ブレソル血戦篇

ブレソルこと"BLEACH Brave Souls"の情報を発信。様々な視点でブレソルを評価し、プレイヤーの一助になる事を目的とした積極的ブログ。

水着ガチャ-TROPICALは引きか?

水着ガチャのピックアップ第2弾。

涅ネムが夏の現地調査姿で登場。

TROPICALガチャが引きなのか評価する。

f:id:sakanadefish:20200702133321p:plain

 

先に結論

『基本的に見送るべき』

『霊玉余力があれば1枚狙い』

 

ネムは高い共闘性能を備える。

しかし今回は見送るのが基本路線。

開眼度外視ならば狙う選択肢もある。

 

 

結論の理由

1、闇鍋の構成

基本的に見送る理由。

大前田と砕蜂は強ヒット数UPの対象外。

虹演出で共闘キャラが確定せず、

戦力補強の確実性が低い。

朽木響河の存在は魅力的だが、

既に闇鍋常連になっている。

今回のガチャ以外で入手機会はある。

 

2、霊玉の集中

基本的に見送る理由。

ネムの共闘性能は高い。

力属性破面キラーの本命的な存在。

しかしガチャの視点で見た場合、

開眼狙いで霊玉投下すべきではない。

高性能キャラの開眼を狙うのであれば、

5周年後半に霊玉を集中すべき。

複数の限定キャラを同時に開眼可能。

資源効率に優れている。

 

3、霊玉の分散

余力があれば1枚狙いの理由。

霊玉余力が無ければ、

1枚狙いでも回避が良い。

5周年後半に優先基準を据えるべき。

ピックアップ開催期間は25日まで。

5周年後半の新キャラ性能は不明。

先手を打たず待機する方が無難。

 

霊玉余力があり開眼度外視の場合、

涅ネムは狙うに値する存在。

長期的な性能寿命は確実、

力属性破面キラーのトップ戦力になる。

 

 

キャラ別3要素

f:id:sakanadefish:20200715202936p:plain
f:id:sakanadefish:20200715202940p:plain
f:id:sakanadefish:20200715202706p:plain
f:id:sakanadefish:20200715202945p:plain
f:id:sakanadefish:20200715202932p:plain
1、涅ネム(水着2020)
  • 強攻撃クールタイム12%短縮
  • 強範囲UP
  • 全攻撃で麻痺付与

 

2、朽木響河(復活の邪曲)
  • 強攻撃クールタイム14%短縮
  • 強範囲UP
  • 麻痺(強2/必殺)氷結(強3)

 

3、砕蜂(水着)
  • 通常攻撃ダメージ20%UP
  • 麻痺付与(強1/強3/必殺)
  • 通常攻撃範囲UP

 

4、ルピ
  • 強攻撃クールタイム12%短縮
  • 全攻撃で麻痺付与
  • 通常攻撃範囲UP

 

5、大前田希千代(共刀)
  • 瀕死時全ダメージ30%UP
  • 必殺技ヒット数UP
  • 防御低下/緊急回避+2

 

 

引くべき人

「涅ネム推しの人」

 

水着シリーズは2回目の登場だが、

共闘戦力としては実質初めて。

女性キャラでも人気のある存在。

どうしても水着ネムを使いたいならば、

ピックアップを活用したい。

推しキャラは最も大事な要素だ。

 

 

最速撤退目安

「20連まで」

 

5周年後半に霊玉を残す前提なら、

深追い出来ないのが実情。

20連でネム/響河が出ていれば大勝利。

ネムへの優先度合いが高ければ、

最速撤退目安を50連まで拡大すべき。

それ以降はネム推しの領域になる。

 

 

5段階ガチャ評価

「2点」

 

闇鍋3体は微妙だが、

強範囲UP持ちの高性能が2体。

5周年前半と重複するが、

5周年後半の情報は得られない。

キャラ単体を重視するのか、

ガチャ全体を重視すのか、

価値基準を明確にして決断したい。