ブレソル血戦篇

ブレソルこと"BLEACH Brave Souls"の情報を発信。様々な視点でブレソルを評価し、プレイヤーの一助になる事を目的とした積極的ブログ。

今後の展望:高難易度実装を踏まえて

2月から高難易度グルバトが実装。

更に新育成要素なども控えている。

ブレソルの今後を分析・予測する。

f:id:sakanadefish:20210207062555p:plain

 

先に結論

『高難易度はソロ

『時間制約の緩い環境作り』

『キャッチアップ重視』

 

昨年からの流れを踏まえれば、

製作の力点は大きく3つ。

今後のコンテンツに影響するだろう。

 

 

結論の理由

①:グルバト・穿界門

f:id:sakanadefish:20210213113842p:plain

主要コンテンツを抜粋。

ソロ・マルチの枠組みで捉えれば、

改修はソロに集中している。

何れも高難易度が追加。

今後も高難易度はソロに依存するだろう。

 

②:コンテンツの現状

f:id:sakanadefish:20210213115813p:plain

時間制約から見るコンテンツ。

製作側が力を入れているのは、

時間制約の緩いもの。

プレイヤーによって、

遊べる時間帯は異なってくる。

タイムフレキシブルな環境を作る事で、

プレイヤー全体のニーズを満たす狙い。

 

昨年はアジアサーバーも追加。

海外展開も進むことで、

時間制約の撤廃に力が入る。

サーバー横断的な新コンテンツ、

アリーナも同様だろう。

 

③:育成環境の強化

f:id:sakanadefish:20210213122235p:plain

御新規のキャッチアップも重点的。

アビリティ面では、

リンク薬+5が各属性に登場。

1月は新キャラが、

強化石・晶・雫ドロップUPを獲得した。

 

交換所のレート改変も効果的。

不足する育成素材を補充可能。

継承育成までの道筋を強化し、

キャッチアップし易い環境を整備した。

今後も環境整備は更に進むだろう。

 

 

現状の問題点

①:高難易度の報酬

f:id:sakanadefish:20210213143835p:plain

『報酬設定が割と雑』

『インセンティブが弱い』

 

高難易度が実装されるものの、

設定報酬に大きな違いはない。

高難易度の攻略は、

既存報酬+自己満足という図式が見える。

設定報酬の上方修正に取り組むべき。

 

穿界門においては、

各種育成素材が配布される。 

挑戦する人が先行者とは限らないが、

高難易度に値する報酬とは思えない。

育成素材ならばリンク薬・開眼巻物、

穿界門メダルを増やすと言う選択もある。

環境に見合う変更が必要だろう。

 

グルバトにおいては、

個人報酬を充実させるべき。

設定報酬の母数に違いを設けているが、

ランダム報酬である点に変わりはない。

高難易度に挑戦する事で、

確実に良い報酬を得られる体系が必要。

現状では余り大きな差が見えない。

 

②:穿界門の選択

『選べる☆6チケットを』

『選択可能にすべき』

 

研鑽の洞窟について。

現在の仕様では、

挑戦する穿界門で入手キャラが決まる。

ここで問題となるのは、

エクストラへの挑戦権。

研鑽の洞窟だけに設定されている。

結果的に選択する穿界門は1択になる。

 

研鑽の洞窟に挑戦すれば、

★6斬月の入手機会はなくなる。

バトルリンクとして優秀であり、

開眼を進めたいと思う人もいるだろう。

プレイヤーの意思決定を戦略的にする為、

50階層の報酬を選択制にすべき。

エクストラの挑戦権を残しつつ、

制服一護・斬月を選べる事が望ましい。

  

③:補強選択のジレンマ

『推しキャラを選ぶか』

『円滑な攻略を選ぶか』

 

各個人の補強選択について。

高難易度の攻略には、

設定条件に沿う事が不可欠。

特殊キラーなどであっても、

補強せざるを得ない。

推しキャラと条件が被れば最善だが、

思い通りには中々ならない。

 

遊び方の選択が今まで以上に重要。

グルバト攻略で上位グループに所属。

推しキャラの開眼を狙う。

新キャラをとにかく狙う。

それぞれで補強方針は異なる。

霊玉の振り分けが必然的に決まる。

両立を目指すには相応の課金が必要。

 

④:ステータスを活かす環境

『ステータスは十分』

『活きる環境は不足』

 

開眼でステータスは大きく向上。

高難易度グルバトでは有効だが、

レイド・共闘は環境が不足。

レイドにおいては、

ボーナス指定が報酬獲得に必要。

開眼育成は力を発揮するが、

キャラ選定で最優先にはならない。

 

⑤:共闘の魅力

『ブレソル本来の魅力』

『高難易度が待たれる』 

 

開眼に対応する共闘環境は不足。

個人的な見解だが、

共闘にブレソル本来の魅力がある。

グルバト・レイドにも面白味はあるが、

キャラ選択などで限定条件が伴う。

育成した推しキャラを、

存分に使える共闘がブレソルの良さ。

 

前述した通り、

高難易度共闘は未改修。

開眼を活かせる難易度の追加が望ましい。

共闘にテコ入れを行う事で、

本来の魅力を高めて欲しい。

 

 

新育成要素について

①:☆7の確度

『☆7が濃厚も』

『現状では未定』

 

☆5が☆6へ覚醒した。

☆6が☆7へ覚醒もあり得る。

現段階では確定情報はないが、

強化の流れとしては一理ある。

正式な告知も近いと思われる。

 

②:どの次元になるのか

『覚醒<継承<開眼』

 

育成段階は現状3つ。

キャラクターが得る力の程度が、

育成プロセスの手間に結びつく。

新育成要素がどの次元なのか、

開眼以上であれば手間は相当になる。

 

③:育成要素の核心は?

f:id:sakanadefish:20210213172536p:plain

育成要素の系譜はステータス強化。

これまでを踏襲するならば、

新育成要素はステータス系だろう。

ステータスを強化する事で、

高難易度グルバトも対応し易くなる。

 

新育成を☆7と仮定する場合、

ソウルツリーを再度満たす事になる。

ソウルツリーはアビリティ開放を含む。

新アビリティ獲得への期待もあるが、

既存キャラ全てを再構成するのは手間。

転生とも育成性質が類似する。

現実的に望み薄だろう。

 

ぷちたまはアビリティに可能性を持つ。

レイドでは特殊火力が鉄板だが、

抽選項目には様々なアビリティがある。

攻撃範囲UPなども存在。

共闘性能の強化も実現できる。

 

④:育成素材の収集方法

『メダル交換所が主流』

『レイド負担増加が懸念』

『極限共闘も活用可能』 

 

最近の主流はメダル交換。

バトル・レイド・極限・戦記など、

各コンテンツに交換所が存在する。

新育成要素の素材も、

メダル交換が収集手段として現実的。

レイド周回数の増加は懸念材料。

素材を分散して獲得出来る仕様が望ましい。

 

⑤:転生との兼ね合い

『☆7とは無関係』

『順次継続する見込み』

 

新育成が☆7であるとしても、

転生は継続するだろう。

1月は進行が一時停止したが、

現在は再開している。

共刀恋次・共刀一護を始め、

千年血戦第1弾も視界に入ってきた。

新育成と同様に注目したい。