ブレソル血戦篇

ブレソルこと"BLEACH Brave Souls"の情報を発信。様々な視点でブレソルを評価し、プレイヤーの一助になる事を目的とした積極的ブログ。

劇場版SELECTION1は引きか?

本日16時から劇場版ガチャが開幕。

MEMORIES OF NOBODYと地獄篇が復刻。

復刻ガチャ第1弾を評価する。

f:id:sakanadefish:20200520045334p:plain

 

先に結論

『極力見送るべき』

 

蓋を開ければ厳しいガチャ条件。

劇場版だけのキャラ達が来ているが、

性能面と霊玉面を考えればリスクが高い。

 

 

結論の理由

1、劇場版キャラの性能

現環境のトップ性能ではない。

リリース日を考えれば当然だ。

共闘使用可能な劇場版キャラは2体。

コクトーと茜雫。

両者とも強攻撃ダメージUPが無い。

火力の底上げは必要になる。

 

他の4体は共闘使用が厳しい。

ヒット数UPの観点から、

巌龍・地獄一護・朱蓮は非共闘キャラ。

心属性の黒崎一護はリンク要員。

強攻撃・必殺ダメージUPが欠落している。

 

2、画像化されない闇鍋
f:id:sakanadefish:20200520054434p:plain
f:id:sakanadefish:20200520054438p:plain
f:id:sakanadefish:20200520054442p:plain
f:id:sakanadefish:20200520054421p:plain
f:id:sakanadefish:20200520054424p:plain
f:id:sakanadefish:20200520054429p:plain

 

公式のガチャ情報が不親切。

最後に画像一覧を掲載せず、

冒頭の文字だけでの告知に留めている。

劇場版キャラ以外の闇鍋は上記6体。

新ガチャの闇鍋常連に加え、

被ダメ要員と用途が厳しい雨竜。

いつも以上に闇鍋の質は悪い。

 

3、5月の月末ガチャ

21日発売のVジャンプ。

月末ガチャ情報が得られる可能性がある。

5月中旬が常設ガチャ。

月末は限定ガチャが濃厚だと思われる。

順序的には小説CFYOW。

劇場版ガチャ1弾は26日16時まで。

月末ガチャの動向を待つべきだ。

 

 

当たりトップ3

f:id:sakanadefish:20200518220847p:plain
f:id:sakanadefish:20200518220901p:plain
f:id:sakanadefish:20200518220855p:plain
1、コクトー
  • 強攻撃クールタイム12%UP
  • 無所属の速属性死神キラー
  • 試練の塔23階

 

2、茜雫
  • 強攻撃クールタイム12%短縮
  • 防御低下能力付加
  • 強攻撃範囲20%UP

リリース日時が旧い。
強攻撃範囲UPを持つが、
直近キャラと同一視は出来ない。

 

3、黒崎一護(劇場版Ⅰver)
  • 強攻撃クールタイム14%短縮
  • 強攻撃範囲UP・通常攻撃範囲UPあり
  • 極武の回廊6階・試練の塔1階

強攻撃範囲UPを持つが、
直近キャラと同一視は出来ない。
茜雫よりは直近キャラに近しい。

 

 

引くべき人

「開眼5が射程圏の人」

 

キャラを限定すれば、

茜雫とコクトーだけが狙い目。

ガチャ前の開眼状況を限定すれば、

開眼3以上である事が望ましい。

次回の復刻時期が不明な以上、

最後まで引ききる勝負になる。

ガチャ条件が非常に厳しい。

ある程度ゴールが見えていなければ、

泥沼化は避けられない。

 

 

最速撤退目安

「10連終了時」

 

劇場版キャラが気になって回す場合。

10連だけの運試しで最速撤退だ。

未所持を引けば霊玉125個は帰ってくる。

実質25個で引けたことになる。

出ない場合でも150個の出費で済む。

 

 

リセマラ判定

「リセマラ向けではない」

 

現環境のトップ性能は不在。

劇場版という限定性に重きを置くガチャ。

コレクター向けのリセマラも推奨しない。

劇場版キャラに共闘キャラが少ない。

コレクト後の使用までを考慮すれば、

労力に見合わない可能性が高い。

 

 

5段階ガチャ評価

「2点」

 

闇鍋6体の存在で台無し。

劇場版キャラは決して新しくない。

性能面を考えれば、

闇鍋の質と量で補いがあってもいい。

だが、蓋を開ければ配慮はゼロ。

霊玉投下のコスパを考えるなら、

CFYOW・千年に集中しよう。