ブレソル血戦篇

ブレソルこと"BLEACH Brave Souls"の情報を発信。様々な視点でブレソルを評価し、プレイヤーの一助になる事を目的とした積極的ブログ。

完全攻略:千年血戦篇ガチャ-明日-は引きなのか?

千年血戦篇が3ヵ月連続で登場!!

黒崎家と石田家の縁が明かされる。

千年血戦篇13弾を評価する。

f:id:sakanadefish:20201129212549p:plain

 

先に結論

『補強ポイントを再確認』

『取捨選択が重要』 

『見送る事ができるガチャ』

 

11月末のガチャ判断は最重要。

実質の1ヵ月開催。

年末までを視野に入れる必要がある。

全てのガチャに全力投球は出来ない。

補強ポイントを確認して判断しよう。

 

 

結論の理由

①:今後の主要ガチャ

f:id:sakanadefish:20201130174503p:plain

補強ポイントを再確認する理由。

取捨選択をすべき理由。

12月は高性能キャラが順次登場。

投票SELECTIONでは5周年キャラ。

年末には限定ガチャ。

補強の対象となるガチャが多い。

霊玉の投下先を絞る必要がある。

 

千年血戦10弾の復刻は濃厚。

剣八覚醒レイドのボーナス指定に、

同シリーズの3体が含まれている。

覚醒レイドは1ヵ月のみ開催。

復刻時期は間違いなく年内だろう。

 

②:力属性・死神キラー

f:id:sakanadefish:20201130091731p:plain
f:id:sakanadefish:20201130175812p:plain
f:id:sakanadefish:20201130175822p:plain
f:id:sakanadefish:20201130175724p:plain
f:id:sakanadefish:20201130181021p:plain

補強ポイントを再確認する理由。

石田竜弦は力属性・死神キラー。

同属性キラーは、

直近に多数排出されている。

重複補強に該当しないか要確認。

 

f:id:sakanadefish:20201130180854p:plain

取捨選択をすべき理由。

力属性死神キラーは、

投票SELECTIONで2種類登場する。

赤青1体ずつの構成。

所持キラーは異なるが、

力属性最上位の5周年一護も狙える。

力属性を総合的に補強するのか、

赤青対応の死神キラーを求めるのか、

補強ポイントで取捨選択すべき。

 

③:速属性・虚キラー

f:id:sakanadefish:20201130091734p:plain
f:id:sakanadefish:20201130092905p:plain
f:id:sakanadefish:20201130181909p:plain
f:id:sakanadefish:20201130181917p:plain
f:id:sakanadefish:20201130181904p:plain
f:id:sakanadefish:20201130181913p:plain

f:id:sakanadefish:20201130183711p:plain

取捨選択をすべき理由。

志波一心は速属性・虚キラー。

同属性キラーは、

投票SELLECTIONでも多数登場。

両方のガチャを引けば、

重複補強は避けられない状況。

特徴と性能でガチャを選択すべき。

 

千年血戦13弾はサポートに優れる。

一心はチーム効果で火力を底上げ。

夜一は機動力でステージ移動を短縮。

チームに貢献できる能力で、

共闘環境をより円滑に出来る存在。

 

投票SELECTIONは戦力確保に優れる。

総合力採点のばらつきが少なく、

赤青をバランスよく狙える。

5周年白哉は1人4役を兼ねる。

速属性を総合的に補強する事が出来る。

 

④:真咲VSハッシュヴァルト

f:id:sakanadefish:20201130190128p:plain

取捨選択をすべき理由。

共闘戦力補強の流れで、

黒崎真咲を複数枚獲得。

開眼育成を経て、

バトル起用する展開は想定できる。

 

しかし真咲を選択するよりは、

ハッシュヴァルトの復刻を待つべき。

現バトル環境に於いて、

ハッシュヴァルトのバトル特化は異常。

比較表を見ても一目瞭然だろう。

真咲は純粋なバトル戦力とは言えない。

開眼5を目指すならば、

ハッシュヴァルトを選択する方が効果的。

 

⑤:年末への期待度

見送るべき理由。 

3ヵ月連続の千年血戦篇ガチャ。

年末ガチャが読みづらい展開。

例年通り千年血戦篇ならば、

4ヵ月連続という事になる。

 

今回のガチャは昨年末に近似。

11月に年末構成を投入したと言える。

年末への期待度に対し、

製作側自らがハードルを上げている。

年末重視で霊玉を整えるべきだろう。

 

 

戦術・要点

①:ガチャ早見表

f:id:sakanadefish:20201130111346p:plain

 

②:全体ガチャの希少性

千年血戦4弾が初の闇鍋化。

7月以来の復刻だが、

前回は他シリーズと合同復刻。

千年血戦4弾だけを狙うには、

今回のガチャが最適。

 

千年血戦の闇鍋化は昨年末以来。

稀少性は非常に高い。

一堂に会する機会を逃せば、

合同復刻待ちが濃厚になる。

ピックアップでの闇鍋化は、

千年血戦2弾まで進行中。

千年血戦4弾は随分先になるだろう。

 

③:千年血戦4弾の性能

f:id:sakanadefish:20201130195153p:plain

現環境と同等とは言えない。

強範囲UP・強攻撃火力などを、

アビリティで備えていない。

総合力採点では夜一が健闘。

高性能アビリティは欠落しているが、

性能の幅は現環境でも通用。

闇鍋で最も当たりの存在になる。

 

