ブレソル血戦篇

ブレソルこと"BLEACH Brave Souls"の情報を発信。様々な視点でブレソルを評価し、プレイヤーの一助になる事を目的とした積極的ブログ。

完全攻略:水着ガチャ2021は引きか?

6月末は水着ガチャ!!

卯ノ花・ルキアがバカンスを満喫。

水着ガチャ-サマータイム-を評価する!!

f:id:sakanadefish:20210628144530p:plain

 

先に結論 

f:id:sakanadefish:20210629203409p:plain

『見送りがベスト』

『パック購入はあり』

『ピックアップ推奨』

 

 

結論の理由

①:6周年記念

見送りがベストである理由。

周年記念まで1ヵ月を切っている。

人気度の高い水着ガチャに挑戦すれば、

周年前半から霊玉の遣り繰りは不可避。

周年重視ならば避けるべきガチャ。

 

②:復刻ラッシュの気配

f:id:sakanadefish:20210629222339p:plain
f:id:sakanadefish:20210629222343p:plain
f:id:sakanadefish:20210629222351p:plain
f:id:sakanadefish:20210629222334p:plain
f:id:sakanadefish:20210629222347p:plain
f:id:sakanadefish:20210629222330p:plain

パック購入はありの理由。

ガチャ同日からチケットパックが販売。

高確率で新キャラを狙える。

霊玉消費を避けたい7月。

水着キャラを狙うならば購入がお奨め。

 

7月序盤は例年復刻ラッシュ。

7月レイドの詳細から、

高性能キャラが順次登場する見込み。

掲載6体はあくまで代表例。

高性能共闘戦力・素材収集・通常ヒット、

上半期で最も充実した復刻ラインナップ。

パック購入で霊玉追加も満たせる。

 

③:開催日程

f:id:sakanadefish:20210630003033p:plain

ピックアップを推奨する理由。

ピックアップを待てば、

6周年キャラの情報を得られる。

周年開始までに復刻ガチャも登場する。

7月は卍解生放送からが勝負。

復刻ガチャを比較検討しつつ、

挑戦するガチャを絞って補強すべき。

 

 

戦術・要点

①:ガチャ早見表

f:id:sakanadefish:20210629134639p:plain

 

②:昨年との違い

f:id:sakanadefish:20210628145639p:plain
f:id:sakanadefish:20210628145634p:plain
f:id:sakanadefish:20210628150425p:plain
f:id:sakanadefish:20210629222343p:plain

『使用保証のアビリティ』

『上位互換の心配軽減』

 

昨年は力属性・破面キラーが連続実装。

6月末実装の涅ネムが、

1ヵ月で総合力上位を明け渡した。

昨年水着ガチャを経験していれば、

今年の新キャラにも不安感は伴うだろう。

 

今年はアビリティ使用保証で固めている。

卯ノ花は力リンク薬+5。

ルキアはクール14。

高性能共闘戦力でありながら、

補強価値を維持できる特徴を持つ。

6周年に向けて霊玉温存を推奨するが、

昨年よりも挑戦し易い要素はある。

 

③:アリーナの視点

『見送るべき』

 

アリーナは推しキャラを推奨するが、

性能重視の視点では見送るべき。

卯ノ花は素材収集アビリティを持つ。

開眼・継承要素は持ち込めない。

有効なアビリティ数が重要になる。

 

ルキアは麻痺・毒・火傷を無効化できる。

敵の状態異常には強いが、

アリーナでの有効性は極めて限定的。

状態異常を避ける以前に、

敵からの被弾を避ける事が最重要。

現状では妖平子、

麻痺確率付与への対策と言える。

 

 

プレ評価

f:id:sakanadefish:20210628145639p:plain
f:id:sakanadefish:20210628145634p:plain

①:卯ノ花烈(水着2021)

高性能要素を持つ素材収集キャラ。

総合力41点を記録。

同役割の雛森桃には強範囲UPが無い。

卯ノ花を使用する事で、

より快適・効率的に素材収集が可能。

 

弱体・防御低下・敵ガード無効など、

ダメージ量を稼げるアビリティを持つ。

素材収集型とはいえ、

高難易度共闘でも活躍できる。

重宝する存在にはなるだろう。

 

②:朽木ルキア(水着2021)

高性能要素を持つ初の心属性・死神キラー。

総合力43点を記録。 

火傷無効・毒無効の2種を持つ。

スリップダメージ系に対応する事で、

高難易度マップを自由に動ける。

赤攻撃で敵ガード無効も備えており、

体力最大を維持した接近戦を展開し易い。

 

同属性キラーの主戦力になれる存在だが、

昨年の涅ネムは気掛かり。

属性キラーの状況・実装経緯は類似する。

クール14のアビリティ保証はあるが、

重要性を感じなければ見送りも選択肢。

 

 

当たりトップ5

f:id:sakanadefish:20210628145634p:plain
f:id:sakanadefish:20210628145639p:plain
f:id:sakanadefish:20210628150421p:plain
f:id:sakanadefish:20210628150429p:plain
f:id:sakanadefish:20210628150425p:plain

1位:朽木ルキア(水着2021)

  • 強ヒット×強範囲UP×クール14
  • 基礎火力(20/20/40)
  • 麻痺付与
  • 敵ガード無効
  • 火傷無効/毒無効

 

2位:卯ノ花烈(水着2021)

  • 強ヒット×強範囲UP×クール12
  • 基礎火力(20/20/40)
  • 弱体付与
  • 敵ガード無効
  • 防御低下能力
  • 必殺回復
  • 麻痺無効
  • 力リンク薬+5(継承の間)

 

3位:アパッチ(水着2020)

  • 強ヒット×強範囲UP×クール12
  • 十刃キラー
  • 基礎火力(40/40/60)
  • 防御低下能力
  • 弱体無効
  • 必殺回復
  • 修練10階

 

4位:ハリベル(水着2020)

  • 通常攻撃ダメージ25%UP
  • 通常ヒット×破面キラー
  • 基礎火力(<65>/50/40)
  • スパアマ
  • 弱体無効
  • 修練8階・極武9階

 

5位:涅ネム(水着2020)

  • 強ヒット×強範囲UP×クール12
  • 基礎火力(20/20/40)
  • 麻痺付与
  • 弱体無効
  • 試練9階

  

 

最速撤退目安

『10連まで』

 

挑戦する場合は10連まで。

チケットパックを購入すれば、

初回10連の霊玉は賄える。

周年記念ガチャに影響を出さない様、

霊玉消費0状態で打ち止めたい。

 

 

リセマラ判定

『余裕があれば20連』

『深入りは不要』

 

高性能共闘戦力が4体。

獲得機会が少ない破面所属、

いずれ必要になる十刃キラーも狙える。

手札が充実する要素はある。

霊玉採掘が順調に進み、

霊玉余力があれば挑戦も検討したい。

ただしお得に引ける20連までが目安。

 

 

5段階ガチャ評価

『2点』 

 

有効なアビリティを持つ新キャラ2体。

単体では悪くないが、

昨年6月と性能環境が異なる。

5周年以降に性能インフレは加速、

昨年を代表するキャラクター達が生まれた。

その様なキャラが復刻見込み。

相対的に新ガチャの魅力は低減する。