ブレソル血戦篇

ブレソルこと"BLEACH Brave Souls"の情報を発信。様々な視点でブレソルを評価し、プレイヤーの一助になる事を目的とした積極的ブログ。

新春クエスト攻略:開眼ポイントを回収せよ!!

22日から特別新春クエストがスタート。

☆5コン・育成素材を獲得できる。

開眼P回収の有効性を検証する!!

f:id:sakanadefish:20210123113536p:plain

 

先に結論

『手堅さなら新春クエスト』

 

ドロップ率は決して良くはない。

過度な期待は禁物だが、

ガチャよりも手堅さはあるだろう。

 

 

獲得ミッション

f:id:sakanadefish:20210123115159p:plain
f:id:sakanadefish:20210123115209p:plain
f:id:sakanadefish:20210123115213p:plain
f:id:sakanadefish:20210123115205p:plain

f:id:sakanadefish:20210123120445p:plain

4種類のキャラを獲得可能。

育成による霊玉回収を見込める。

コンは☆6まで育成できる。

霊玉獲得数は最大125個。

忘れずに霊玉を回収しよう。

 

 

入手頻度

f:id:sakanadefish:20210123123508p:plain

満喫パス導入のアカウントで検証。

通魂符は50枚消費だが、

試行数は60枚換算。

☆5コンは4体ドロップ。

開眼Pは4790を計上している。

 

特別抽選の必要ポイントは2万。

検証のドロップ率では、

通魂符240枚前後が必要になる。

☆5コンの売却益1000Pは魅力的だが、

2万ポイントには周回数が求められる。

 

 

月例イベント比較

f:id:sakanadefish:20210123133921p:plain

EXTRA4以上・最高難易度で検証。

月例イベントの魅力は、

ブレチケで☆5を狙える点にある。

売却可能な場合、

即時2万ポイントを入手できる。

ブレチケ以外からの開眼Pは、

厳しく見積もって最低900ポイント。

新春イベントと大きな差がある。

 

f:id:sakanadefish:20210123142558p:plain

ブレチケの☆5排出率は3%。

ブレチケ34枚が数値上の目安になる。

通魂符に換算すれば約240枚。

数値通りに☆5が出れば、

新春イベントとほぼ同値になるだろう。

通魂符の再投入を加味すれば、

ブレチケ獲得数の上乗せは期待できる。

 

獲得した通魂符を再投入している。

消費実数の視点では、

新春イベントが少なく済む計算。

いずれの周回もランダム性を孕むが、

手堅さは新春イベントにあると見る。

 

 

来週の問題点

『極限共闘ウィーク』

『開眼重視ならゲスト周回』

 

新春イベントは5枚消費可能。

必要周回数を踏まえれば、

5枚消費が現実的。

新春イベントに通魂符を割くならば、

極限はゲスト周回を徹底すべき。

極限のゲストは通魂符の消費がない。

開催日程が重複する非効率を解消できる。

 

 

コン'sマニュアル

①:穿界門要員

『無所属』

『緊急回避+1』

『緊急回避距離UP』

 

強ヒット数UPを備える無所属。

ステータス・モーションは不足だが、

回避性能に優れている。

敵ボスの必殺技を回避し易い。

必殺技レベル5を作れるメリットもある。

 

②:育成素材の注意

f:id:sakanadefish:20210123144552p:plain
f:id:sakanadefish:20210123144600p:plain

異種キャラへの素材は開眼ポイントあり。

同種キャラへの素材は開眼ポイントなし。

獲得経験値が異なる故だが、

開眼ポイントが最重要。

育成素材にする際は注意したい。

 

③:リンク要員

『バトルリンクの候補』

『特別抽選は体力』

 

ソウル特性は体力+320。

開眼特別枠は体力で一致させるべき。

バトルは被ダメが主流だが、

枚数が揃うまで代用できる。

獲っておいて損はない。