakanadefish:20210131094008p:plain
f:id:sakanadefish:20210131030737p:plain
f:id:sakanadefish:20210131094003p:plain
f:id:sakanadefish:20210131093958p:plain

f:id:sakanadefish:20210131100646p:plain

年末年始を踏まえて判断する理由。

涅ネムを除く3体には、

同属性キラーで赤青対応が存在。

その多くが年末年始に復刻した。

獲得済みならば重複補強になる。

 

新キャラ3体は高性能だが、

総合力採点で赤青対応を上回る事は難しい。

総合力上位の再復刻まで待つのか、

未補強箇所を優先して埋めるのか、

戦力状況を踏まえて判断すべき。

 

 

戦術・要点

①:ガチャ早見表

f:id:sakanadefish:20210131111330p:plain

 

②:全体ガチャ優位

今回は全体ガチャが魅力的。

1体あたりの獲得確率は劣るが、

ガチャ構成でピックアップより良質。

霊玉余力があれば、

全体ガチャの☆5確定を積極利用したい。

ピックアップは1種狙いの場合。

獲得確率1%は今年も不変。

 

③:アビリティ枠の拡大

『8枠から最大10枠へ』

 

千年血戦14弾を皮切りに、

アビリティ枠が最大10へ拡大。

今シリーズにも導入された事で、

アビリティ数の増加は既定路線になった。

アビリティはキャラ性能を構成する要素。

性能重視で補強する場合には、

継続的に注意が必要。

 

④:新育成要素との関係

『関係性は薄い』

 

雫ドロップUPが初実装。

新育成との関係性は薄いと思われる。

強化石/晶に続く雫ドロップUP。

年末年始を機に始めたビギナーへの、

キャッチアップ要素が主目的だろう。

 

仮に新育成要素と関係があっても、

雫の入手経路は多岐に渡る。

開眼素材よりも獲得は容易。

先行者である程、

問題になる事はないだろう。

 

⑤:卍解檜佐木の復刻時期

『2月中旬に可能性あり』

 

CFYOW8弾の復刻は近い。

実装は昨年8月末。

既に5ヵ月が経過。

昨年7月実装の千年血戦10弾は、

12月に復刻した。

CFYOW8弾は直後の限定ガチャ。

次の復刻ラインナップだと言える。

 

2月中旬はCFYOW9弾が濃厚。

CFYOWを再点火するため、

CFYOW8弾が復刻するだろう。

卍解檜佐木は赤青対応。

心属性の補強を狙うなら待つのも一手。

 

 

プレ評価

f:id:sakanadefish:20210131030727p:plain
f:id:sakanadefish:20210131030722p:plain
f:id:sakanadefish:20210131030718p:plain

①:四楓院夜一(キカイ2021)

夜一の排出実績は多いが、

初めて強範囲UPを搭載した。

火傷だが状態異常も維持。

モーション構成は良質。

高性能共闘戦力に名乗りをあげる。

 

最大の魅力は敵ガード無効。

同アビリティが、

赤攻撃に実装される事は少ない。

敵ガード無効で通常攻撃が入る。

夜一の戦闘は白打による近接攻撃。

シーズナルではあるが、

最も夜一らしい戦い方が出来る1枚。

 

②:涅ネム(キカイ2021)

技属性虚キラーに本命が登場。

従来の高性能要素に加え、

技死神の強ダメ20%UPを搭載。

対象範囲が広い条件設定。

高性能共闘戦力でありながら、

バフ役も担える。

遠距離型ながらモーションも良質。

 

③:久南白(キカイ2021)

2018年1月以来の実装。

これまでは全て常設。

今回が初めての限定。

強範囲UP・弱体など、

高性能要素を確実に抑えている。

遠距離特有のモーションは不安要素だが、

稀少な実装機会で共闘戦力は評価できる。

 

雫ドロップUPを備えている。

性能面の印象は悪くなりがちだが、

過度に気にする必要はないだろう。

アビリティ枠が拡大した。

雫ドロップUPを9枠目で獲得している。

更に能力向上の余地があったとも言えるが、

従来のドロップUPとは性能面で一線を画す。

 

 

当たりトップ5

f:id:sakanadefish:20210131030722p:plain
f:id:sakanadefish:20210131030727p:plain
f:id:sakanadefish:20210131030718p:plain
f:id:sakanadefish:20210131030737p:plain
f:id:sakanadefish:20210131030745p:plain

1位:涅ネム(キカイ2021)

  • 強ヒット×強範囲UP×クール12
  • 全攻撃で麻痺付与
  • 技死神の強ダメ20%UP
  • 速虚への状態異常確率UP
  • 氷結無効

 

2位:四楓院夜一(キカイ2021)

  • 強ヒット×強範囲UP×クール12
  • 火傷付与(強2以外)
  • 強2バフ
  • 敵ガード無効
  • 4連瞬歩
  • 毒無効
  • 虚の回避無効

 

3位:久南白(キカイ2021)

  • 強ヒット×強範囲UP×強ダメ20%UP
  • 虚所属
  • 全攻撃で弱体付与
  • クール12をアビ化
  • 敵ガード無効
  • 知の雫ドロップ17%UP

 

4位:卯ノ花烈(キカイ)

  • 強ヒット×強範囲UP×クール12
  • 全攻撃で麻痺氷結付与
  • 敵ガード無効

 

5位:毒ヶ峰リルカ(キカイ)

  • 被ダメージ16%Down
  • 通常ヒット数UP
  • 全攻撃で弱体付与
  • スーパーアーマー
  • 技リンク薬+5(継承限定)
  • 極武の回廊8階・11階

  

 

最速撤退目安

『50連まで』 

 

新キャラ全てが共闘性能。

高性能要素も備えている。

全体ガチャに霊玉を投入するならば、

☆5確定までは進むべき。

闇鍋から得られる収穫もある。

2月以降のガチャと取捨選択。

シーズナルを選ぶなら全体から勝負したい。

 

引くべき人 

『季節重視の先行者』 

 

季節限定はデザイン重視の傾向が強い。

昨年のシーズナルで、

高性能共闘戦力になれた存在は少ない。

今回のシリーズは、

デザインと性能が両立している。

季節限定を重視する先行者には、

お奨め出来るガチャと言える。

 

 

リセマラ判定

『あり』

 

高性能共闘戦力が4体揃う。

素材収集を効率化するキャラも存在。

リセマラ後の進捗にも好影響。

季節限定アカウントを作成するにも、

最適と言えるシリーズになるだろう。 

 

 

5段階ガチャ評価

『3点』 

 

シリーズ導入初年度よりも、

力を増して再始動。

新キャラ全てが共闘戦力。

高性能要素も備えている。

デザインと性能を両立したバナー。

闇鍋構成も評価できる。

全体ガチャの挑戦に追い風が吹いている。