ブレソル血戦篇

ブレソルこと"BLEACH Brave Souls"の情報を発信。様々な視点でブレソルを評価し、プレイヤーの一助になる事を目的とした積極的ブログ。

シリーズ考察:SAFWY-注目すべき死神達VOL①

オリジナル形態の死神が製作決定!!

先行する7名の隊長格が発表された。

実装をより魅力的に感じる視点に迫る!!

f:id:sakanadefish:20210114104554j:plain

 

新旧局長対決

①:概要

f:id:sakanadefish:20210114105552p:plain

技術開発局局長が同時期実装!!

同シリーズでの実装は千年血戦以来。

両者の実装には1年以上の差があり、

性能面で大きな差が生じた。

SAFWYでは同時系列のラインナップ。

両者に大きな時間差はない。

どの様な『違い』を魅せるのか要注目!!

 

②:浦原喜助

f:id:sakanadefish:20210114014945p:plain
f:id:sakanadefish:20210114014949p:plain
f:id:sakanadefish:20210114014953p:plain
f:id:sakanadefish:20210114014957p:plain

f:id:sakanadefish:20210114182753p:plain

最高総合力は34点。

実装履歴は多い方だが、

高性能を獲得出来ていない現状。

強範囲UPを1体も備えていない。

物足りなさを感じる人は多いだろう。

強範囲UPを獲得し、 

浦原喜助の代表作になる事を期待したい。

 

③:涅マユリ

f:id:sakanadefish:20210114014754p:plain
f:id:sakanadefish:20210114014758p:plain
f:id:sakanadefish:20210114014802p:plain

f:id:sakanadefish:20210114182758p:plain

最高総合力は40点。

強範囲UPが一般化する中で、

強範囲UPを備えず40点を記録。

千年血戦で大きく総合力を伸ばした。

過去3作いずれも強ヒット数UP。

他者と一線を画すマユリならば、

通常ヒット数UPの可能性はある。

 

 

護廷の形

①:概要

f:id:sakanadefish:20210114112015j:plain
f:id:sakanadefish:20210114112008p:plain

王道ともいえる護廷で死した浮竹。

裏切りを背負う護廷で死した市丸。

死後の扱いも対照的な2人だが、

千年血戦で登場が期待できない点は類似。

SAFWYでの実装は、

両者が高性能を獲得できる絶好機。

推しキャラの復活を逃してはならない!!

 

②:浮竹十四郎

f:id:sakanadefish:20210114015114p:plain
f:id:sakanadefish:20210114015119p:plain

f:id:sakanadefish:20210114182358p:plain

最高総合力は30点。

過去2作はいずれも常設。

必然的に高性能を獲得していない。

限定シリーズに恵まれない事から、

今作に掛かる期待は大きい。 

新形態で強範囲UPなどを獲得し、

総合力40点以上に割り込みたい。

 

③:市丸ギン

f:id:sakanadefish:20210114015251p:plain
f:id:sakanadefish:20210114015238p:plain
f:id:sakanadefish:20210114015242p:plain
f:id:sakanadefish:20210114015255p:plain
f:id:sakanadefish:20210114015247p:plain

f:id:sakanadefish:20210114182433p:plain

最高総合力は37点。

最新キャラはタッグ仕様。

市丸ギン本人と言えない状況。

実装履歴はシーズナルに集中。

本人自身が固有能力を振るうのは、

2017年以来になるだろう。

浮竹同様に総合力40点以上を狙いたい。

 

 

卍解披露の果て

①:概要

f:id:sakanadefish:20210114114117j:plain
f:id:sakanadefish:20210114114123p:plain

2020年に卍解披露を終えた両名。

卍解は死神・斬魄刀の極致。

昨年実装で高性能要素も獲得した。

つまりSAFWYに於ける、

両者のハードルは自ずから高い。

卍解披露の果て、

山爺・平子の性能・形態に要注目!!

 

②:山本元柳斎重國

f:id:sakanadefish:20210114015421p:plain
f:id:sakanadefish:20210114015425p:plain
f:id:sakanadefish:20210114015430p:plain
f:id:sakanadefish:20210114015434p:plain

f:id:sakanadefish:20210114182750p:plain

最高総合力は41点。

千年血戦西北はバトル性能とも目されたが、

結果的には共闘戦力。

高性能要素を獲得し、

総合力を大きく伸ばした。

過去3作で強ヒット数UPが続いている。

最高バトル戦力になりうる可能性は十分ある。

 

③:平子真子

f:id:sakanadefish:20210114015548p:plain
f:id:sakanadefish:20210114015552p:plain
f:id:sakanadefish:20210114015600p:plain
f:id:sakanadefish:20210114015556p:plain

f:id:sakanadefish:20210114182002p:plain

最高総合力は38点。

SAFWYで注目すべきは、

獲得する状態異常の種類になる。

逆撫は混乱が妥当だが、

過去4作で混乱は2作に留まる。

混乱が総合力を押し下げている。

異なる状態異常で総合力更新を狙いたい。

 

 

茶を淹れて待つ

①:概要

f:id:sakanadefish:20210114105558p:plain

バトルで猛威を振るうハッシュヴァルト。

彼を止めるのは山爺ではなく、

京楽かもしれない。

BLEACH62巻では直接対決の構図。

帰投命令により刃を交えず終わったが、

両者の対決は目前だった。

未実現の戦いが実現するのか要注目!!

  

②:京楽春水

f:id:sakanadefish:20210114015717p:plain
f:id:sakanadefish:20210114015712p:plain
f:id:sakanadefish:20210114015721p:plain
f:id:sakanadefish:20210114015708p:plain

f:id:sakanadefish:20210114181958p:plain

最高総合力は38点。

昨年の小説では強範囲UPを獲得。

高性能共闘戦力へ成長した。

しかし肩書は総隊長。

最高38点では物足りない。

新作が共闘性能ならば、

最低でも40点以上が求められる。

 

その一方で過去3作が強ヒット。

新作が通常ヒットのバトル戦力もあり得る。

バトルの潜在能力は備えている。

注目すべきは常設知。

スパアマ・防御低下能力の獲得履歴がある。

この要素を継承・発展させ、

スパアマ・デバフも視野に入る。

 

 

実装について

①:バナー数

『3バナー濃厚』

 

発表済みの7名に、

SAFWYから2名を加えた9名。

これによる3バナー構成が濃厚だろう。

CFYOWでは、

十刃に彦禰・時灘を加えた12名構成。

計4バナーが実装。

SAFWYも流れを踏襲すると考えられる。

 

②:追加の2名は?

f:id:sakanadefish:20210114195730p:plain

CFYOWでは、

彦禰の課題として十刃が登場。

課題の担い手で彦禰・時灘が実装された。

SAFWYでも、

オリジナル死神が登場する切欠がある筈。

コラボイベントの担い手として、

2体が追加実装されるだろう。

 

f:id:sakanadefish:20210114195428p:plain

卍解生放送で新CVの発表は無し。

これにより、

1体は既存キャラの可能性が高い。

SAFWYの主要既存キャラ、

ドン観音寺が先行すると思われる。

 

もう1体については、

今後の卍解生放送でも間に合う。

2021年3月にはAnime JPも開催予定。

新CVの追加発表には最適だろう。

死神の追加発表もあるかもしれない。

 

③:実装日時

f:id:sakanadefish:20210114204915p:plain

8月末は小説枠になりつつある。

2019年・2020年、

2年連続でCFYOWが実装された。

現段階で最も確度が高い枠と言える。

最大の焦点は初実装。

3月中に初実装となれば、

実装ペースは早いかもしれない。