ブレソル血戦篇

ブレソルこと"BLEACH Brave Souls"の情報を発信。様々な視点でブレソルを評価し、プレイヤーの一助になる事を目的とした積極的ブログ。

復刻:TYBW-訣別-ガチャは引きか?

千年血戦10弾が再登場。

今回は3弾・8弾との合同復刻。

千年血戦-別離-ガチャを評価する!!

f:id:sakanadefish:20210320113547p:plain

 

先に結論

f:id:sakanadefish:20210320165600p:plain

『検討は25日から』

『決定は28日以降』

『お奨め出来るガチャ』

『ハッシュ1枚を狙う』

 

 

結論の理由

①:月末動向を待つ

f:id:sakanadefish:20210320172631p:plain

最終決定が28日以降である理由。

月末にかけて動きが集中。

25日に新育成実装。

28日に月末ガチャ告知。

復刻ガチャは31日16時前まで。

全ての情報を把握する事ができる。

復刻初日からの挑戦は避けるべき。

 

②:新育成とバトル戦力

f:id:sakanadefish:20210320173500p:plain
f:id:sakanadefish:20210320173604p:plain

25日から検討する理由。

追加アビリティの内容次第で、

戦力補強指針が変化する。

先日の公式紹介動画から、

敵バリア貫通は選択可能と判明した。

 

ハッシュヴァルトが備える

2つの特化アビリティを要確認。

選択可能であれば、

獲得の重要性は多少緩和される。

育成でアビリティを得る手間を、

霊玉消費で割愛する考え方へと変わる。

補強方針の確認を25日から行うべき。

 

③:2大戦力の特徴

f:id:sakanadefish:20210320115629p:plain
f:id:sakanadefish:20210320183152p:plain

f:id:sakanadefish:20210320193926p:plain

どちらか1枚は必ず入手したい。

最上位戦力は勝率の安定を齎すが、

安定を齎す方向性が異なる。

 

ハッシュヴァルトは攻撃的。

開始10秒で敵の頭数を減らす事で、

数的優位を作り勝利する。

自チームのボム取得率も、

相手の頭数を減らせれば取り易い。

必殺ボムの不確実性を抑制する。

攻撃的な面から勝率が安定する。

 

月島秀九郎は守備的。

月島の強みは対ハッシュヴァルト。

開始10秒を耐えきり、

10秒以降はハッシュヴァルトを圧倒。

月島を所持していれば、

ハッシュヴァルト所持者とも対戦できる。

対戦相手の選択肢が増える事で、

勝てる相手の数も増える。

守備的な面から勝率が安定する。

 

まずは1枚を獲得したい。

開始10秒を耐え抜く事が必要。

開眼育成が求められるバトル環境だが、

10秒以降の不確実性は敵味方同じ。

開眼済みのハッシュ・月島がいても、

対戦相手を選ぶうえでは極力避ける。

抑止的な存在としても1枚持つことが重要。

 

④:どちらを優先すべきか

『現在は月島が優先』

 

理想はハッシュヴァルトだが、

1体あたりの確率を重視。

月島は初回実装期間。

24日からピックアップが開催。

獲得確率は1%。

バトル戦力補強を行うならば、

確率の高い月島から狙うべき。

 

⑤:高性能共闘戦力

f:id:sakanadefish:20210320115637p:plain
f:id:sakanadefish:20210320115625p:plain
f:id:sakanadefish:20210320115642p:plain
f:id:sakanadefish:20210320175504p:plain

f:id:sakanadefish:20210320180321p:plain

ガチャをお奨めする理由。

闇鍋は全て千年血戦シリーズ。

強範囲UPを備えた、

高性能共闘戦力が4体狙える。

共闘戦力補強に適したガチャ。

 

新共闘・継承の試練に着目する。

状態異常を持つ戦力が3体。

バズビー・千手丸は、

条件付き状態異常確率UPを持つ。

継承の試練では硬化が実装。

硬化で付与ダメージは軽減されるが、

状態異常付与で硬化を無効化できる。

条件付きではあるが、

場面によって有効な戦力になる。

 

 

当たりトップ5

f:id:sakanadefish:20210320115629p:plain
f:id:sakanadefish:20210320115637p:plain
f:id:sakanadefish:20210320115633p:plain
f:id:sakanadefish:20210320115625p:plain
f:id:sakanadefish:20210320115642p:plain

①:ハッシュヴァルト

  • 被ダメージ16%Down
  • 通常ヒット×零番隊キラー
  • 基礎火力(20/50/0)
  • 弱体付与(延長なし)
  • スパアマ
  • バトル反撃
  • バトル開始10秒無敵
  • 敵バリア貫通
  • 修練15階

 

②:麒麟寺天示郎

  • 強ヒット×強範囲UP×クール12
  • 基礎火力(20/20/40)
  • 速死神の強ダメ20%UP
  • 麻痺付与
  • 自動復活
  • 3連瞬歩

 

③:曳舟桐生

  • 被ダメージ16%Down
  • 通常ヒット×死神キラー
  • 基礎火力(40/50/0)
  • 強2バフ回復
  • 回復量UP/全体化
  • スパアマ
  • 修練7階

 

④:石田雨竜

  • 強ヒット×強範囲UP×クール12
  • 基礎火力(40/40/60)
  • 敵ガード無効
  • 状態異常反射回復
  • 必殺回復
  • 修練1階

 

⑤:バズビー

  • 強ヒット×強範囲UP×クール12
  • 基礎火力(20/20/40)
  • 火傷付与
  • 力破面への火傷確率UP
  • 修練3階

 

 

最速撤退目安

『ハッシュヴァルト1枚』

『狙いの開眼完成まで』

 

千年血戦シリーズだけの排出。

実装時期の旧い3弾を除けば、

昨年実装の戦力ばかり。

開眼を完成させるには、

絶好機と言えるだろう。

 

 

引くべきではない人

『バトル戦力に関心がなく』

『最高の共闘戦力を狙う人』

 

高性能共闘戦力が4体揃うが、

頭1つ抜けるのは麒麟寺のみ。

バズビー・千手丸は40点を下回る。

性能面は優れているが、

常設キャラの総合力が伸びている。

3月中旬のノイトラ・茶渡は、

千手丸と同等以上の総合力を記録した。

 

育成を最高性能に集中させる狙いならば、

最新キャラを優先すべき。

3月末は確実に限定シリーズ。

時間経過と共に、

大人一護・大人ルキアの復刻も近づく。

今回の復刻は魅力的だが、

最高戦力を求めるならば見送るべき。

 

 

リセマラ判定

『バトル戦力を整備可能』

『開眼狙いリセマラを推奨』

 

バトル最高戦力が並行して実装。

潤沢な霊玉余力を使い、

開眼5を狙う事も可能。

闇鍋構成は千年シリーズのみ。

高性能共闘戦力も存在する。

 

ハッシュヴァルトの取得状況で、

月島の開眼レベルを決める事もできる。

リセマラは復刻ガチャが優位。

復刻を重点的に回したうえで、

月島ピックアップを検討する。

 

 

5段階ガチャ評価

『4点』 

 

総合力採点45点の麒麟寺。

バトル最高戦力のハッシュヴァルト。

良質なキャラクターが、

弾数を跨いで復刻している。

非常に魅力的なガチャ構成。

新育成要素などの展開を踏まえた上で、

挑戦を検討すべき。