ブレソル血戦篇

ブレソルこと"BLEACH Brave Souls"の情報を発信。様々な視点でブレソルを評価し、プレイヤーの一助になる事を目的とした積極的ブログ。

ダメージ条件の読解法-穿界門

穿開門クリアで重要になる階層条件。

条件の中で注意すべきはダメージ関連。

ここで要点を抑えてしまおう。

f:id:sakanadefish:20200605183908p:plain

 

条件の種類 

1、○○のダメージX倍

○○にはキャラクターの属性種が入る。

  • 属性(ex:力属性の~)
  • 所属(ex:隊長所属の~)

 

条件合致することで、

設定されたX倍のダメージ上昇を得る。

ダメージという言葉に注目。

 

2、○○キラー効果X倍

○○には敵の所属名が入る。

該当キラーを持つキャラが優遇される。

設定されたX倍にキラー効果が上昇。

キラー効果という言葉に注目。

 

 

尺度を合わせる

1、条件比較

設定条件に完全合致する最適正キャラ。

最適正キャラがいない場合、

設定条件の読解と比較が必要になる。

  • 速属性ダメージ2倍
  • キラー効果8倍(破面)

 

極武の回廊9階から抜粋。

最適正キャラを選択できない場合、

どちらの条件を優先すべきなのか?

 

2、解りづらい理由

『尺度が異なるから』

 

一方はダメージに対する表記。

他方はキラー効果に対する表記。

尺度が異なっている。

最も重要なのは付与ダメージ量。

キラー効果を読み替えれば解決する。

 

3、キラー効果の読み替え

f:id:sakanadefish:20200605153446p:plain

効果内容に置き換える。

ダメージ量の尺度に変化する。

キラー効果の読み替えが完了。

 

極武の回廊9階の事例を読み替える。

  • 速属性ダメージ2倍(100%UP)
  • 破面キラーのダメージ160%UP

 

160%UPとは2.6倍。

2条件の単純比較ならば、

キラー効果を選択した方が優位。

だが、そう簡単には終わらない。

属性指定のダメージUPが条件の場合、

当該属性がボス戦の優位属性になる。

 

つまり、

属性相性によるダメージ増量が発生。

優位属性の場合、1.5倍の増量。

ダメージ計算では乗算になるため、

2倍×1.5倍=3倍という結果になる。

最終的には属性条件の選択が優位になる。

 

 

キャラ選びの視点

1、ダメージ条件>キラー効果

計算が面倒な場合は、

○○のダメージX倍を優先すれば良い。

キラー効果の倍率が余程高くない限り、

ダメージ条件よりも優位になる事はない。

ダメージ条件を優先しておけば大丈夫。

ダメージ条件で上手く行かない場合、

ダメージ条件に沿えない場合、

条件を再確認して、人選を考え直そう。

 

2、開眼育成の程度

開眼育成度合いも影響する。

不利な条件を選択したとしても、

育成込みで好条件になり得る。

開眼によるインフレは大きい要素。

条件だけに縛られる必要はない。

f:id:sakanadefish:20200605195136p:plain
キラー効果と属性相性を満たす。
十刃所属が望ましいが、
開眼育成の程度で選択している。

 

3、スリップダメージ
f:id:sakanadefish:20200605201926p:plain
f:id:sakanadefish:20200605201942p:plain
f:id:sakanadefish:20200605201930p:plain
f:id:sakanadefish:20200605201934p:plain
f:id:sakanadefish:20200605201938p:plain

 

毒・火傷・裂傷の有効活用。

ダメージ付与は攻撃以外からも可能。

設定条件に左右されない。

状態異常の最大の強み。

スリップダメージを活用できれば、

穿界門クエスト踏破は楽になる。

 

 

鰤ノ活〆語録

「単純に倍だ」

f:id:sakanadefish:20200605205225p:plain
byグレミィ・トゥミュー

 

ダメージ条件の種類は2つ

属性所属ダメージキラー効果

前者の方が解り易い

ダメージと言ってくれている

記載された倍率通り増加する

2倍と書いてあるならば

単純に倍なのだ