ブレソル血戦篇

ブレソルこと"BLEACH Brave Souls"の情報を発信。様々な視点でブレソルを評価し、プレイヤーの一助になる事を目的とした積極的ブログ。

朽木白哉:あやかしver

朽木白哉:あやかし

  • 総合力得点:40点
  • アビリティ:30点
  • モーション:10点

寸評:ただ純粋に格の差だ

 

キャラクター特徴

1、強ヒット×強範囲UP×クール12

強ヒットキャラの理想的な組み合わせ。

ステージ広範囲の敵に対応可能。

キャラ寿命を保証するアビリティ構成。

 

2、火力アビリティ

全種類のダメージUPを備える。

  • 通常攻撃ダメージ20%UP
  • 強攻撃ダメージ20%UP
  • 必殺技ダメージ40%UP

 

現在は全種ダメージUP搭載が主流。

火力特化型(40/40/60)も存在するが、

数値構成(20/20/40)としては一般的。

各攻撃で安定的な火力を発揮する。

 

3、状態異常

全攻撃で氷結を付与。

  • 通常攻撃:7秒
  • 強攻撃:7秒
  • 必殺技:10秒

状態異常時間+5秒も完備。

確実に相手を止める仕様。

ボス戦も安全に処理できる。

 

4、状態異常耐性

毒無効を備える。

無効効果のメリットは2つ。

  • 毒マップへ侵入可能
  • 被弾時の毒状態回避

マップ上への侵入が最大のメリット。

高難易度共闘は状態異常マップが頻出。

行動範囲を広くして戦える。

 

5、モーションについて

通常攻撃は4段構成。

強攻撃1は前方射出の帯型。

強攻撃2は円型。

強攻撃3は全画面攻撃。

青攻撃タイプ特有の吹飛型は無い。

 

 

同属性キラー比較

VS:ネリエル(CFYOW Truths)

 

朽木白哉の勝利

白哉が総合力で優位に立つ。

ネリエルにも良さは存在する。 

白哉は状態異常と範囲で優位。

全攻撃で氷結付与。

強攻撃範囲UPで広範囲に対応可能。

ステージ全体の視点で見れば、

殲滅力・対応力は白哉が勝る。


ネリエルは火力アビリティで優位。

敵ガード無効も備えている。

通常攻撃もガード無しに入る。

敵単体の視点で見れば、

ダメージ付与効率は白哉に勝る。

 

モーションは白哉が優位。

白哉のモーションは満点。

ネリエルは強1が吹飛型。

敵が離散しやすく

ヒット判定から漏れる場合がある。

火力特化型のアビリティ構成が救い。

離散前に敵を殲滅したい。

 

総合力採点を比較すれば、

朽木白哉=40点

ネリエル=30点

共闘使用・開眼育成は

朽木白哉を選択する方が良い。

 

VS:将来性

長期的な性能寿命は確定。

優れたアビリティ構成に加え、

満点の攻撃モーションを備える。

洗練された競争力の高い共闘性能は、

新キャラでも容易く超える事が難しい。

共闘戦力して輝き続ける。 

 

 

総評

高次元に洗練された抜群の安定感。

全種の火力アビリティと強範囲UPで一掃。

氷結付与で封殺。

敵に反撃の隙を与えない。

遠距離タイプ特有の吹飛要素が無い。

強攻撃の扱い易さも魅力的。

開眼5を狙いたい完成度。 

開眼育成甲斐のあるキャラクター。 

 

 

アクセ&リンク

1、アクセサリ

会心残しの霊圧上げ。

  • 転神体(必須)
  • 滋養強壮剤(準必須)
  • ゼタボルたん(状況次第)

 

潜伏敵に応じて3枠目を調整。

潜伏敵が不在の場合、

工匠の茶道具・ハンチング帽・副官章。

所属限定アクセを装備する場合、

死神・隊長が条件になる。

第2効果は全て霊圧固めの1択。

強ヒット数UPの鉄則。 

 

2、キャラリンク

クールタイム短縮で固める。

強攻撃の火力と範囲が強み。

強攻撃の回転を上げて戦いたい。

  • 草鹿やちる(クール14
  • 朽木ルキア(クール14/氷結55%短)
  • 朽木白哉(クール12/強ダメ16%UP)

 

あくまで1つのサンプル例。

クールタイム50%短縮が目標。

3枠目は共刀白哉を選択。

クール短縮と強攻撃ダメージUPを両立。 

強範囲UPを備えるキャラと相性が良い。 

 

 

性能情報

  • 通常:幅400・奥行200
  • 強1:幅870・奥行3000・CT8秒
  • 強2:範囲半径960・CT16秒
  • 強3:範囲半径1200(全面)・CT24秒
  • 必殺:範囲半径2000(全面)
  • アビリティ・ソウル特性は以下


※緊急回避+1を備える

 


CV置鮎龍太郎さん