ブレソル血戦篇

ブレソルこと"BLEACH Brave Souls"の情報を発信。様々な視点でブレソルを評価し、プレイヤーの一助になる事を目的とした積極的ブログ。

完全攻略:小説CFYOWガチャ-希-は引きなのか?

CFYOW第8弾が開幕!!

空中楼閣決戦はクライマックス。

三界の希望を賭けたガチャを評価する。

f:id:sakanadefish:20200830103958p:plain

 

先に結論

『新キャラ狙いならGO』

『ビギナーに強くお奨め』

『最速撤退目安まで』

 

全体ガチャはビギナー向けの色合い。

各自の狙い・戦力状況から、

最速撤退目安を判断したい。

 

 

結論の理由

①:全てが共闘戦力

f:id:sakanadefish:20200831054902p:plain

新キャラ狙いなら引く理由。

CFYOW8弾は全てが共闘戦力。

確率は1.5%。

ピックアップの数値を超える。

狙いをつけず新キャラを狙うなら、

全体ガチャを優先的に利用すべき。

 

限定シリーズで、

全てが共闘仕様になる事例は稀。

昨年の8月から数えれば、

僅か6バナーしか該当しない。

今年の9月・10月に期待は集まるが、

通常ヒット数UPの排出数は増加傾向。

グルバト改変などが主な要因。

過度な期待は出来ないだろう。

 

②:バランス構成

f:id:sakanadefish:20200831064625p:plain

ビギナーに強く奨める理由。

まず共闘戦力が充実している。

確率は4%。

全てが高性能では無いが、

共闘戦力を集めるには好条件。

 

次に闇鍋に用途がある。

注目すべきは戦記ボーナス指定。

ドロップUP2種を入手可能。

☆5・☆6は別種扱いになる。

実質的に4種のボーナス指定を狙える。

 

③:ピックアップ

最速撤退目安までの理由。

今シリーズはピックアップが優秀。 

全体ガチャはビギナー向け。

ピックアップは先行者向け。

より戦略的な補強を目指すならば、

ピックアップを利用したい。 

 

霊玉余力があるビギナーも、

最速撤退目安は意識したい。

無償霊玉の採掘は必ず尽きる。

効果的な攻略を目指すならば、

早い段階から長期戦略を取るべき。

 

 

シリーズ戦術・要点

①:ガチャ早見表

f:id:sakanadefish:20200831071902p:plain

ピックアップが優秀。

王道パターンで攻める。

全体ガチャの深追いは禁物。

 

②:ピックアップの積極利用

f:id:sakanadefish:20200831073339p:plain

ピックアップ構成に共通項。

特定シリーズから1キャラが配置。

闇鍋として美味しいキャラがいる。

 

最大の注目は鳳落八景。

Fierce Battleで温存されていた、

黒崎一護が遂に闇鍋化。

9月の極限共闘は知属性。

中旬に入手すれば育成期間も十分。

 

ピックアップの質が良いことで、

9月の新ガチャを待てる状況。

9月中旬は慈愛と重複。

9月末は風死絞縄と重複。

次のガチャを踏まえて判断できる。

 

③:無効貫通のレア度

f:id:sakanadefish:20200831080336p:plain

檜佐木は無効貫通を備える。

5周年キャラ以来、

3体目の無効貫通キャラクター。

あくまで個人的な予想だが、

レア度の高いアビリティになる。

 

アイテム効果の観点では、

潜伏無効と同じ位置付け。

しかし効果発動率を考えれば、

ゼタボルたんは100%。

がり勉アイテムは30%。

無効貫通はアイテム上位のアビリティ。

潜伏無効よりもレア度は高いはず。

 

不安材料は上位互換が既に存在する事。 

敵ガード無効貫通が上位。

下位互換のアビリティとして、

安売りされる心配はある。

今後も登場する可能性はある。

 

④:CFYOWの今後

f:id:sakanadefish:20200830210417p:plain

今回が一区切りになる。

第7章で完結する見込み。

告知PVで使用されたBGMが追加予定。

BGMタイトルはLAST BATTLE。

BGMタイトルからも区切りは明確。

 

⑤:銀城を待つ人へ

排出の希望はある。

CFYOWは今回で区切りだが、

製作側から完結との文言は無い。

完結と発表すれば撤回は難しい。

千年血戦篇と同様。

一時的な休眠期間に入り、 

いずれ再始動の可能性はある。

 

