ブレソル血戦篇

ブレソルこと"BLEACH Brave Souls"の情報を発信。様々な視点でブレソルを評価し、プレイヤーの一助になる事を目的とした積極的ブログ。

完全攻略:斬魄刀異聞ガチャ-共鳴-は引きか?

4月中旬は新たな常設シリーズ!!

死神達の相棒が具象化して参戦。

斬魄刀異聞ガチャ-共鳴-を評価する!!

f:id:sakanadefish:20210414184125p:plain

 

先に結論 

f:id:sakanadefish:20210415193344p:plain

『素材収集ガチャ』

『必要次第で挑戦はあり』

『見送る事が出来るガチャ』

 

 

結論の理由

①:周回効率の上昇

f:id:sakanadefish:20210415111103p:plain
f:id:sakanadefish:20210415111054p:plain
f:id:sakanadefish:20210415111059p:plain
f:id:sakanadefish:20210415111107p:plain

f:id:sakanadefish:20210416074426p:plain

各自の必要次第である理由。

素材収集型のキャラが4名。

いずれも新継承・開眼に関連する。

素材量・周回数が求められる事は明らか。

現状よりも周回効率を上昇させるならば、

効果的な補強を得やすい。

但し使用箇所の限定性には要注意。

 

②:共闘戦力

f:id:sakanadefish:20210415161922p:plain
f:id:sakanadefish:20210415171248p:plain
f:id:sakanadefish:20210415111059p:plain
f:id:sakanadefish:20210415171252p:plain
f:id:sakanadefish:20210415161248p:plain

f:id:sakanadefish:20210415202039p:plain

見送る事ができる理由。

共闘戦力は5体存在するが、

強範囲UPを備えているのは1体。

強範囲UPは後付けできない。

重視する場合には補強を見送るべき。

 

各自の必要次第である理由。

斬月は総合力43点。

強範囲UP無しで最高の総合力を誇る。

高性能共闘戦力と言える存在。

強範囲UPは重要だが、

ステージ構成により必要性は変わる。

狭いステージ構成であれば、

範囲UPなしでも事足りる場合はある。

戦力の使い分けは各自次第。

 

③:高難易度グルバト

f:id:sakanadefish:20210415111107p:plain
f:id:sakanadefish:20210415111054p:plain
f:id:sakanadefish:20210415161552p:plain
f:id:sakanadefish:20210415171902p:plain

f:id:sakanadefish:20210416075745p:plain

f:id:sakanadefish:20210416080454p:plain

各自の必要次第である理由。

高難易度グルバトへの挑戦は各自次第。

対策と補強が必要であり、

霊玉の初期投資は不可避。

新継承の実装により、

手持ち戦力を強化する事ができる。

攻略の糸口は増えている。

 

グルバトオートに適する4名が存在。

いずれも状態異常耐性は無い。

封殺型の場合には対策が必要。

注目すべきは代替要員。

限定キャラが多数を占めるラウンドが多い。

オート枠の候補不足で悩む場合には、

一括して効果的な補強になるだろう。

 

 

戦術・要点

①:ガチャ早見表

f:id:sakanadefish:20210416083027p:plain

 

②:開眼不要

『リンク薬・雫は1種1体』

『戦記ボーナスは1種2体』

 

リンク薬・雫はアビリティ。

☆6育成時のみ獲得できる。

同一種の複数枚所持は不要。

 

戦記ボーナスは☆5・☆6が別種。

同一種は最大2枚まで効果を発揮。

獲得後の扱いに気を付けたい。

重複・売却・育成、

いずれも取り返しは出来ない。

 

③:サバク・ソサエティ

f:id:sakanadefish:20210415111107p:plain
f:id:sakanadefish:20210415171902p:plain
f:id:sakanadefish:20210415111059p:plain

『4月中の続編は無し』

 

昨年4月中旬に初実装。

同時期での続編が予想されたが、

闇鍋に含まれている。

シリーズは継続中だが、

4月中の登場はないだろう。

 

④:4月の復刻ガチャ

f:id:sakanadefish:20210415172806p:plain
f:id:sakanadefish:20210415172803p:plain
f:id:sakanadefish:20210415172758p:plain

CFYOW4弾の復刻が控える。

ハリベルは技属性。

月末の極限共闘で使用可能。

開眼を目指すならば、 

霊玉を温存して待機したい。

 

