ブレソル血戦篇

ブレソルこと"BLEACH Brave Souls"の情報を発信。様々な視点でブレソルを評価し、プレイヤーの一助になる事を目的とした積極的ブログ。

強攻撃ダメージ計算の概要

開眼育成や新アビリティ、

現環境は火力を伸ばす要素が多い。

強攻撃ダメージの構成を大まかに整理する。

f:id:sakanadefish:20201115191016p:plain

 

ダメージ計算の流れ

f:id:sakanadefish:20201115182423p:plain

 

 

要素の視点

①:防御値

『敵の防御ステータス』

 

攻撃・霊圧は自身のステータス。

防御は敵のステータス。

敵のステータスである以上、

アクセ・リンクで介入する事は不可。

介入できる攻撃・霊圧値が重要になる。

 

②:設定倍率

f:id:sakanadefish:20201115193732p:plain

全キャラクター共通の尺度。

クールタイムの重さに従って、

設定倍率の数値が大きくなる。

霊圧数値が重要である理由は、

設定倍率による乗算の対象だから。

 

③:強攻撃倍率

f:id:sakanadefish:20201115232559p:plain

部分的な事例を掲載。

強攻撃の型によって、

強攻撃倍率が異なる点を抑えたい。

 

④:アビリティの判断

f:id:sakanadefish:20201115215421p:plain

『同一名は加算』

『別建ては乗算』

 

計算を行う上での考え方。

火力強化のアビリティは多岐に渡る。

アビリティ名称で判断する。

同一ならば加算。

別名ならば乗算。

 

f:id:sakanadefish:20201115224911p:plain
f:id:sakanadefish:20201115224906p:plain

アビリティ一覧が参考になる。

独立表記のアビリティは乗算関係。

強攻撃ダメージUPの装備を投入すれば、

強攻撃ダメージUPの数値が変動する。

同一名称は加算処理が成されている。

 

f:id:sakanadefish:20201115215957p:plain

乗算は即時判断が難しい。

加算は簡略計算として有効。

上記の場合、

実際と簡略の差は小さい。

最低限の差を即時把握するならば、

簡略計算は利便性が高い。

ただし独立要素が多数存在する場合、

実際と簡略の差は生じる。

ケースに応じた使い分けが良いだろう。

 

④:属性優劣

f:id:sakanadefish:20201115205840p:plain

共闘条件には属性指定が多い。

共闘条件を遵守すれば、

属性優劣は基本的満たす事が出来る。

極限共闘は属性強化が条件。

対象外の属性は能力が下がる。

 

⑤:キラー効果

f:id:sakanadefish:20201115202232p:plain

 

⑥:判定色による違い

f:id:sakanadefish:20201115221408p:plain

『赤攻撃≠近接判定』

『青攻撃≠遠距離判定』

 

注意すべきは攻撃判定。

攻撃判定と赤青は必ずしも一致しない。

具体的事例は以下。

f:id:sakanadefish:20201115223608p:plain

妖白哉は青攻撃キャラクターだが、

強攻撃は全て近接判定。

攻撃判定は型によって決まる。

 

f:id:sakanadefish:20201115230837p:plain

遠距離判定の代表事例を掲載。

注意すべきは3way型。

3方向に射出する攻撃形態。

1本あたりの最大ヒット数は8。

ダメージ計算における利用数値は8が無難。

3way型は根元から当てる意義は、

8ヒット以上を稼ぐことにある。

 

 

鰤ノ活〆語録

「ははーーーーーん!!!」

「ナルホドなーーーーー!」

f:id:sakanadefish:20201115235518p:plain

f:id:sakanadefish:20201115235513p:plain
by阿散井恋次

 

どれくらいの火力が出るのか?

細かい要素が沢山並ぶ

成程なーという感覚で大丈夫!!

出来る限り育成をして

出来る限りの装備に努める

それが最も大事なこと

火力は魅力

魅力を感じたときに見直そう