千年血戦篇の滅却師実装が鍵。

CFYOWでも滅却師は登場する。

千年血戦篇で滅却師の実装が進めば、

CFYOWで滅却師を実装する下地が整う。

排出可能キャラが増えれば、

CFYOWの再始動もあるだろう。

銀城は再始動時の有力候補になる。

 

 

リリース前の所感

f:id:sakanadefish:20200829002017p:plain
f:id:sakanadefish:20200829002025p:plain
f:id:sakanadefish:20200829002021p:plain

①:檜佐木修兵(CFYOW Truths)

強ヒット数UPで排出は好印象。 

総合的に手堅い活躍を見込める。

風死は裂傷のイメージが強いが、

今回は弱体を備えている。

上位の状態異常を獲得した事はプラス要素。

 

唯一残念な点は、

赤攻撃無効貫通に止まった事。

5周年記念キャラは、

敵ガード無効も一体化で備えた。

アビリティ的に格落ち感はある。

 

②:産絹彦禰(CFYOW Truths)

今シリーズ最大の目玉。

前作に比べて機動力は減少したが、

破壊力を増して再登場。

全種類のダメージUPを備えている。

強1の吹飛ばし要素は無い。

 

状態異常確率UPは条件付きだが、

強攻撃2が纏めて追撃する型。

ヒット数が多く、

状態異常を付与し易いモーション。

状態異常確率UPとの相性は抜群。

 

③:道羽根アウラ(CFYOW Truths)

強みに欠ける遠距離型。

強攻撃1に吹飛要素。

ヒット数が射出状況に左右される。

敵ガード無効を備えているが、

火力を発揮するには意識的な操作が必要。

 

アビリティ構成が無難。

特徴的なアビリティが無いため、

強みに欠ける印象がある。

裏を返せば、

活躍の程度を把握し易い。

 

 

当たりトップ5

f:id:sakanadefish:20200829002025p:plain
f:id:sakanadefish:20200829002017p:plain
f:id:sakanadefish:20200829002021p:plain
f:id:sakanadefish:20200830111128p:plain
f:id:sakanadefish:20200830111132p:plain

①:産絹彦禰(CFYOW Truths)

  • 強ヒット数UP×強範囲UP×クール12
  • 全攻撃で弱体付与
  • 無所属
  • 技属性死神への状態異常確率UP
  • 3連瞬歩

 

②:檜佐木修兵(CFYOW Truths)

  • 強ヒット数UP×強範囲UP×クール12
  • 全攻撃で弱体付与/必殺技にデバフ
  • 赤攻撃無効貫通

 

③:道羽根アウラ(CFYOW Truths)

  • 強ヒット数UP×強範囲UP×クール12
  • 全攻撃で弱体付与
  • 敵ガード無効

 

④:グリムジョー(あやかし)

  • 強攻撃ダメージ20%UP
  • 無所属キラー
  • 試練の塔12階

 

⑤:天鎖斬月

  • 強攻撃クールタイム14%短縮
  • 全攻撃で裂傷付与
  • 火傷無効

 

 

最速撤退目安

『20連まで』

『50連まで』

『70連まで』

 

1種類を狙う場合は20連。

全体ガチャは最低限に止め、

ピックアップの勝負を優先する。

 

2種類を狙う場合は50連。

確率は1%。

ピックアップと確率は同数値だが、

闇鍋構成でピックアップが勝る。

全体ガチャを早めに切り上げたい。

 

全てを狙う場合は70連。

お得に回せるステップを最大利用する。

70連以降は霊玉次第。

ピックアップへの移行がオススメだが、

☆5確定の100連まで進むのもあり。

 

 

リセマラ判定

「総合的に遊ぶ人に最適」

 

用途別にバランスの良いガチャ構成。

共闘戦力・各種オート・戦記、

使い処があるキャラ達が揃う。

キラーでは無所属キラーが2体。

リンクではクール14が1体。

穿界門・リンクにも対応できる。

 

 

引くべきではない人

『最高性能を求める人』

 

新キャラは全て高性能だが、

最高性能に至る存在ではない。

5周年一護の水準を求めるならば、

今回のシリーズは見送るべき。

大きなインフレは始まっていない。

下半期は始まったばかり。

9月以降の限定ガチャに備えよう。

 

 

5段階ガチャ評価

「3点」

 

新キャラ3体が共闘戦力。

限定ガチャでは2月中旬以来。 

狙い目のガチャだと言える。

闇鍋は決して高評価ではないが、

各種用途がある点はプラス。

季節限定の闇鍋が復活。

未所持ならば霊玉を即時回復できる。