⑤:アビリティ枠

『基本8枠どまり』

 

基本アビリティは最大8枠。

斬月はパッシブスキルを備える。

2種類の状態異常耐性を加えれば、

実質10枠まで拡大。

限定キャラは基本枠が増加傾向。

限定キャラに比べれば、

アビリティ数の物足りない。 

 

 

プレ評価

f:id:sakanadefish:20210415111049p:plain
f:id:sakanadefish:20210415111112p:plain
f:id:sakanadefish:20210415111103p:plain

①:斬月(斬魄刀異聞)

総合力43点を記録する共闘戦力。

常設キャラとして最上位。

強範囲UPこそないが、

状態異常・火力・補助性能を持つ。

モーション構成も申し分ない。

 

強範囲UPは稀少なアビリティだが、

必要性は考え方次第。

ステージ構成が狭ければ、

強範囲UPが無くとも対応はできる。

状況に応じた使い分けがポイントになる。

 

②:千本桜(斬魄刀異聞)

グルバトROUND5に対応。

オート枠を埋める戦力。

ダウン追撃が最大の強み。

討ち漏らした敵を、

効果的に処理してくれる。

 

グルバトオート代替に朽木銀嶺。

常設の闇鍋常連。

銀嶺の開眼が進んでいれば、

千本桜の必要性は乏しい。

現状の攻略状況で判断したい。

 

③:袖白雪(斬魄刀異聞)

滅却師キラーを持つ共闘戦力。

総合力は35点。

高性能共闘戦力には届かない。

注目すべきは新穿界門。

適性階層を持つ可能性はある。

 

ピックアップは第1弾で登場。

開催期限は5月3日まで。

穿界門の開催前に終了する見込み。

日程の位置取りに怪しさを感じる。

強行突破の手段は備えておきたい。

 

 

当たりトップ5

f:id:sakanadefish:20210415111049p:plain
f:id:sakanadefish:20210415111054p:plain
f:id:sakanadefish:20210415111059p:plain
f:id:sakanadefish:20210415111103p:plain
f:id:sakanadefish:20210415111107p:plain

1位:斬月(斬魄刀異聞)

  • 強攻撃クールタイム12%短縮
  • 基礎火力(20/20/40)
  • 弱体付与
  • 敵弱体時全ダメ20%UP
  • 心死神の強ダメ20%UP
  • 3連瞬歩
  • 氷結無効/火傷無効

 

2位:毒ヶ峰リルカ(キカイ)

  • 被ダメージ16%Down
  • 通常ヒット×虚キラー
  • 基礎火力(20/30/20)
  • 弱体付与
  • スパアマ
  • 技リンク薬+5(継承の間)
  • 極武8階/11階

 

3位:朽木ルキア(サバク)

  • 強攻撃クールタイム12%短縮
  • 基礎火力(20/20/40)
  • 弱体付与
  • 致死生存100%
  • 3連瞬歩
  • 知リンク薬+5(継承の間)
  • 極武16階・試練17階

 

4位:袖白雪(斬魄刀異聞)

  • 強攻撃クールタイム12%短縮
  • 滅却師キラー
  • 基礎火力(20/20/40)
  • 氷結付与
  • 火傷無効
  • 心雫ドロップ17%UP

 

5位:四楓院夜一(サバク)

  • 通常攻撃ダメージ20%UP
  • 通常ヒット×死神キラー
  • 基礎火力(<40>/30/20)
  • 麻痺付与
  • 強2バフ
  • スパアマ
  • 4連瞬歩
  • 戦記3篇ボーナス

  

 

最速撤退目安

『20連まで』

 

素材収集型のキャラが揃う。

挑戦する価値はあるだろう。

月末は小説コラボの開始が濃厚。

深追いはせず、

お得な20連を目安に挑戦したい。

 

 

リセマラ判定

『月末への準備に限る』

 

素材収集に長けたキャラが4体。

現時点からのリセマラでは、

育成素材の収集効率が重要。

少ない霊玉消費で獲得し、

月末の限定シリーズに向け待機したい。

 

 

5段階ガチャ評価

『3点』 

 

常設キャラが初の40点越え。

常設の魅力を底上げするうえで、

評価できる取り組み。

素材収集型のキャラも闇鍋化。

全体ガチャの構成は悪くない。