ブレソル血戦篇

ブレソルこと"BLEACH Brave Souls"の情報を発信。様々な視点でブレソルを評価し、プレイヤーの一助になる事を目的とした積極的ブログ。

完全攻略:Fierce Battleガチャ-俊傑-は引きなのか?

8月中旬はFierce Battleガチャ。

十刃との最初の衝突が蘇る。

虚圏・現世の懐刀3名を評価する。

f:id:sakanadefish:20200816125648p:plain

 

先に結論

『霊玉回復に努める』

『同時開催のガチャに集中』

 

新ガチャは箸休め期間。

霊玉回復に努めるも良し。

他のガチャに集中するも良し。

 

 

結論の理由

①:常設キャラ

霊玉回復に努める理由。

新キャラ3体は常設キャラ。

周年以外の常設は必ず闇鍋化する。

実際に過去のFiece Battleシリーズ、

藍染が闇鍋に含まれている。

 

常設に霊玉を割く必要は無い。

常設を狙いだすと霊玉は枯渇する。

常設は限定を狙う過程で回収する。

 

②:50%

霊玉回復に努める理由。

強ヒット数UPキャラが6体。

全体の半分=50%。

必ずしも十分な数値と言えない。

新キャラ3体に注目しても、

強ヒット数UPはウルキオラのみ。

共闘戦力の獲得が難しい状況。

 

③:同時開催のガチャ

同時期に集中したいガチャがある。

千年血戦10弾のピックアップが順次開催。

開眼を狙うならば、

初登場時のピックアップが絶好機。

8月中旬ガチャを見送れば、

狙いのピックアップに集中できる。

 

 

今シリーズの戦術と要点

①:ガチャ早見表

f:id:sakanadefish:20200816142746p:plain

 

②:夜一はバトル戦力か?

f:id:sakanadefish:20200816140137p:plain
f:id:sakanadefish:20200816144853p:plain

 

『バトル戦力になれる存在』

 

速属性死神の通常攻撃ダメージを底上げ。

兵主部一兵衛との相性が良い

夜一は十刃キラーを持つ。

CFYOWノイトラに好相性。

隊長所属に該当しない点も評価できる。

唯一の不安要素は状態異常の欠落だろう。

 

バトル戦力になれる存在だが、

開眼5の必要性は不変。

常設の開眼5を狙うならば、

ハッシュヴァルトの開眼5を優先すべき。

バトル超特化の性能は唯一無二の存在。

 

③:ビギナーは要注意

霊玉余力のあるビギナーは要注意。

周年記念で良い引きをすると、

勢いで8月中旬に手を出し易い。

常設に手を出すと、

霊玉余力を無益に損なう。

 

私自身も8月中旬を引いた経験がある。

開眼システム導入前だが、

8月末以降の霊玉やりくりに苦心した。

勢いのまま狙いに行く前に、

絶対に必要なのか冷静に吟味すべき。

 

 

リリース前所感

f:id:sakanadefish:20200816140145p:plain
f:id:sakanadefish:20200816140133p:plain
f:id:sakanadefish:20200816140137p:plain

①:ウルキオラ

排出時期が悪すぎる。

火力特化型だが、

強攻撃範囲UPが欠落。

同属性キラーに5周年一護が存在。

火力・状態異常・強範囲UPを全て備える。

ウルキオラが霞むのは当たり前。

クール14を活かしたリンク要員。

 

②:浦原喜助

リンク薬獲得数UPが全て。

継承限定アビリティへの評価は、

各個人の状況次第。

私は評価していない。

収集効率は確実に上昇するが、

現環境は通魂符5枚消費が可能。

数を集めるハードル自体が低い。

絶対的に必要なアビリティではない。

 

③:四楓院夜一

将来的に開眼5にしたい存在。 

常設の新たなバトル戦力になる印象。 

通常ヒット数UPもインフレしている。

茶渡・剣八にはない、

通常攻撃ダメージ40%UPを備える。

チーム効果を加味すれば、

通常攻撃ダメージ60%UP。

どのタイミングで闇鍋化するか注目したい。

 

 

当たりトップ5

f:id:sakanadefish:20200816140145p:plain
f:id:sakanadefish:20200816140137p:plain
f:id:sakanadefish:20200816140133p:plain
f:id:sakanadefish:20200816140149p:plain
f:id:sakanadefish:20200816140141p:plain

1位:ウルキオラ(Fierce Battle)

  • 強攻撃クールタイム14%短縮
  • 火力特化型
  • 敵ガード無効・防御低下能力

 

2位:四楓院夜一(Fierce Battle)

  • 被ダメージ20%Down
  • 通常ヒット数UP
  • 速属性死神の通常攻撃ダメ20%UP

 

3位:浦原喜助(Fierce Battle)

  • 通常攻撃ダメージ20%UP
  • 通常ヒット数UP
  • 心のリンク薬+5(継承限定)

 

4位:藍染惣右介(Fierce Battle)

  • 強攻撃クールタイム12%短縮
  • 火力特化型+必殺変身
  • 技属性・虚キラー

 

5位:四楓院夜一(クリスマス)

  • 強攻撃クールタイム12%短縮
  • 全攻撃で氷結付与
  • 4連瞬歩

 

 

最速撤退目安

「10連」

 

手を出すなら10連まで。

多数の霊玉を投下する必要は無い。

初回10連で運試し。

虹が出たらラッキーで撤退。

金が出ても深追いせず撤退。

 

 

引くべき人

「なし」

 

引く必要は全くない。

既述した通り、

常設はいずれ闇鍋化する。

新ガチャは何時でも気になるもの。

霊玉消費を我慢できるか否かが最重要。 

 

 

リセマラ判定

「なし」

 

中旬のリセマラは見送り。

今回は常設ガチャ。

リセマラ対象は限定ガチャに絞る。

8月末が限定ガチャになる見込み。

今は霊玉採掘期間に充てる。

 

 

5段階ガチャ評価

「1点」

 

Fierce Battleシリーズとしては、

第1弾を上回る衝撃は無い。 

アビリティ構成を見ても、

周年記念を上回る存在はいない。

唯一の評価要素は、

茶渡と剣八が揃い踏みしている事。

今回は見送るのが最善。