ブレソル血戦篇

ブレソルこと"BLEACH Brave Souls"の情報を発信。様々な視点でブレソルを評価し、プレイヤーの一助になる事を目的とした積極的ブログ。

Reboot Sceneガチャ-Night of wijnruitは引きか?

本日16時から中旬ガチャが開幕。

名シーンが新キャラで再現される。

このガチャが引きなのか評価する。

Reboot Sceneガチャ

 

先に結論

『箸休めすべきガチャ』

 

1月下旬から実に7連続。

この限定ラッシュに漸く歯止め。

常設の利を活かし霊玉回復に努めよう。

 

 

結論の理由

1、あくまで常設

新キャラは全て常設扱い。

常設は将来的に必ず闇鍋化する。

チケットからの排出対象にもなる。

霊玉を使うならば限定キャラ。

この考え方は変わらない。

 

2、トップ性能不在

常設でもトップ性能ならば、

ガチャ対象として考慮するべきだ。

だが今回はトップ性能に該当しない。

Fierce Battleの様な火力特化でもなく、

限定ガチャの様な強攻撃範囲UPもない。

今回のセールスポイントは3点。

  • タッグシステム
  • 所属の特異性
  • ダブルキラーと無所属キラー

 

3、新仕様の第1号

タッグシステムが初実装。

必ずとも言えないが、

新システム第1号は、

ブレーキが掛けられている。

これは製作側の意図だと捉えて良い。

  • システム自体を御披露目
  • システムで売りたい
  • 強くなり過ぎない配慮

 

この3つが主な理由。

第1号は実験台の色が強い。

今回のガチャを踏まえ、

次作以降で徐々に発展していく。

第1号を狙う必要性はない。

 

 

当たり3キャラ

f:id:sakanadefish:20200515211919p:plain
f:id:sakanadefish:20200515211914p:plain
f:id:sakanadefish:20200515211923p:plain
1、ギン&イズル(Reboot)
  • 強攻撃クールタイム12%短縮
  • 無所属扱い
  • 初のタッグ仕様搭載

 

2、日番谷冬獅郎(Reboot)
  • 強攻撃クールタイム12%短縮
  • 無所属キラー
  • 青攻撃タイプ

 

3、ネリエル
  • 強攻撃クールタイム12%短縮
  • 全攻撃で火傷付与
  • 極武の回廊10階

 

 

今シリーズの戦略

1、前提

回さない=結論の再確認。

月末以降に来るだろう限定に備える。

基本的に回さない事をオススメする。

 

2、ギン&イズル狙い

「全体ガチャで狙う」

 

闇鍋まで比較した時、

全体ガチャで良いと判断した。

全体ガチャであれば、

日番谷とネリエルを狙える。

ピックアップは共闘キャラ揃いだが、

性能的にはもう1声2声欲しい。

日番谷・ネリエルを含む計3体。

1.5%勝負が良いだろう。

 

3、日番谷狙い

「ピックアップで狙う」

 

日番谷と朽木ルキア。

この2枚を狙いに行く。

確率は2%へ上昇する。

全体ガチャよりも遥かに好条件。

タッグキャラのハードル設定は高い。

裏を返せば、日番谷が狙い目。

 

 

引くべき人

「3番隊を愛する人」

 

市丸ギン&吉良イズル推し。

3番隊はこの2人以外ありえない!

そう思う人は引くべき。

『推し』は『常設VS限定』とは別次元。

推しキャラを操作できる喜びは代え難い。

1粒で2度美味しいタッグキャラ。

2種類のキャラクターを追う必要はない。

 

 

最速撤退目安

「20連まで」

 

タッグキャラを試したい。

お試し感覚で回してしまう場合、

20連で何としても止めよう。

あくまで常設キャラ。

確実に来る限定ガチャに備えるべき。

 

 

5段階ガチャ評価

「2点」

 

何よりも常設ガチャ。

性能的にも訴求力は強くない。

製作側の手探り感も伺える。

新仕様を取り敢えず投入。

プレイヤーの反応を収集して、

次の製作に反映させていく。

実験的ガチャだと評価する。