ブレソル血戦篇

ブレソルこと"BLEACH Brave Souls"の情報を発信。様々な視点でブレソルを評価し、プレイヤーの一助になる事を目的とした積極的ブログ。

シリーズ考察:CFYOW-VOL①

いよいよCFYOWがリスタート。

2月中旬ガチャを前に、

CFYOWを取り巻く現状をまとめる!!

f:id:sakanadefish:20210212182301p:plain

 

基本データ

f:id:sakanadefish:20210212121349p:plain

 

 

現状分析

①:CFYOW

f:id:sakanadefish:20210212122258p:plain

4弾構成・12体が実装。

第1弾を除いて、

環境・アビリティに変化を与えた。

第3弾・第4弾は共闘性能に影響。

高性能共闘戦力の起点となるバナー。

 

f:id:sakanadefish:20210212123211p:plain

総合力採点から分析。

高性能要素の起点となった3体は、

37点以上を獲得。

現環境においても、

十刃の体裁を保つ性能と言える。

 

その一方で、

十刃の序列に関わらず明暗が別れた。

第1十刃のバラガンは、

第4弾で実装も高性能要素を未獲得。

上位陣と大きく差が開いた。

ネリエル・グリムジョーなども同様。

高性能要素導入前であり、

総合力30点を下回った。

高性能の恩恵を得たのは僅か3名。

 

②:CFYOW Truths

f:id:sakanadefish:20210212123507p:plain

4弾構成・12体が実装。

小説ストーリーに準拠したシリーズ。

目玉要素であった、

檜佐木・平子の卍解が登場。

キャラクター名を重視したバナー構成。

 

f:id:sakanadefish:20210212124855p:plain

2020年に実装された事で、

共闘戦力の多くが高性能要素を獲得。

しかしシリーズ開幕初弾は、

強範囲UPが欠落した。

総合力も34点以下と伸び悩んだ。

 

③:結論

『実装時期から不遇』

『存在感はイマイチ』

 

CFYOW全体を通して、

存在感を強く発揮できていない。

第1の理由は十刃の実装時期。

性能インフレ前に実装されたキャラが多い。

性能インフレ時期に該当する場合も、

導入初期であり上乗せが少ない。

実装時期が総合力を阻害した。

 

第2の理由はCFYOW Truthsの出来。

総合力40点を超えたのは2名。

檜佐木・彦禰はCFYOW8弾、

昨年8月末に漸く40点越えに至った。

高性能共闘戦力の数は増えたが、

突出した存在が少ない。

シリーズとしての存在感が霞む理由。

 

 

視点・論点

①:CFYOWイヤーとは?

『2020年はCFYOWイヤーも』

『バナー数は控え目』

 

公式放送に基づけば、

2020年はCFYOWが主役の位置付け。

確かに主役級が登場し、

未披露だった卍解も実装された。

しかしバナー数は4つ。

2020年前半に3バナーを消化し、

周年記念以降は1バナーのみ。

 

CFYOWイヤーとは、

ストーリーの完結という表面的なもの。

バナー数・性能面など、

実質が伴っていたとは言い難い。

2021年に持ち越した今、

求められる要素は明確。 

実質が伴うバナーで挽回を期したい。

 

②:千年血戦篇との比較

f:id:sakanadefish:20210212164343p:plain

各シリーズから上位10名を抜粋。

両シリーズの差が明確になる。

千年血戦は40点以上の密度が濃い。

更に突出した存在も2名。

CFYOWは30点台後半の密度が濃い。

40点を超える存在は2名のみ。

千年血戦の質の高さが目立つ。

 

③:SAFWYの存在

『実装時期で優位』

『CFYOWが前座になり得る』

 

新たな小説シリーズが登場する事で、

CFYOWの存在感は更に揺らぐ。

現環境で実装される新キャラは、

極めて高性能になり易い。

実装時期から不遇という要素はない。

SAFWYの実装状況で、

CFYOWは前座という扱いになりうる。

 

 

今後への期待

①:CFYOW9弾

f:id:sakanadefish:20210212165907j:plain

2021年に持ち越した事は、

性能的に追い風と言える。

クールホーン・チルッチ・ドルドーニ。

巻き返しに向けて、

涅骸部隊が9弾で登場する。

 

仕掛け人は涅マユリ。

骸部隊の体内には薬を仕込む。

パッシブスキルに注目したい。

骸部隊ではルピが先行。

ルピを上回り40点以上を狙いたい。

 

②:CFYOW10弾

f:id:sakanadefish:20210212175703p:plain

3月末実装が濃厚なCFYOW10弾。

実装が期待される1人は、

銀城空吾になるだろう。

2018年8月末以来、

実装が無いキャラクター。

実装履歴は常設のみ。

限定シリーズでの実装が待たれる。

 

銀城の完現術は、

媒体が十字架のネックレス。

Xcutionの頭文字Xは、

ローマ数字で10を示す。

10弾は銀城にこそ相応しい。

 

③:残されたキャラクター

f:id:sakanadefish:20210212173704p:plain

CFYOWの登場キャラは50名を超える。

現段階で実装されたキャラ数は、

13名に過ぎない。

CFYOWは10弾以降も継続するだろう。

2020年がピークではなく、

2021年が性能的な本命かもしれない。

シリーズの存在感を高めるチャンスはある。