ブレソル血戦篇

ブレソルこと"BLEACH Brave Souls"の情報を発信。様々な視点でブレソルを評価し、プレイヤーの一助になる事を目的とした積極的ブログ。

バトル分析:席次と報酬の関係

バトル報酬が上方修正。

メダル交換レートも変化した。

最新のバトル環境を報酬面から分析する。

f:id:sakanadefish:20201217184520p:plain

 

先に結論

『報酬は獲りきる形態へ』

『隊長維持が最終目標』

『月2300枚を下限目標に』

 

上方修正に伴い、

報酬を獲りきれる設定へと変化した。

先行者は隊長維持が目標。

ビギナーは月2300枚が第1目標。

目標達成後に隊長維持を目指したい。

 

 

主要メダル報酬

f:id:sakanadefish:20201217160158p:plain

 

 

席次報酬分析

①:席次別報酬

f:id:sakanadefish:20201217161824p:plain

上位3名に個別報酬が設定。

4位以下は枠組報酬になる。

11位以下であれば、

降格圏であっても同一報酬。

10位以内のインセンティブが強い。

 

②:席次差

f:id:sakanadefish:20201217171229p:plain

同順位の席次差は少ない傾向。

総隊長で1位を取っても、

隊長で同順位を獲る場合と300枚差。

副隊長と3席の関係と同一。

上位席次が過度に優遇される設定では無い。

 

但し3席・4席の関係に注目。

3席の1位・2位は、

4席の同順位に比べ報酬差が大きい。

席次差では特筆すべき数値と言える。

3席1位は価値がある。

 

③:順位差

f:id:sakanadefish:20201217164145p:plain

上位の報酬差は小さい。

3位まで個別報酬だが、

全席次で個別報酬の差は最大100枚。

4席においては、

個別報酬の差が全くない。

 

注目すべき指標は10位。

全席次において、

報酬が大きく別れる順位。

隊長リーグを例に挙げる。

10位は1200枚。

11位は800枚。

順位1つの違いが400枚の差を生む。

 

 

報酬プラン(先行者)

①:報酬優先順位

f:id:sakanadefish:20201217185708p:plain

 

②:3200枚への具体例

f:id:sakanadefish:20201218082745p:plain

f:id:sakanadefish:20201217161824p:plain

隊長維持が理想。

隊長維持が出来なければ、

3200枚は厳しい。

3200枚を満たす可能性は残るが、

副隊長・三席で上位入賞が必要。

上位席次の順位調整は、

霊玉消費ゲームになるリスクを孕む。

 

③:2300枚への具体例

f:id:sakanadefish:20201218085809p:plain

f:id:sakanadefish:20201217161824p:plain

2300枚は通魂符まで獲得可能。

ブレソルチケットは、

現環境で入手し易い。

バトルで無理をせず、

報酬自体を切捨てるのも良策。

 

2300枚を目標にすることで、

最高席次の水準は緩和。

副隊長維持が理想。

上位入賞が必要だが、

四席からでも2300枚は狙える。

 

 

報酬プラン(ビギナー)

①:報酬優先順位

f:id:sakanadefish:20201217190941p:plain

 

②:1700枚への具体例

f:id:sakanadefish:20201218095840p:plain

f:id:sakanadefish:20201217161824p:plain

三席維持が理想。

獲得枚数は2000枚。

300枚の黒字を計上できる。

三席を維持すれば、

極限共闘の参加条件も満たせる。

 

三席維持が難しい場合、

三席1週・四席3週を推奨。

獲得枚数は1700枚。

報酬獲得に足るメダル枚数。

三席昇格を極限共闘に合わせば、

究極級へ参加できる。

三席維持までの足懸りにしたい。

 

③:☆4キャラの優先度

f:id:sakanadefish:20201218114221p:plain

★4キャラ獲得は後回し。

★5キャラ獲得が最優先。

1霊玉あたりのメダル枚数が指標。

★5キャラは4.8枚。

優れた費用対効果を誇る。

 

 

注意事項

①:霊玉ゲームを見極める

『設定目標を再確認』

 

上位席次になる程、

闘魂符の霊玉購入が際立つ。

霊玉消費ゲームは、

製作側が目論む相互消耗戦。

11位以下の報酬内容同一化は、

10位以内の争いを刺激する。

霊玉を消耗させ課金を促す事が狙い。

 

自身の目標設定が、

霊玉消費ゲームを回避する最善策。

報酬獲得に足るメダル枚数で良い。

霊玉消費ゲームに入った際は、

必要な出費か否か確認しよう。

 

②:霊玉消費はペイ出来るか?

『基本的に不可』

 

上位入賞を狙う闘魂符購入は、

バトル報酬でペイ出来ない。

闘魂符1枚は霊玉1個。

交換可能霊玉数は最大125個。

必要メダル枚数は4200枚。

125個程度では、

1週間分の上位入賞さえ満たさない。

 

上位入賞を目指し、

霊玉を使用する層は存在する。

バトル重視の遊び方。

ペイ出来ない事は承知だろう。

各自の遊び方で、

バトルの重要性を確認しよう。

利益重視なら極力回避すべき。

 

③:霊玉の1000枚交換

『不要』

 

無視して良い報酬。

1霊玉あたりメダル40枚。

最も費用対効果の悪い報酬。

メダル1000枚は、

総隊長リーグ1週間に相当。

総隊長リーグ1週間で霊玉25個。

割りに合わない事は明らか。