ブレソル血戦篇

ブレソルこと"BLEACH Brave Souls"の情報を発信。様々な視点でブレソルを評価し、プレイヤーの一助になる事を目的とした積極的ブログ。

完全攻略:千年血戦篇ガチャ-宿望-は引きなのか?

9月末は千年血戦篇が登場!!

神に匹敵する力が解放される。

シリーズを貫くガチャ戦術を構築する。

f:id:sakanadefish:20200928205755p:plain

 

先に結論

『見送りを推奨する』

『ピックアップを利用する』

『卍解檜佐木の圧倒的優位』

 

結論は3つ。

最初の2つが今シリーズの結論。

最後の結論はCFYOWとの比較による。

攻略記事の作成を急いだ。

卍解檜佐木の入手はまだ間に合う!!

 

 

結論の理由

①:同属性キラー

f:id:sakanadefish:20200928233632p:plain
f:id:sakanadefish:20200929020213p:plain
f:id:sakanadefish:20200929020209p:plain

見送りを推奨する理由。

リジェは力属性の遠距離型・死神キラー。

帰刃彦禰・妖白哉と完全重複する。

いずれも高性能共闘戦力だが、

同属性キラーへの戦力補強は不要。

彦禰を獲得した人、

白哉の育成が進んでいる人、

リジェを見送って良い手札状況だ。

 

②:補強タイミング

見送りを推奨する理由。

グレミィは知属性。

知属性の極限共闘は今月終了した。

極限共闘に向けて補強するならば、

次回の使用は5ヵ月後。

 

5ヵ月で他の選択肢は登場するだろう。

属性だけに拘るならば、

間違いなく排出される。

極限共闘が終了した現時点で、

即補強する必要があるのか吟味すべき。

 

③:闇鍋の質

ピックアップを推奨する理由。

闇鍋の質は非常に悪い。

闇が深いと表現できる。

性能よりも所属バランスを意識した構成。

先行者には厳しい内容。

獲得を狙う数によるが、

ピックアップを有効活用すべき。

 

④:卍解檜佐木の優位性

f:id:sakanadefish:20200929134108p:plain

卍解檜佐木を獲得すべき理由。

汎用性に優れている。

攻撃無効貫通を備える事で、

グルバトは2ラウンド対応。

極限共闘は1人2役になる。

 

七緒はグルバト特化の傾向。

アパッチと役割が重複する。

グルバト完全攻略を目指すならば、

補強選択肢に入る。

各自の遊び方次第と言える。

 

⑤:小西克幸さんから

f:id:sakanadefish:20200928235730p:plain

卍解檜佐木を獲得すべき理由。

TGS卍解生放送から抜粋。

小西克幸さんはビデオレターで参加。

生放送に登場する機会は減少したが、

小西さんは常連メンバー。

性能面・PR面での優遇を感じる。 

ガチャ期日は9月30日まで!!!

 

 

シリーズ戦術・要点

①:ガチャ早見表

f:id:sakanadefish:20200929043807p:plain

 

②:補強戦術

『卍解檜佐木+α』 

 

卍解檜佐木を確実に抑える。

千年血戦篇11弾はαに該当、

補強の必要に応じてピックアップで狙う。

シリーズとして闇鍋の質は悪いが、

ピックアップには長所を見出せる。

 

α=0という場合がある。

補強の必要が無ければ、

霊玉を使わず見送るべき。

卍解檜佐木の開眼を進める選択、

BTWへの備えを強化する選択、

各自の狙いに合わせた戦術を取れる。

 

③:ガチャの背景

f:id:sakanadefish:20200929035956p:plain

千年血戦11弾と6弾は密接に関係。

昨年9月末の千年血戦6弾を前提として、

今年9月末の千年血戦11弾が構成される。

 

この様な年跨ぎ連動型は珍しい。

具体的な理由は測りかねるが、

この前提をどう捉えるかが焦点。

年跨ぎで赤青が揃う=長所と見るか、

ガチャの独自性を損なう=短所と見るか、

ガチャ判断の指標になる。

 

④:性能インフレ

『インフレ無し』

 

2019年の様なインフレは無い。

2019年下半期の次元を継続している。

現段階で注意を払うべきは、

攻撃無効貫通の排出。

当該アビリティは次項⑤で言及する。

 

