ブレソル血戦篇

ブレソルこと"BLEACH Brave Souls"の情報を発信。様々な視点でブレソルを評価し、プレイヤーの一助になる事を目的とした積極的ブログ。

現況:高難易度グルバト-ROUND4

高難易度グループバトルROUND4。

現況を踏まえ、

攻略に必要な視点と準備を纏める!!

f:id:sakanadefish:20210308212223p:plain

 

現在の結果

①:スコア表

f:id:sakanadefish:20210308212235p:plain

 

②:チーム構成

f:id:sakanadefish:20210308212215p:plain
f:id:sakanadefish:20210308212159p:plain
f:id:sakanadefish:20210308212208p:plain
  • 黒崎一護:開眼1(霊圧⑩)
  • 更木剣八:開眼5(攻撃500)
  • 茶渡泰虎:開眼5(攻撃500)

f:id:sakanadefish:20210308213859p:plain

 

③:所感と課題

ギリギリながら攻略。

メインは年末ガチャの深追いを避けた。

その中で大人一護1枚だけを獲得。

攻略不可を想定していただけに、

結果は嬉しい誤算。

 

とはいえ薄氷の攻略。

戦力補強の観点では、

引き続き注視するラウンドになる。

大人一護の復刻を待つ選択肢も含め、

最新キャラを待ちたい。

 

 

チーム構成の視点

①:攻略の分岐点

『開眼済みの』

『常設バトル戦力』

 

バトル戦力に隊長キラーが充実。

常設の闇鍋常連にも存在。

開眼育成済みの戦力を、

グルバト高難易度に転用できる。

オート枠次第で攻略を狙える。

 

②:操作キャラ(人選)

f:id:sakanadefish:20210308222004p:plain
f:id:sakanadefish:20210308222007p:plain
f:id:sakanadefish:20210308222309p:plain
f:id:sakanadefish:20210308222013p:plain
f:id:sakanadefish:20210308222018p:plain
f:id:sakanadefish:20210308222236p:plain
  • 大前田希千代(共刀)
  • 猿柿ひよ里(過去篇)
  • 朽木響河(共刀)
  • 雀部長次郎(千年血戦)
  • 黒崎一護(千年血戦10年)
  • 朽木白哉(5周年記念)

f:id:sakanadefish:20210309001027p:plain

大人一護が大本命。

高難易度グルバトありきの性能。

1体を所持していれば、

オート枠次第で攻略を目指せる。

開眼済みならば攻略は確実。

 

雀部長次郎も十分に本命。

大人一護が突出しているだけ。

雀部の性能は優れている。

敵を封殺できる麻痺付与、

敵麻痺時の火力ブーストも備える。

 

大前田は必殺ヒット数UP。

高難易度では強みが消されているが、

完全重複キラーは光る。

瀕死時全ダメUPという特殊火力、

防御低下能力なども備える。

開眼育成済みであれば、

オート枠次第で攻略を目指せる。

 

5周年白哉はオート戦術。

オート枠の開眼育成度が高い場合、

敵を纏める事で攻略を狙う。

強2は追尾型という高性能。

自身のソウル特性はクール14。

開眼育成済み・クール積みならば、

隊長キラー以外でも可能性はある。

 

③:操作キャラ(装備)

f:id:sakanadefish:20210309011345p:plain
f:id:sakanadefish:20210309011351p:plain
  • ミサンガ
  • エリミネーター(対応別)
  • 滋養強壮剤
  • 饅頭(麻痺短縮50%)
  • 所属限定アクセなど

 

転神体は不要。

必殺技ダメージ半減の新ルール。

開眼5であっても、

必殺技に依存できる環境ではない。

必殺技は特殊効果の付与が主目的。

 

ミサンガは合成不可。

エリミネーターは合成可能。

ミサンガが無ければ、

高難易度への挑戦は避けるべき。

第2効果は霊圧30%が大前提。

 

f:id:sakanadefish:20210216173216p:plain
f:id:sakanadefish:20210216175622p:plain
f:id:sakanadefish:20210216173128p:plain

クール×火力型のリンク構成。

強攻撃の手数を増やす事で、

状態異常を付与する機会も増える。

転生リンクの場合、

強攻撃火力と両立する事ができる。

 

火力特化のリンク構成。

ハンペン積みが基本路線。

ハンペンに限りがあれば、

同属性の体力最大時全ダメUPを起用。

オート枠の体力維持は不可能。

操作キャラに条件の厳しいリンクを積む。

被弾すればリンク問わず攻略は困難。

 

