ブレソル血戦篇

ブレソルこと"BLEACH Brave Souls"の情報を発信。様々な視点でブレソルを評価し、プレイヤーの一助になる事を目的とした積極的ブログ。

先行:高難易度グルバト情報

高難易度グルバトが2月から実装。

実装週がROUND8。

その全貌と注目点を御伝えする!!

f:id:sakanadefish:20210123174617j:plain

 

高難易度ROUND8 

f:id:sakanadefish:20210123171211p:plain

 

 

ボス情報

f:id:sakanadefish:20210123172034p:plain

最大の変化はNPCの防御値。

これまでNPCは防御値を持たなかった。

プレイヤーの攻撃値は、

ダメージ計算に直接反映されていた。

この前提が高難易度では通用しない。

 

f:id:sakanadefish:20210123172933p:plain
f:id:sakanadefish:20210123173342p:plain

いずれもリンク装備は無し。

アクセだけを装備。

WAVE4以降は防御数値3000越え。

アクセによる上乗せが無力化する数値。

霊圧特化のキャラでは、

攻撃数値自体が無意味になる。

強攻撃に依存するしか手段はない。

 

 

先行情報からの注目点

①:必殺技の半減

『容易く攻略はさせない』

 

開眼5の必殺技はグルバトで効果的。

通常グルバトでは、

高火力必殺技を使い秒殺クリアが可能。 

高難易度は制限を課すことで、

容易な攻略を封じたと言える。

 

開眼5育成者の攻略優位は不変だが、

優位性を消す条件は画期的。

必殺技レベルで満足することなく、

育成まで取り組む事を刺激する内容。

新育成要素との関わり合いも深そうだ。

 

②:赤青対応の存在感

『存在感向上の見込みあり』

 

注目すべきは2つの設定条件。

赤攻撃ダメージ2倍。

青攻撃ダメージ2倍。

赤青対応のキャラクターは、

両方の条件に合致している。

つまり2条件の恩恵を得られる。

赤青対応の存在感は高まりそうだ。

 

あくまで推察の範疇。

実際は1条件だけの発動かもしれない。

高難易度では条件をフル活用したい。

最も注視すべき部分だろう。

戦力補強の在り方にも影響する。

 

③:新育成要素

『関連性は濃厚』

 

開眼ありきのコンテンツでは閉鎖的。

新育成要素を通して、

挑戦しやすくなる事は考えられる。

問題は育成の方法になる。

開眼は霊玉負担が大きい。

グルバトの難易度よりも、

新育成システムの難易度が注目点。

 

④:新キャラへの影響

『2月以降は要警戒』

 

新コンテンツが実装されれば、

対応キャラの登場は十分ありうる。

大人一護・大人ルキアは先駆け的存在。

両名を追う形で、

2月以降に順次登場する可能性はある。 

 

⑤:グルバト報酬

『報酬体系の追加は不明』

『追加の可能性はある』

 

実装前の正式告知を待つしかない。

レイド・共闘などでは、

高難易度で報酬の質はあがる。

グルバトも同様だと思われる。

最低限クリア報酬の底上げはあるだろう。