ブレソル血戦篇

ブレソルこと"BLEACH Brave Souls"の情報を発信。様々な視点でブレソルを評価し、プレイヤーの一助になる事を目的とした積極的ブログ。

CFYOWガチャ-隻影-は引きか?

CFYOW7弾のピックアップ。

先陣を切るのは総隊長、京楽春水。

2重羽織から覗かせる一文字が男前。 

f:id:sakanadefish:20200531102158p:plain

 

先に結論

『先行者にオススメ』

 

新京楽は手堅い性能。

先行者としたのは所持キラーゆえ。

京楽推しならビギナーでも狙い目だ。

 

 

結論の理由

1、無所属キラー

先行者にオススメの理由。

力属性・無所属キラーの近距離型。

3周年ウルキオラ以来の排出になる。

主要属性キラーが揃っている場合、

最新性能の京楽を狙いに行くのはアリ。

 

3周年ウルキオラの登場は約2年前。

最新キャラに比べ見劣りが多い。

京楽は完全な上位互換になる。

 

2、リンクキャラの開眼

先行者にオススメの理由。

檜佐木を除いた闇鍋3体。

いずれも闇鍋常連のキャラクター、

複数所持している場合が多いだろう。

リンク要員として開眼を進めよう。

 

レイド・バトル・グルバト。

リンクの開眼度合いと優位性は比例。

開眼育成が未完了でも構わない。

特別能力数値が継承されるだけで、

所要時間や勝率に優位性が生じる。

 

3、待望の京楽
f:id:sakanadefish:20200601123331p:plain
f:id:sakanadefish:20200601123344p:plain
f:id:sakanadefish:20200601123339p:plain
f:id:sakanadefish:20200601123335p:plain

 

京楽推しにオススメの理由。

待望のクールタイム短縮を備える。

共闘戦力と見なせる既存の京楽は、

1体もクール短縮を備えていなかった。

今回の京楽は間違いなく史上最強。

最新アビリティも高性能を保障する。

既存の京楽の要素を所々に含んでいる。

京楽の集大成を感じられる作り込み。

 

 

キャラ別3要素

f:id:sakanadefish:20200531152904p:plain
f:id:sakanadefish:20200531152909p:plain
f:id:sakanadefish:20200531152917p:plain
f:id:sakanadefish:20200531152913p:plain
f:id:sakanadefish:20200531152900p:plain
1、京楽春水(CFYOW Truths)
  • 強ヒット数UP×強範囲UP×クール12
  • 無所属キラー
  • 敵裂傷時の全ダメージ40%UP

 

2、清音&仙太郎
  • 瀕死時全ダメージ30%UP
  • クール12がアビリティ化
  • 速属性死神キラー

 

3、日番谷冬獅郎(The Belief)
  • 体力最大時全ダメージ25%UP
  • スタート時バリア+10
  • バトル転用可能

 

4、平子真子
  • 被ダメージ20%Down
  • 虚所属
  • 試練の塔7階

 

5、檜佐木修兵(共刀ver)
  • 通常攻撃ダメージ20%UP
  • ヒット数UPなし
  • 隊長キラー・虚キラー

 

 

最速撤退目安

「50連まで」

 

霊玉を使い過ぎない観点での目安。

50連の確定で撤退を一度考えよう。

京楽の優先順位が高ければ継続。

他のピックや5周年を意識するなら撤退。

 

開眼を狙う人も撤退目安には要注意。

2月中旬リリースのCFYOW5弾、

約3ヵ月で復刻している。

復刻スピードを踏まえたうえで、

どこまで開眼を進めるか判断しよう。

 

 

引くべきではない人

「主要キラー優先の人」

 

主要キラーを求めるならば、

山田清之介を狙いに行くべき。

無所属キラーは未だ主要ではない。

存在感が徐々に出てきた程度。

死神・虚・破面キラーが優先。

 

山田清之介のピックアップ、

山田が主要キラー(破面)であり、

闇鍋に技属性の無所属キラーが含まれる。

無所属キラーに対する需要が低ければ、

闇鍋で入手する形が妥当と言える。

京楽と属性は異なるが、

無所属キラーの枠を1つ埋める事が目的。

闇鍋で拾う事で、戦力層の幅は広がる。

 

 

5段階ガチャ評価

「2点」

 

無所属キラーを考慮した採点。

リンク色が強いものの、

闇鍋は悪い部類ではない。

共闘キャラは3体揃っている。

無所属キラーの需要が最大の焦点。

各自の状況を踏まえて判断しよう。