④:赤青対応の普及

f:id:sakanadefish:20201130091731p:plain
f:id:sakanadefish:20201130200857p:plain
f:id:sakanadefish:20201130200908p:plain
f:id:sakanadefish:20201130200903p:plain
f:id:sakanadefish:20201121231418p:plain
f:id:sakanadefish:20201121231413p:plain

千年血戦に赤青対応が普及。

時期尚早ではあるが、

普及状況の緩和と見ても良いだろう。

主人公・記念・コラボに限らず、

限定シリーズならば獲得機会はある。

石田竜弦はアビリティ普及の、

先駆け的な存在だと言える。

 

⑤:パッシブスキル排出

f:id:sakanadefish:20201130200211p:plain

順序は極限共闘と合致する。

各属性で1種類が出回るまでは、

排出サイクルを維持する見込み。

属性排出時期の参考になる。

開眼の間は復刻開催が発表済み。

既に排出済みの属性については、

連続での排出可能性は否めない。

 

 

プレ評価

f:id:sakanadefish:20201130091731p:plain
f:id:sakanadefish:20201130091734p:plain
f:id:sakanadefish:20201130091739p:plain

①:石田竜弦(千年血戦/過去篇)

今シリーズの当たりキャラ。

ソウル特性にクール14を備え、

強攻撃火力は特化型を上回る。

赤青対応で利便性も高い。

唯一の懸念材料は強2斬華輪。

 

5周年以降の4ヵ月間で、

同属性キラーが3体登場している。

帰刃彦禰・リジェを補強していれば、

竜弦へのニーズは低いだろう。

いずれも高性能であり大差はない。

 

②:志波一心(千年血戦/過去篇)

千年シリーズ定番の速属性虚キラー。

同属性キラーで最上位になる。

完成度の高いモーション構成に加え、

高性能アビリティも備えている。

使用感として問題は全くないだろう。

 

サポート性能に関して。

速属性隊長の強ダメを底上げする。

千年京楽・千年山爺・5周年白哉など、

好相性のキャラは多数存在。

その一方で隊長は限定範囲。

千年夜一・麒麟寺などには発動しない。

汎用性では麒麟寺が1枚上手と言える。

 

③:黒崎真咲(千年血戦/過去篇)

オートが主戦場。

バトル・共闘は使用に難を残す。

通常攻撃火力が非常に高く、

バトルでの起用も十分可能。

しかしソウル特性が通常攻撃UP。

被ダメージを抑える能力には欠けている。

無所属キラーの有効性も現段階では低い。

 

通常ヒット数UPで敵ガード無効を備える。

共闘使用は可能だが、

開眼育成は必須。

アビリティに必殺技ダメージUPがない。

開眼育成で霊圧数値の底上げが必要になる。

 

 

当たりトップ5

f:id:sakanadefish:20201130091731p:plain
f:id:sakanadefish:20201130091734p:plain
f:id:sakanadefish:20201130091739p:plain
f:id:sakanadefish:20201130092905p:plain
f:id:sakanadefish:20201130092909p:plain

1位:石田竜弦(千年血戦/過去篇)

  • 強ヒット×クール14×強範囲UP
  • 超火力特化型
  • 赤青対応

 

2位:志波一心(千年血戦/過去篇)

  • 強ヒット×クール12×強範囲UP
  • 全攻撃で火傷付与
  • 速属性隊長の強ダメ20%UP
  • 虚の回避無効
  • 毒無効

 

3位:黒崎真咲(千年血戦/過去篇)

  • 通常攻撃ダメージ20%UP
  • 通常ヒット数UP
  • スーパーアーマー
  • 敵ガード無効
  • 潜伏無効

 

4位:四楓院夜一(千年血戦)

  • 強攻撃ダメージ20%UP
  • 全攻撃で麻痺付与
  • 必殺変身
  • 通常範囲UP
  • 4連瞬歩

 

5位:黒崎一護(千年血戦/卍解)

  • 強攻撃クールタイム12%短縮
  • 強2変身バフ
  • 麻痺無効・弱体無効

 

 

引くべき人

『千年血戦4弾を狙う人』

 

全体ガチャを引くか否かの判断基準。

新キャラよりも、

千年闇鍋化の希少性が先立つ。

千年血戦4弾の開眼を進めるならば、

今回のガチャは絶好機。

 

 

最速撤退目安

『必要な開眼達成まで』

『50連まで』

 

焦点は千年血戦4弾の開眼。

狙いのキャラクターを完成させたい。

新キャラの開眼も狙う場合、

千年血戦4弾完成までは全体ガチャ。

完成次第ピックアップへ移行したい。

 

新キャラを2種以上を狙うならば、

全体ガチャで挑戦すべき。

全体ガチャの闇鍋は、

ピックアップより優れている。

撤退目安は☆5確定の50連。

 

 

リセマラ判定

『限定キャラ集めに最適』

 

千年血戦4弾が初の闇鍋化。

稀少性の高いガチャ。

全体ガチャの半分を、

千年血戦シリーズが占める。

復刻ガチャの条件は厳しい。

千年血戦を重視するならば、

この機会にリセマラしたい。

 

 

5段階ガチャ評価

『3点』 

 

見栄えとしては4点。

常設・シーズナルの闇鍋より、

千年血戦の闇鍋は特別感がある。

 

しかし特別感はあるものの、

現環境では遅すぎた感が否めない。

奇しくも投票SELECTIONと内容が重複。

偶然か意図的かは不明だが、

ガチャを選択し易い状況は好都合。

補強ポイントを再確認し、

局所戦術に持ち込みたい。