④:オートキャラ(人選)

f:id:sakanadefish:20210308222244p:plain
f:id:sakanadefish:20210308222230p:plain
f:id:sakanadefish:20210308222226p:plain
f:id:sakanadefish:20210308222846p:plain
f:id:sakanadefish:20210308222851p:plain
f:id:sakanadefish:20210308222221p:plain
f:id:sakanadefish:20210308222317p:plain
f:id:sakanadefish:20210308222240p:plain
  • ドルドーニ(CFYOW.T)
  • 更木剣八(Belief)
  • 茶渡泰虎(Bond)
  • 山本重國(隻腕)
  • 卯ノ花八千流(千年血戦)
  • 天貝繍助(知属性)
  • 完全虚化一護(4周年記念)
  • ノイトラ(CFYOW)

f:id:sakanadefish:20210309002905p:plain

通常ヒット数UPの候補は充実。

バトル環境は開眼育成が不可欠な状況。

バトル戦力の転用が現実的。

剣八・茶渡・ノイトラが主な候補。

実装時はバトル最上位戦力。

特徴的な強2を備えている。

基礎火力の欠落はリンクで補いたい。


ドルドーニは最新性能を搭載。

麻痺耐性を備えている。

強2は敵を封殺する纏型。

クール短縮を内在化しており、

強2の回転率を高める事も出来る。

開眼育成は難しいが、

戦略性を高める存在と言える。

 

天貝は2020年実装の常設キャラ。 

基礎火力・火力ブーストが強み。

闇鍋常連となる事で、

開眼育成を狙い易い存在になる。

有力な選択肢となるだろう。

 

⑤:オートキャラ(装備)

f:id:sakanadefish:20210309014709p:plain
f:id:sakanadefish:20210309014720p:plain
f:id:sakanadefish:20210309014714p:plain
  • 金色チャッピー
  • チャッピー
  • 対虚用撒き餌
  • 饅頭(麻痺短縮50%)

 

強ヒット数UPについて。

体力は必然的に削られる。

クール短縮で手数を増やしたい。

致死生存・瀕死時全ダメとも好相性。

復活時に強攻撃を即時使用できる。

 

通常ヒット数UPの装備を掲載。

敵が防御ステを獲得、

攻撃ステを極力引き上げる必要がある。

ステータス数値が最重要。 

防御数値を超える事に注力する。

 

 

ボス情報

f:id:sakanadefish:20210308223834p:plain
f:id:sakanadefish:20210308223825p:plain
f:id:sakanadefish:20210308223839p:plain
f:id:sakanadefish:20210308223829p:plain
f:id:sakanadefish:20210308223842p:plain

f:id:sakanadefish:20210308230512p:plain

赤青交互のボス構成。

耐久力が比較的低い中盤までに、

狛村・京楽が登場する。

両者は2018年下半期に実装。

モーションに鋭さは備えている。

序盤・中盤のボスと言えど、

油断はできない。

 

本命は終盤戦。

卯ノ花は強2除外の構成。

強攻撃の選択肢が少ないため、

強3を撃つ確率が高い。

転生キャラクターだが要注意。

 

更木剣八は2020年実装。

強範囲UPは備えていないが、

モーション構成は優れている。

オート枠で剣八を起用する場合には、

敵味方の判別に気を付けたい。

一瞬の見落としで、

確実に被弾するだろう。

 

 

攻略の視点

①:状態異常対策

『対策が必要』

 

状態異常マップは麻痺。

操作キャラは手動で回避できるが、

オート枠は回避不可能。

アクセリンクで、

麻痺無効100%を構築する。

 

②:リスク受容の対策

f:id:sakanadefish:20210308212215p:plain
f:id:sakanadefish:20210308212159p:plain
f:id:sakanadefish:20210308212208p:plain

『麻痺対策は半分まで』

 

操作キャラの開眼度は低い。

オート枠の働きが鍵を握る。

麻痺短縮リンクも不足している事から、

敢えて50%短縮で留める選択。

火力を強化できるリンクを装備した。

 

オート枠は赤攻撃揃い。

基本的に敵を追う性質。

ボスをステージ中央部に引き出せば、

オート枠の麻痺確率は減る。

操作枠の被弾リスクと手間は増えるが、

オート枠を活かす為に受容する。

操作枠は被弾リスクからクール積み。

 

③:オートを活かす

『モブを優先除去』

『敵を纏める』

 

オート枠は敵を追う。

ボスに集中させる必要がある。

操作枠の開眼が不足する場合には、

操作枠はオート枠の援護に徹する。

強攻撃でモブを優先的に殲滅する。

モブが消えれば、

オート枠は必然的にボスへ向かう。 

 

敵を纏めて封殺すれば、

通常攻撃の効率は更に向上する。

ボスも移動する。

移動すれば通常攻撃は届かない。

追撃時間を削減することが重要。