⑤:攻撃無効貫通 

f:id:sakanadefish:20200929024309p:plain

排出状況を整理した。

千年血戦篇で攻撃無効貫通は未出。

万物貫通を持つリジェも備えていない。

 

現段階で技と知が空白。

1属性1キャラは排出されるだろう。

限定性の項目を見れば、

BTWでの登場可能性が高いと予想できる。

BTWは主人公2名の排出が告知済み。

TGS生放送でCVが登場。

既出の3キャラに類似する条件が揃う。

 

 

リリース前の所感

f:id:sakanadefish:20200928233632p:plain
f:id:sakanadefish:20200928233623p:plain
f:id:sakanadefish:20200928233627p:plain

①:リジェ(千年血戦ver)

敵ガード無効・潜伏無効を備える。

強ヒット数UPでは初めて。

火力特化型の構成と相性が良い。

欠点の無い強攻撃モーションで、 

あらゆる敵に高火力を叩き込める。

懸念事項は通常攻撃。

一般的な遠距離型の形態とは異なる模様。

使用感を必ず確認しよう。

 

②:グレミィ(千年血戦ver)

全状態異常無効が最大の魅力。

千年マユリ以来となる2例目。

必殺技に自動復活も備え、

アビリティの充実度は間違いない。 

唯一にして大きな欠点は吹飛型の強1。

強1の欠点を受容するか否か、

補強を決めるうえでの重要な判断材料。

 

③:伊勢七緒(千年血戦ver)

グルバト仕様の性能。

十刃キラーを備える。

グルバトでの必要性がニーズに直結。

攻略を手堅くするならば補強、

9週毎の使用と捉えるならば見送り。

アビリティは無難。

モーションに吹飛要素はない。

 

 

当たりトップ5

f:id:sakanadefish:20200928233623p:plain
f:id:sakanadefish:20200928233632p:plain
f:id:sakanadefish:20200928233627p:plain
f:id:sakanadefish:20200928233615p:plain
f:id:sakanadefish:20200928233619p:plain

1位:グレミィ(千年血戦ver)

  • 強ヒット×クール12×強範囲UP
  • 火傷・裂傷付与
  • 全状態異常無効・自動復活

 

2位:リジェ(千年血戦ver)

  • 強ヒット×クール12×強範囲UP
  • 火力特化型
  • 敵ガード無効・潜伏無効

 

3位:伊勢七緒(千年血戦ver)

  • 強ヒット×クール12×強範囲UP
  • 十刃キラー
  • 麻痺付与(強2以外)

 

4位:朽木白哉(幼少ver)

  • 強ヒット×クール12×強範囲UP
  • 無所属キラー
  • 裂傷・火傷付与

 

5位:ノイトラ(番傘ver)

  • 強攻撃クールタイム12%短縮
  • 全攻撃で火傷付与
  • 防御低下能力

 

 

最速撤退目安

『20連まで』

 

霊玉がお得な20連が目安。

シリーズを通して闇が深い。

特定の狙いがあるならば、

各種ピックアップを優先すべき。 

ピックアップ勝負にすることで、

10月中旬・月末ガチャと比較可能。 

 

 

引くべきではない人

『性能を重視する人』

『BTWを狙う人』

 

9月末現在、

性能インフレは生じていない。

共闘戦力で注目すべきは攻撃無効貫通。

新キャラ3体は備えていない。

性能重視ならば引くべきではない。

 

BTWの登場は確実に近い。

明確な時期は提示されていないが、

COMING SOONとある以上、

10月末までに登場すると見るべき。

BTW重視ならば霊玉は温存したい。

 

 

リセマラ判定

『中程度の適性』

 

共闘性能に優れたキャラは少ないが、

所属の多様性を確保できる。

死神・滅却師・破面・虚、

4種族がバランスよく狙える。

穿界門攻略に好影響と言える。

 

 

5段階ガチャ評価

『2点』 

 

ガチャ構成に奥深さを感じるが、

背景に囚われ独自性を損ねた感は強い。

結果として先月末と属性が完全重複、

性能で上位とも言い難い。

卍解檜佐木の引き立て役、

BTW待機組への温存指示、

一歩控え目な千年血戦篇になるだろう。