ブレソル血戦篇

ブレソルこと"BLEACH Brave Souls"の情報を発信。様々な視点でブレソルを評価し、プレイヤーの一助になる事を目的とした積極的ブログ。

山本元柳斎重國:千年血戦 西北ver

f:id:sakanadefish:20201111165212p:plain

 

採点評価 

  • 総合力得点:41点
  • アビリティ:31点
  • モーション:10点

寸評:太陽を纏う身と刃で敵を焼滅

 

 

キャラクター特徴

①:強ヒット×強範囲UP×クール12

強ヒットキャラの理想的な組み合わせ。

ステージ広範囲の敵に対応可能。

キャラ寿命を保証するアビリティ構成。

 

②:状態異常

全攻撃で火傷を付与。

異常時間延長+2秒も完備。

火傷の持続時間は、

  • 通常攻撃:4秒
  • 強攻撃:4秒
  • 必殺技:7秒

 

必殺技使用でボスが残存しても、

7秒間は火傷でダメージが入る。

確実にボスの体力を削り取れる。

 

③:火力アビリティ

全種類のダメージUPを備える。

  • 通常攻撃ダメージ20%UP
  • 強攻撃ダメージ20%UP
  • 必殺技ダメージ40%UP

 

現在は全種ダメージUP搭載が主流。

火力特化型(40/40/60)も存在するが、

数値構成(20/20/40)としては一般的。

各攻撃で安定的な火力を発揮する。

 

④:火力アビリティ(敵状態異常)

f:id:sakanadefish:20201113023000p:plain

敵火傷時全ダメージ20%UPを備える。

このアビリティにより、

火力特化型と同数値を得る。

敵を火傷状態にすることが、

殲滅力を強化するポイント。

 

⑤:火傷無効

火傷無効の長所は2つ

  • 状態異常マップへ侵入可能
  • 被弾時の状態異常回避

 

マップ上への侵入が最大の長所。

高難易度共闘は状態異常マップが頻出。

行動範囲を広くして戦える。

被弾時の火傷回避は、

追加ダメージを無効化する。

 

⑥:火傷確率付与

5秒毎に火傷確率付与の判定。

自身の攻撃とは無関係に、

周囲の敵を火傷状態に出来る。

共闘では評価が難しいアビリティ。

共闘では敵の殲滅調整を行わない。

火傷確率付与の状況が常に不確定。

状態異常確率UPよりも自在性が低い。

 

⑦:回避無効(対無所属)

無所属の敵が行う回避行動を無効化。

現在の共闘では、

回避行動をとる敵は存在しない。

共闘性能として機能しないため、

性能評価の対象外とする。

 

⑧:霊圧数値

霊圧数値は815。

採点基準に従い、

霊圧800越えの加点処理を行う。

 

⑨:モーションについて

f:id:sakanadefish:20201113120934p:plain

完成形に近似するモーション構成。

前方突進型を2種類備える。

強1は赤攻撃の典型事例だが、

強2は同系統なしの前方突進。

従来よりも基礎範囲が拡張された。

 

強2円型と比較すれば基礎範囲は劣るが、

差は大きく縮小。

差は存在するが、

相対的に同列とみなす。

完成形に極めて近い強攻撃を備える。

 

 

同属性キラー比較

VS:ニニー・スパンコール

f:id:sakanadefish:20201111165158p:plain
f:id:sakanadefish:20201109183204p:plain

 

山本元柳斎重國の勝利

山爺が総合力で優位。

ニニーも多くの強みを持つ

f:id:sakanadefish:20201113171116p:plain

山爺は状態異常を基調とする性能。

高性能要素を備えた上で、

火傷状態を最大限活かすアビリティ構成。

火傷確率付与に過度な期待は出来ないが、

付与機会の底上げにはつながる。

パッシブスキルの追加によって、

アビリティ構成は充実している。

 

ニニーは初期段階の火力と利便性が強み。

強攻撃ダメージUPは、

火力特化型を超える数値。

開眼育成に依存せず、

初期段階から高火力を発揮する。

ダブルキラー・赤青対応を備えており、

1人4役の戦力となる利便性が魅力的。

 

f:id:sakanadefish:20201113170650p:plain

ニニーは根源的には青攻撃。

山爺との単純比較は難しい。

確実性とクールタイムの観点で、

山爺が優位と言えるだろう。

強1は吹飛有無による確実性の差。

強2はバリア有無によるクールタイムの差。

回転が良く確実性の高い山爺が優れる。

 

総合力採点を比較すれば、

山本元柳斎重國=41点

ニニー・スパンコール=37点

キャラ選択の核心は状態異常or利便性。

火傷状態の制圧を求めるならば山爺。

1人4役の戦力を求めるならばニニー。

 

VS:将来性

長期的な性能寿命は確定的。

アビリティ・モーション共に優秀。

競争力の高い共闘性能を持つ。

パッシブスキルの獲得により、

アビリティ充実度で優位な立場にある。

将来的な共闘環境の変化次第で、

性能価値が上昇する可能性を残している。

 

 

総評

1作目の悔いを晴らす集大成。

2019年7月登場の東南verから大きく進化。

強範囲UP・全種類の火力UPを搭載。

1作目で欠落した高性能要素を回収した。

パッシブスキルという新たな枠組みで、

アビリティ上限数を拡張。

火傷効果を制するアビリティを備える。

 

その一方で、

能力制限を課された嫌いがある。

具体的には5秒毎火傷確率付与。

残日獄衣の具現化として不足感は否めない。

状態異常確率UPならば性能は更に向上した。

とはいえ山爺史上最高傑作。

開眼育成甲斐のあるキャラクター。 

 

 

アクセ&リンク

①:アクセサリ

f:id:sakanadefish:20201013175313p:plain

会心残し霊圧上げが基本方針。

第2効果は全て霊圧固め。

強ヒット数UPの鉄則。

 

ゼタボルたんは状況次第。

3枠目は任意のアクセサリ。

工匠の茶道具・ハンチング帽・副官章。

所属限定アクセを装備する場合、

死神・隊長が条件になる。

 

②:キャラリンク(火力型)

f:id:sakanadefish:20201113153748p:plain

全攻撃を強化するリンク構成。

強攻撃の手数は減るが、

1撃の威力は極めて高い。

強攻撃の手数が少ない分、

5秒毎の感覚に注意を払える。

火傷確率付与を意識しながら、

強攻撃を射出すれば火力は更に伸びる。

 

③:キャラリンク(折衷型)

f:id:sakanadefish:20201113145208p:plain

クール短縮と火力を両立する構成。

クールタイムは48%短縮。

強攻撃に前方突進を2つ備える。

敵陣に斬り込む強みがある一方、

敵に囲まれるリスクも存在。

強攻撃の手数を増やす事で、

敵を完全に押し込む戦いが可能。

火傷付与の機会も増加する。

 

強攻撃火力は36%UP。

自身の火力アビリティを加えれば、

火力特化型と近い数値を得る。

敵火傷時ならば、

強攻撃は76%UPまで上昇する。

 

 

性能情報

  • 通常:範囲半径375
  • 強1:範囲半径570・CT8秒
  • 強2:範囲半径870・CT16秒
  • 強3:範囲半径1200(全面)・CT24秒
  • 必殺:範囲半径2000(全面)
  • アビリティ・ソウル特性は以下

f:id:sakanadefish:20201111165248p:plain
以下のアビリティを備える。
※緊急回避+1
※火傷無効/火傷確率付与
※無所属の回避無効

 

f:id:sakanadefish:20201111165223p:plain
CV高岡瓶々さん