ブレソル血戦篇

ブレソルこと"BLEACH Brave Souls"の情報を発信。様々な視点でブレソルを評価し、プレイヤーの一助になる事を目的とした積極的ブログ。

千年血戦篇ガチャ:The X-Axis-は引きか?

千年血戦篇11弾の第1ピックアップ。

神の使いは万物を等しく貫く。

The X-Axisを評価する。

f:id:sakanadefish:20201010192243p:plain

 

先に結論

『今シリーズ最良』

『超火力を求めるなら引き』

『補強済みならば見送り』

 

今シリーズ最良のガチャだが、

絶対的に引きとは言えない。

ニーズと補強状況がポイント。

 

 

結論の理由

①:闇鍋の質

f:id:sakanadefish:20201010201748p:plain
f:id:sakanadefish:20201010201752p:plain
f:id:sakanadefish:20201010201757p:plain

今シリーズ最良の理由。

リンクとして使い処が多い闇鍋が揃う。

響河は共闘、

清音&仙太郎・冬獅郎はレイド、

いずれも手許にあって損はない。

 

月島秀九郎だけがハズレ枠。

共闘戦力として序列は低く、

リンクとしても物足りない。

必殺ヒット数UPという性質から、

技レベルを活かしたグルバト起用は可能。

 

②:超火力志向

ガチャをお奨めする理由。

リジェは超火力を実現できる性能。

火力特化型であり、

敵ガード無効・潜伏無効を備える。

共闘性能として初めての事例。

 

敵ガード無効はダメージ効率を上昇。

潜伏無効はゼタボルたんを不要化。

アクセサリの選択自由度が生まれ、

ステータス・ダメージ強化が可能。

最大火力を重視するならば、

リジェを獲得すべきだろう。

 

③:彦禰と白哉

f:id:sakanadefish:20201010201739p:plain
f:id:sakanadefish:20200929020213p:plain
f:id:sakanadefish:20200929020209p:plain

見送るべき理由。 

同属性キラーに彦禰と妖白哉が存在。

既に補強済みならば、

再び補強する必要はないだろう。

総合力では彦禰・妖白哉が上位。

 

リジェは突出した火力が魅力だが、

性能の幅には優れていない。

一点集中型の欠点と言える。

彦根・妖白哉の開眼が進んでいれば、

火力は十分底上げされている。

 

 

キャラ別要素

f:id:sakanadefish:20201010201739p:plain
f:id:sakanadefish:20201010201748p:plain
f:id:sakanadefish:20201010201752p:plain
f:id:sakanadefish:20201010201757p:plain
f:id:sakanadefish:20201010201743p:plain

①:リジェ(千年血戦篇)

  • 強ヒット×強範囲UP×クール12
  • 火力特化型
  • 敵ガード無効×潜伏無効

 

②:清音&仙太郎

  • 瀕死時全ダメージ30%UP
  • 麻痺付与(通常以外)
  • クール12をアビ化 

 

③:朽木響河(復活の邪曲)

  • 強攻撃クールタイム14%短縮
  • 強範囲UP
  • 麻痺・氷結付与(強2/強3/必殺)

 

④:日番谷冬獅郎(The Bond)

  • 体力最大時全ダメージ25%UP
  • 氷結付与(強2以外)
  • スタート時バリア10

 

⑤:月島秀九郎(カカオ)

  • 通常攻撃ダメージ20%UP
  • 必殺ヒット数UP
  • 弱体付与(強2以外)

 

 

引くべきではない人

 『BTW狙いの人』

 

10月はBTWが大きな焦点。

BTWを狙うならば、

ピックアップは見送るべき。

力属性の極限共闘は来年1月、

補強できる時間は十分ある。

 

 

最速撤退目安

『50連まで』

 

シリーズ最良のガチャ。

高性能共闘戦力として、

リジェと響河が揃い踏み。

☆5確定の50連までが目安。

初リリース時の強みを活かしたい。

 

 

5段階ガチャ評価

『3点』

 

ガチャ構成はシリーズ最良。

リジェ自体の性能も申し分ない。

その中で影を落とすのは、

彦禰との属性キラー被り。

彦禰の性能が優れていただけに、

リジェは後発不利の展開。

重複補強には注意しよう。