ブレソル血戦篇

ブレソルこと"BLEACH Brave Souls"の情報を発信。様々な視点でブレソルを評価し、プレイヤーの一助になる事を目的とした積極的ブログ。

千年血戦篇ガチャ-最後の滅却師-は引きなのか?

千年血戦篇13弾の第1ピックアップ。

純血統滅却師・石田竜弦が登場!! 

ピックアップ-最後の滅却師-を評価する。

f:id:sakanadefish:20201209183027p:plain

 

先に結論

『開眼狙いが主体のガチャ』

『投票SELECTIONを優先』

 

開眼を目的に回すガチャ。

ガチャとしての優先度は、

投票SELECTIONが上回る。

1枚狙いの場合は、

手持ち霊玉数との兼ね合いになる。

  

 

結論の理由

①:力属性・死神キラー

f:id:sakanadefish:20201209183143p:plain
f:id:sakanadefish:20201209195003p:plain
f:id:sakanadefish:20201209194958p:plain
f:id:sakanadefish:20201209195020p:plain
f:id:sakanadefish:20201209195011p:plain

f:id:sakanadefish:20201209212443p:plain

開眼狙いが主体の理由。

今年は力属性・死神キラーが多数排出。

5周年以降に3体が登場している。

総合力採点も僅差。

死神キラーを既に補強済みならば、

竜弦は重複補強になる。

重複補強ならば開眼で差を確立したい。

 

赤青対応は利便性が高い。

しかし一方を補強済みならば、

赤青対応に拘る必要性は低下する。

赤青対応もアビリティ1枠を消費。

専門ならば代替アビリティを得られる。

 

②:闇鍋の質

f:id:sakanadefish:20201209215113p:plain

開眼狙いが主体の理由。

闇鍋には開眼を進める事で、

性能改善に繋がるキャラが存在。

 

千年剣八が特に顕著な事例。

千年剣八は緊急回避が欠如。

共闘では扱い辛い性能。

開眼でステータスを強化し、

被弾に耐える性能まで引き上げたい。

 

③:赤青対応2体

f:id:sakanadefish:20201209195015p:plain
f:id:sakanadefish:20201209205432p:plain
f:id:sakanadefish:20201209205428p:plain
f:id:sakanadefish:20201209195007p:plain

投票SELECTIONを優先する理由。 

5周年キャラ2体の復刻が決定。

2キラー×赤青対応。

両者共に1人4役を担える存在。

竜弦よりも対応の幅は広い。

赤青対応を狙うならば、

5周年キャラを優先すべき。

 

投票SELECTIONには妖白哉も選出。

同属性キラーの青攻撃。

2019年後半リリースだが、

総合力40点記録する高性能共闘戦力。

5周年キャラの副産物として魅力的。

闇鍋の質を考慮すれば、

投票SELECTIONを優先すべきだろう。

 

 

キャラ別要素

f:id:sakanadefish:20201209183143p:plain
f:id:sakanadefish:20201209183133p:plain
f:id:sakanadefish:20201209183129p:plain
f:id:sakanadefish:20201209183148p:plain
f:id:sakanadefish:20201209183137p:plain

①:石田竜弦(千年血戦/過去篇)

  • 強攻撃クールタイム14%短縮
  • 強ヒット×強範囲UP×クール
  • 超火力特化型
  • 赤青対応
  • 修練の洞窟23階

 

②:更木剣八(千年血戦)

  • 強攻撃ダメージ20%UP
  • 必殺変身
  • 通常範囲UP
  • スーパーアーマー
  • 緊急回避+1が欠如

 

③:更木剣八(Fierce Battle)

  • 強攻撃ダメージ25%UP
  • 火力特化×必殺変身
  • 潜伏無効
  • スーパーアーマー
  • 戦記3篇ボーナス指定

 

④:卯ノ花烈(過去篇)

  • 通常攻撃ダメージ20%UP
  • ヒット数UPなし
  • 裂傷付与(強3/必殺)

 

⑤:平子真子(速属性)

  • 被ダメージ20%Down
  • 全攻撃で混乱付与
  • 試練の塔7階

 

 

引くべき人

『5周年キャラを獲得済み』

『赤青対応を最重視する人』

 

力属性3キラー目の赤青対応。

5周年キャラを獲得済みならば、

投票SELECTIONの魅力は低下。

竜弦を優先して狙う選択はあり。

竜弦は高性能共闘戦力。

重複補強の場合でも、

開眼を狙うに足る価値を有する。

 

 

最速撤退目安

『竜弦の開眼完成まで』

『20連まで』

 

竜弦の開眼を狙う場合、

初回リリースで方をつけたい。

今年は復刻時のピックアップが消失。

21年の展望は不明だが、

現状では初回の重要性は依然として高い。

 

投票SELECTIONを優先するが、

霊玉余力があって狙う場合は20連。

最も避けたい展開は、

深追いで霊玉を消費しすぎる事。

優先度に応じた霊玉配分を心掛けよう。

 

  

5段階ガチャ評価

『2点』

 

登場時期と闇鍋構成がネック。

投票SELECTION・年末などが控え、

千年血戦10弾の復刻も発表された。

闇鍋構成まで比較すれば、

今回のピックアップは物足りない。

竜弦の赤青対応を重視し、

開眼を狙う場合が主体となる。