ブレソル血戦篇

ブレソルこと"BLEACH Brave Souls"の情報を発信。様々な視点でブレソルを評価し、プレイヤーの一助になる事を目的とした積極的ブログ。

復刻:千年血戦8弾-神髄ガチャは引きなのか?

千年血戦篇8弾が復刻。

零番隊のみで構成された唯一のガチャ。

神髄ガチャは引きなのか評価する。

f:id:sakanadefish:20201120102537p:plain

 

先に結論

『赤青対応を求めるか否か』

『求めないなら引き』

『求めるなら見送り』

 

判断基準は赤青対応。

赤青対応へのニーズは、

各自の遊び方と深く関わる。 

 

 

結論の理由

①:赤青対応

f:id:sakanadefish:20201120111009p:plain
f:id:sakanadefish:20201120143733p:plain
f:id:sakanadefish:20201120111001p:plain
f:id:sakanadefish:20201120143727p:plain

赤青対応が判断基準の理由。

同属性キラーに赤青対応キャラが存在。

麒麟寺は5周年白哉、

千手丸はCFYOW檜佐木と一致する。

赤青対応を求めるならば、

復刻ガチャは見送るべき。

同属性キラーへの重複補強は非効率的。

 

②:開眼=遊び方

赤青対応が判断基準の理由。

ビギナー・先行者に関わらず、

開眼育成は遊び方の方針を決める。

開眼には多数の霊玉が必要。

課金と最も結合し易いコンテンツ。

 

開眼5を求めないのであれば、

霊玉効率の良い赤青対応を重視すべき。

1人2役が確定するため、

霊玉消費を抑える事が出来る。

5周年白哉が投票SELECTIONで選出確定。

来月の復刻は決定した。

赤青重視なら待機という選択を推奨する。

 

③:闇鍋の推移

f:id:sakanadefish:20201120141741p:plain
f:id:sakanadefish:20201120141731p:plain
f:id:sakanadefish:20201120141723p:plain
f:id:sakanadefish:20201120141745p:plain
f:id:sakanadefish:20201120141736p:plain
f:id:sakanadefish:20201120141727p:plain
f:id:sakanadefish:20201120111031p:plain
f:id:sakanadefish:20201120111035p:plain
f:id:sakanadefish:20201120111005p:plain
f:id:sakanadefish:20201120111012p:plain
f:id:sakanadefish:20201120111022p:plain
f:id:sakanadefish:20201120111017p:plain

闇鍋は堅実性が増した。

上段が前回7月の復刻闇鍋。

下段が今回の復刻闇鍋。

強ヒット数UPが5体に増加、

ソウル特性も共闘仕様へ改善傾向。

 

闇鍋超常連の拳西を含むが、

リンクの幅を増やせる闇鍋構成。

速属性の体力最大時全ダメUPなど、

目玉キャラと連動している。

闇鍋構成として悪い部類ではない。

 

 

当たりトップ5

f:id:sakanadefish:20201120111009p:plain
f:id:sakanadefish:20201120111001p:plain
f:id:sakanadefish:20201120111026p:plain
f:id:sakanadefish:20201120111031p:plain
f:id:sakanadefish:20201120111035p:plain

①:麒麟寺天示郎(千年血戦)

  • 強ヒット×強範囲UP×クール12
  • 全攻撃で麻痺付与
  • 速属性死神の強ダメ20%UP
  • 自動復活付与
  • 3連瞬歩

 

②:修多羅千手丸(千年血戦)

  • 強ヒット×強範囲UP×クール12
  • 裂傷付与(強2以外)
  • 知属性破面への状態異常確率UP
  • 状態異常延長あり
  • 敵裂傷時全ダメ40%UP

 

③:曳舟桐生(千年血戦)

  • 被ダメージ16%Down
  • 通常ヒット数UP
  • スーパーアーマー
  • 強2バフ回復
  • 回復全体化/回復効果UP

 

④:虎徹勇音

  • 強攻撃クールタイム12%短縮
  • 麻痺付与(強2以外)
  • 進入時回復をアビ化

 

⑤:有昭田鉢玄(現世)

  • 強攻撃クールタイム12%短縮
  • 虚所属
  • 麻痺付与(強2以外)

 

 

引くべき人

『開眼を狙う人』

 

前回は7月初旬に復刻。

4ヵ月ぶりの復刻になった。

このスパンを継続すれば、

次回の復刻は来年3月。

開眼育成を進めるならば、

今回の復刻を利用したい。

闇鍋構成もそこまで悪くはない。

 

12月の極限共闘は速属性。

11月に麒麟寺を獲得する事で、

来月の極限共闘に投入できる。

白哉の登場は12月下旬が濃厚。

獲得から投入まで慌ただしくなる。

育成期間に余裕を持たせるならば、

11月に獲得できる点はプラス。 

 

 

最速撤退目安

『50連まで

 

目玉キャラの性能を踏まえれば、

☆5確定回までは狙うべき。

ただし月末ガチャが控えている。

CFYOWに期待している場合、

深追いの程度には十分注意しよう。 

ガチャ開催期間は27日16時前まで。

月末ガチャの詳細を待てない状況だ。 

 

 

リセマラ判定

『零番隊推しならばOK』

 

神髄ガチャの最大の特徴は、

零番隊だけで構成されている点。

現段階の排出で、

共闘性能をもつ零番隊は2体のみ。

今回の麒麟寺と修多羅が該当する。

零番隊を共闘で使うならば、

このガチャを逃すべきではない。

 

  

5段階ガチャ評価

『3点』

 

麒麟寺は5周年キャラに迫る総合力。

赤青対応などの利便性には劣るが、

速属性死神キラーとしては主要戦力。

狙う価値は十分ある。

闇鍋は目立ちはしないが堅実構成。

全ダメージUPが2種類含まれている。

リンクの幅を増やすことが出来る。